過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の【からくりサーカス】

2009年12月06日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

 【からくりサーカス】
~やさしいデイトレのはじめ方~


今後の【からくりサーカス】

それでは始めます。

~まず初めに~

これから何度でも言いますが、

【からくりサーカス】は初心者さんを対象として、

兎の独断と偏見で進めていますので言い切ってしまいます。

その点はご了承下さいませ。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

前回までで一通り机上での知識編?

という感じの内容と言いますか、お伝えしたい事は終わりましたので、

今後の【からくりサーカス】では、

~って感じでやっていきます♪的なご説明をしておきたいと思います。

えっと、

今後の【からくりサーカス】は、

「メルマガ」にてリアル配信したトレードの結果を踏まえつつ、

その時の心境や、その時取った戦略等を

詳しく説明するコーナーとしてやっていきます。


では例として流れを簡単にご説明しますね。

【例】

水曜日のPM6:00にメルマガを配信。

~メルマガ内容~


通貨ペア ユーロ/円

エントリー ○○ 買い

ストップ  ●●

(まぁその他にもちょこっとは何か書くかもしれませんけど
 その辺は毎回こうですとは決めてません)



その後たとえばPM11:00に再度メルマガ配信。

パターン① ストップに掛かった為終了。-●●pips

パターン② ストップの位置変更。
      (建値○○に変更等)

パターン③ ★★にて決済。 +○○pips



まぁこんな感じですね。


メインは何しろリアルタイムの数値って感じっす。

シンプルな方が良いでしょ?メルマガは。


で、

そのメルマガで配信したトレードの結果を、

当ブログの週末コーナー【からくりサーカス】で、

【○月○日のトレード】~その説明~

って感じで、

エントリー理由や何からいつものブログ的な感じで

詳しくご説明していきたいと思います。


という訳で、

今後の【からくりサーカス】は、

メルマガと連携してやっていきますので、

メルマガ登録がまだの方は、

当ブログの右上【メルマガ登録】より登録してみて下さいね。

勿論、メルマガ登録が面倒だって方は

いつものトレード解説を見るノリで、

【からくりサーカス】を見るだけでも全然OKです♪


では、

今後ともよろしくお願い致します♪


あっ、

ちなみに…

重要指標発表の前やその最中ではポジションを

基本的に持ちませんので、

そういった関係(各指標発表)がある時ってのは、

当然ですがメルマガ配信はありません。

あと、メルマガ配信する為に、

無理にポジションを持つような事もしませんので、

その点だけはご了承下さい<(_ _)>

やりずらいなぁ…って時はトレード自体やりませんからね。


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーサイト

第15回 【からくりサーカス】~やさしいデイトレのはじめ方~

2009年11月22日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

 【からくりサーカス】
~やさしいデイトレのはじめ方~


第15 回~具体的なやり方~編④

それでは始めます。

~まず初めに~

これから何度でも言いますが、

【からくりサーカス】は初心者さんを対象として、

兎の独断と偏見で進めていますので言い切ってしまいます。

その点はご了承下さいませ。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

えー。

当【からくりサーカス】も15回目になりますが、

なんとな~く大体のやり方は見えてきたんじゃないでしょうか?

