過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストップについて。本日のFX取引結果

2009年10月31日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

…というか

もうそんな時間じゃないってか…

えっと、

今日はごめんなさい!

本業の関係で更新がメチャ遅くなっちまいました<(_ _)>

しかも…

この後もあんまり時間がないので

サクッとトレード紹介の方にいかせてもらいますね!

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

今日は、

ストップに関してと言いますか、

兎が考えているストップの置き方っていうお話をしたいと思います。

前回、

数字の幅ありきでストップを考えるのではなく、

相場の流れや動きを見て、

「ここを破られたらマズイ」っていうポイントありきで考えた方が良いです。

と言ったのを覚えてますか?

今回は、それを具体的にご説明したいと思います。

では、さっそくこちらを見て下さい。


ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

1031 1

まずは簡単にエントリーの説明をしておきます。

兎はエントリーの基準というものは、

単純に言いますとボリン1時間足と一目均衡表での

流れに対しての順張りという事しか考えていません。


では、いきましょう。

まずはお馴染の一目均衡表での状況確認ですが、

この時はローソク足が雲と転換線の下でしたので

売り方有利という事でした。

次に、

今度はボリン1時間足を見てみましょう。

コマ足は陰線(青)ですよね?

で、

ミドルバンドとT3-Moving Averageの下って事は…

まぁちょっとその前の足(1時間足で)が下げすぎた影響で

いわゆる半値戻しと言いますか綾戻り(リバウンド)といわれる

動きはありましたが、

まだ売り方有利であるという事です。

では、今度は5分足を見て下さい。

○で囲った部分が分かりますか?

T3-Moving Averageとミドルバンドが重なっているポイントで

コマ足が陰線(青)に転換しました…

同時に1分足も見ましょうか?

そう。

1分足上でもここで下がってきましたので

売りエントリーしました。

(正直ちょいと入り遅れましたけどね)


さてと…

まぁ一通りエントリーはこんな感じって

ご説明も終わりましたので、

ここでやっと今日の本題であります、

「兎が考えているストップの置き方」にいきましょうかね♪


実は、ここで上昇が終わって再度下降していくかも…と判断したのは

これを同時に見てたからなんですよ…

今度はちゃんと一目均衡表を見てもらいますね♪

1031 一目

ローソク足が雲と転換線の下ですから、

ここでもまぁ売り方有利とは最初に言いました通りなんですが、

ここで上昇が終わって再度下降していくかも…

と