まぁ兎的にはデイトレをやる前にですね、

知っておいて欲しい事はほぼ伝え終わった感じなんで、

あとはですね…

ぶっちゃけ実戦で経験を積む事です。

理由はですね…

所詮今まで教えてきた事ってのはホント基礎的な事だし、

しかも本当の実戦というものは、

想定外の動きや、

この時は基礎的に教えた状況ではなかったけど、

そういった基礎的なセオリーを

応用的にこう使ってエントリーしてみたとか…

色々出てくるからです。

兎が教えている【からくりサーカス】とは、

ハッキリ言いまして裁量トレードです。

裁量トレードというものは、

実戦を積み重ねない限り、自分のものになる事はあり得ないのです。

……

当【からくりサーカス】では、

まず初めに一目均衡表での大まかな流れを判断し、

その判断した流れの中でボリンジャーバンドも使い、

具体的なポイントを見つけエントリーしていくのですが、

このエントリーする具体的なタイミングというものは、

その時の相場の動き方やチャート状況などによって毎回微妙に異なるので、

この場合は必ずいくとか、この場合はいけそうだったけどいかないとか、

裁量の部分が多くなってしまいますが…

勿論、基本的な軸の部分は不変です。

つまりですね…

要するに、その基本的な軸の部分を踏まえた上でなら、

各自のタイミングでエントリーしてしまって構わないって事であり、

もっと言うならば、各自でできるようにならなきゃダメって事なんです。

………

という訳で、

具体的なエントリーのタイミングというのは、

実際のメルマガ配信が始まって、

その時のメルマガ内でのエントリー値と、

自分がエントリーした数値との比較等で

各自で徐々にでも良いから覚えていってもらうとして、

今回は、

基本的な軸の部分…

つまり、

ここさえ抑えときゃとりあえずOK。

ってやつを教えておきます。


これを覚えておけば、全体の方向性が見えるんで、

その流れの中で、各自が掴んだ(これから掴んでいく)タイミングにて

エントリーする事ができるようになるはずですから、

これだけを、まずは意識してチャートを見れるようになって下さい。

ではいきましょう。

まず、

使うチャートは一目均衡表です。

見方は、

【トレンドがあるパターン】と【レンジ状態のパターン】があります。

で、

ここだけをきっちり抑えておけ!ってポイントは…

●一目均衡表で見るストップポイント

●そのストップにかかった時の損失許容額

●一目均衡表で見るエントリーポイント

だけです。


リミット(利食い)につきましては、

ちょこっとは言いますが、

これはぶっちゃけというか極論、

損大利小じゃなければ各自でもうイイやと思ったところで結構ですし、

これも徐々に覚えていけば良いです。

(メルマガでの決済値を見れば、
 兎が損大利小になるようにどこまで引っ張った等で
 徐々に理解していくと思います)


では、まずは【トレンドがあるパターン】からいきます。


【トレンドがあるパターン】

(ちなみにこれはポンド/円のチャートを使ってます)


まずは、日足で全体の流れを見ます。

で、ここでのポイントは、

日足はパッと見で感じた位で十分って事です。


ポンド円 一目日足

パッと見てどうですか?

直近のローソク足は陰線で下がってきてますが

何しろパッと見で分かる事ってのは、

雲の中だねぇって事です。

……うん。

それで十分です。

では、そのパッと見での感覚を入れつつ、

【からくりサーカス】でメインとして使う1時間足にいきましょう。

ポンド円 一目1時間足

黄色いラインがストップポイントです。

という事は、ここにかかった時の損失許容額を各自出します。

で、○の部分がエントリーポイントになります。

最初の方(149.15位)は

ローソク足が雲と転換線の下という、

基礎的に教えた売り方有利と見るパターンで、

尚且つ下げ止まっていたポイント…

つまり、ピンクのラインも下抜いたから、

ここで売りエントリーという訳ですね。

で、次のエントリーポイントでピンクのラインにあたるのは、

(当たり前ですがローソク足が雲と転換線の下という同じ状況)

147.40ちょい下位って事ですから、

そこを下抜いたんでここで売りエントリーって感じです。

ちなみにリミット(利食い)は、

流れが止まってきたなぁ(横ばいになってきた)ってポイントか、

雲を上抜くまではホールドって感じです。


では、

今度は【レンジ状態のパターン】にいきましょう。

(ちなみにこれはユロ/ドルのチャートを使ってます)

まずは、こちらも当然同じく日足で全体の流れを見ます。

で、ここでのポイントも、

日足はパッと見で感じた位で十分って事です。

ユロドル 一目日足

パッと見てどうですか?

ローソク足が雲の上ですし、

矢印のような流れではあるけど、

頭打ちして横ばいになってきたなぁ…

……うん。

それで十分です。

では、そのパッと見での感覚を入れつつ、

【からくりサーカス】でメインとして使う1時間足にいきましょう。

ユロドル 一目1時間足

黄色いラインが見えますか?

つまり、レンジ状態ですよね?

このようなレンジ状態が見えた時のストップポイントは

勿論黄色いラインになりますので、

そこにかかった時の損失許容額を各自出します。

で、

エントリーポイントというのは①と②があります。

2つに共通して言える事は、

頭(底)を打ったポイント(黄色いライン)があった上で、

転換線を下(上)抜いったって事です。

で、

【レンジ状態のパターン】で大事な事は、

大きな流れに対して順張りにする事です。

…大きな流れとは…

…日足ですよね?

日足ではどんな感じでしたでしょうか?

…そう。

一応頭を打っているとはいえ雲の上でしたし、

矢印の流れが見えてた感じでした。

つまり、

エントリーポイントは①より②の方がよりベター。

という事になるのです。

ちなみにリミット(利食い)は、

レンジの幅内+雲でどうなるか?の動き。

で考えます。



以上。


これだけは必ず覚えておいて下さいね♪


もう実戦イケるかな♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

第14回 【からくりサーカス】~やさしいデイトレのはじめ方~

2009年11月15日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

 【からくりサーカス】
~やさしいデイトレのはじめ方~


第14 回~具体的なやり方~編③

それでは始めます。

~まず初めに~

これから何度でも言いますが、

【からくりサーカス】は初心者さんを対象として、

兎の独断と偏見で進めていますので言い切ってしまいます。

その点はご了承下さいませ。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

前回、前々回と、

【からくりサーカス】における具体的なやり方としまして、

まず初めにやって頂きます、

大小の流れを見る事。

はご理解頂けましたでしょうか?

では、

今回は、もう一つやって頂きます事…

そう。

待つ事。


これにいきたいと思います。

実はトレードというものは「待つ」事が数多くあるのです。

特に初心者さんはここを良く覚えておいて下さい。

トレードという作業の半分は、

「待つ事」と言っても過言ではないのですから…

ではここで、

まずは当【からくりサーカス】で「待つ事」を挙げます。

●戦略上の待つポイント。

●その為にチャート上での待つポイント。

大きく分けて、この2つです。

ちなみに

戦略上の待つポイントや、

その為にチャート上での待つポイントをご紹介する前に、

【基本的にはこれをクリアしてからの話】

ってやつがありますので、

まずはそちらのご紹介にいきます。

ではいきましょう。

まず第11回 【からくりサーカス】で教えましたチャートを出します。

で、こう流れの方向性を見ます。

●日足の一目均衡表のローソク足が
 雲と転換線の上なら基本買い目線で待つ。
 ちなみに、日足のボリンジャーバンドの
 平均足(コマ足)が陽線(赤)で
 20EMA(orT3)より上なら尚良し。


●日足の一目均衡表のローソク足が
 雲と転換線の下なら基本売り目線で待つ。
 ちなみに、日足のボリンジャーバンドの
 平均足(コマ足)が陰線(青)で
 20EMA(orT3)より下なら尚良し。



もしくは、

ちょっと難しいかもしれませんが…

●日足の一目均衡表のローソク足が雲と乖離していて、
 尚且つ底を打ったポイントがあり、転換線も上抜いたら
 (各時間足のボリンジャーの状況も見て)
 買い目線に切り替える。


●日足の一目均衡表のローソク足が雲と乖離していて、
 尚且つ頭を打ったポイントがあり、転換線も下抜いたら
 (各時間足のボリンジャーの状況も見て)
 売り目線に切り替える。


です。


これが、

【基本的にはこれをクリアしてからの話】

ってやつになります。

で、

その状態の上で初めて、

「戦略上の待つポイント」としまして次のようなタイミングを待ちます。

ではここで、

【からくりサーカス】のトレードではないんですが、

こちらを見て下さい。

※ちなみに例としてご紹介するトレードは時間軸が違いますが
  狙うタイミングとはここという意味で見て下さい。


尚、ご紹介します例には、トレードが2つありまして、

最初のトレードが戦略上の待つポイント②になりまして、

次のトレードが戦略上の待つポイント①になります。

できれば戦略上の待つポイント①を狙っていく方が簡単ですので

まず最初はこちらからできるようになって下さい。

ちなみに①をもっと分かりやすく言うとこんな感じになります。

イイでしょうか?

つまり、

先程言いましたように、

まず最初の条件をクリアしてる上で、

●トレンドが出てる時(出た時)は順張り
 【戦略上の待つポイント①】


●レンジ状態の時は引き付けての逆張り
 (大きな流れに対しては順張り)
 【戦略上の待つポイント②】




のタイミングが来るまで待つという事です。


さて…

今回のお話で何個「待つ事」があったかお分かりですか?


次回もお楽しみに。


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

第13回 【からくりサーカス】~やさしいデイトレのはじめ方~

2009年11月09日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

 【からくりサーカス】
~やさしいデイトレのはじめ方~


第13回 ~具体的なやり方~編②

それでは始めます。

~まず初めに~

これから何度でも言いますが、

【からくりサーカス】は初心者さんを対象として、

兎の独断と偏見で進めていますので言い切ってしまいます。

その点はご了承下さいませ。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

では、どんどん具体的なやり方をご紹介していきましょう。

今回は、ボリンジャーバンドでの具体的な「流れ」の見方になります。

尚、当【からくりサーカス】では、

まず初めの具体的なやり方としまして、

前回も言いましたように、

大小の流れを見る事。

と、

待つ事

なんですが、

まず、この、

大小の流れを見る事。

という具体的な方法とは、

前回やりました、一目均衡表での見方と、

今回やります、ボリンジャーバンドでの見方になりますので、

各自しっかり覚えて下さい。

※ちなみに使用するチャートの設定や時間軸等はこちらになります。

尚、ボリンジャーバンドについての基礎知識を簡単に知りたい方は、

第8回【ひとりでできるもん】をご覧下さい。


それではいきましょう。

まずは時間軸が日足のボリンジャーバンドを見ます。

そこでの平均足(コマ足)の色(陽線なら赤、陰線なら青)を確認して下さい。

※平均足(コマ足)についての説明は第6回 【ひとりでできるもん】を参照。

陽線(赤)=買い目線。

陰線(青)=売り目線。

これが基本大前提になります。

その次に見て頂きたいのが、

それら平均足(コマ足)の

日足のボリンジャーバンドのミドルバンドと、20EMAとの位置関係です。

ちなみに、20EMAは

普段の兎のブログではT3-Moving Averageの2本出しになってますが、

要は20EMAも、T3-Moving Averageも、

同じ移動平均線というものなんで

勿論多少内容は違いますが、

どっちでも使える事は確認済みなんで問題ありません。

(できればT3-Moving Averageが出せる
 チャートをお使いならそちらの方が良いかもしれませんけど…
 まぁ兎がそっちで慣れてるからなんですけどね)

話を戻しましょう。


平均足(コマ足)が、

ミドルバンドと(20EMAorT3とかの)移動平均線の上=買い目線。

ミドルバンドと(20EMAorT3とかの)移動平均線の下=売り目線。


というのが、これまた基本大前提になります。

ついでに言っておきますと、

移動平均線と平均足(コマ足)についての上下による位置関係というものは、

第13回 【ひとりでできるもん】での考え方が含まれてます。

で、

それ+第3回 流れを見る方法で教えたラインを

日足のボリンジャーバンドの平均足(コマ足)に引きましょう。


※このラインには、

第7回 【ひとりでできるもん】

と、

第12回 【ひとりでできるもん】

の考え方が含まれています。


では、まとめます。


●まずは、平均足(コマ足)の色を見る。

●それら平均足(コマ足)の位置が、
 ミドルバンドと(20EMAorT3とかの)移動平均線に対して
 上下どちらにある等その時の状況を見る。

第3回 流れを見る方法 で教えたラインを引く。


日足でやってもらう事は以上です。

で、

次に、4時間足と1時間足にも同じ事をやります。


平均足(コマ足)の色と、

それら平均足(コマ足)の位置が、

ミドルバンドと(20EMAorT3とかの)移動平均線の上下どちらか?

というポイントは、

日足、4時間足、1時間足と全ての時間軸を見ましょう。

参考までに一番分かりやすい例えで申しますと、

各時間足の平均足(コマ足)の色が全て同じく陽線(赤)で、

尚且つ、

全ての時間軸で、

ミドルバンドと(20EMAorT3とかの)移動平均線の上にあるならば…

買い目線で…という事です。

まぁ、このように、

全てが揃っている状態ってのがそりゃベストなんですけど、

実際は色々なパターンが出てきますので、

一応そうなんだって感じで頭に入れておき、

こればっかりは実戦で、

徐々に色々なケースを覚えてもらうしかありませんけどね…

(一応これについては「待つ」という具体的な説明する時に
 【からくりサーカス】ではこの状態になるまで…とか、
 これだけを待つ等絞ったやり方を詳しくやります♪)

あっ、あとですね、

前回の一目均衡表の具体的な見方でも言いましたし、

同じ事の繰り返しにはなってしまいますが、

そんなに長い時間ホールドするつもりは基本的にはないんで、

そういった場合のメインで見て頂くのは1時間足で、

中長期の流れを見るという目的で日足の方を見て頂く。

って感覚でいて下さい。

つまり、

前回も言いました、

大小の流れを見る事。

の、

大の流れを見る。

のは、

一目均衡表の日足とボリンジャーバンドの日足です。

で、

小の流れを見る。

のは、

一目均衡表の1時間足とボリンジャーバンドの1時間足です。

※ちなみにボリンジャーバンドの4時間足は基本的には
 そこまで頻繁には見ないと言いますか意識しないで、
 含み益時の期待値を見たりする時に目安として見るとか、
 日足上ではまだ変化がないけど、
 徐々に変化しつつあるかなぁとかそんな感じで使います。

えっと、

今回も、過去記事に飛ぶ事も多い回だった為、

各自何回も繰り返し読んで、マイノートに自分で分かりやすいように

要点等まとめておく事をお勧めします。


という訳で、

次回もお楽しみに♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

第12回 【からくりサーカス】~やさしいデイトレのはじめ方~

2009年11月08日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

 【からくりサーカス】
~やさしいデイトレのはじめ方~


第12回 ~具体的なやり方~編

それでは始めます。

~まず初めに~

これから何度でも言いますが、

【からくりサーカス】は初心者さんを対象として、

兎の独断と偏見で進めていますので言い切ってしまいます。

その点はご了承下さいませ。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

前回、チャートの具体的な設定をやりましたので、

今回からは、手法と言いますか、

具体的なやり方をご紹介していきたいと思います。

ところで、実際トレードを始めたら

皆さんにまずやって頂きたい事って何だか分かりますか?

それはですね…

大小の流れを見る事。

と、

待つ事です。


トレードというものは、

「流れ」と「待つ」という事が非常に重要です。

では、

今回は「流れ」の見方というものを具体的にご紹介していきたいと思います。

まず、おさらいとしてこちらを見て下さい。

【からくりサーカス】

第3回 流れを見る方法

と、

第4回 「流れを見る」から「流れを掴む」へ


これが基本的な考え方になります。


で、


「流れ」を前回設定の仕方等を教えたチャートで見るのには、

一目均衡表での「流れ」の見方と、

ボリンジャーバンドでの「流れ」の見方の2つがありますので、

とりあえず、一目均衡表の方からいきましょう。


まずは時間軸が日足の一目均衡表を見ます。

そこで、

最初に注目すべきポイントは

ローソク足が雲の上下どちらに位置しているのか

という事です。

で、その次が、

ローソク足は転換線の上下どちらに位置しているのか

という事です。

※これについての基本的な考え方は

第4回 【ひとりでできるもん】を見て下さい。

で、

それ+第3回 流れを見る方法で教えたラインを

一目均衡表上のローソク足に引きましょう。


※ちなみにこのラインには、

第7回 【ひとりでできるもん】

と、

第12回 【ひとりでできるもん】

の考え方が含まれています。


時間軸が日足の一目均衡表で以上の事をやり、

次に、

時間軸を1時間足に変えた一目均衡表でも同じ事をやります。



ちなみにベストはどっちでも同じく(日足と1時間足で)

ローソク足が雲と転換線の上の状態=買い目線

ローソク足が雲と転換線の下の状態=売り目線


なんですが、

まぁそれだとエントリーチャンス自体が減ってしまいますし、

(これについては「待つ」という具体的な説明する時に
 【からくりサーカス】ではこの状態になるまで…とか、
 これだけを待つ等絞ったやり方を詳しくやります)

どっちかというと、

そんなに長い時間ホールドするつもりもないんで、

そういった場合のメインで見て頂くのは1時間足で、

中長期の流れを見るという目的で日足の方を見て頂く。

って感覚で良いです。

つまり、

そりゃベストはどっちも(日足と1時間足で)同じ状態なんですが、

日足では雲の下だけど…1時間足では雲の上なんだよね…

ってなった場合は、

(そんなに長いデイトレをやらない時は)

1時間足の方向性でとりあえずは考えようって事です。

まぁこの辺は、

その時の状況と、狙ってる幅等にもやりますので、

メルマガで配信されたエントリー値や、

ストップやリミットの数値で、

「この時は1時間足の一目均衡表をメインでやったんだな」

とか、

各自でチェックしてみて下さい。


という訳で、

一目均衡表での具体的な「流れ」の見方は以上です。


えっと…


今回は、過去記事に飛ぶ事も多い回だった為、

各自何回も繰り返し読んで、マイノートに自分で分かりやすいように

要点等まとめておく事をお勧めします。


ちなみに次回は、

ボリンジャーバンドでの具体的な「流れ」の見方になります。

次回もお楽しみに♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。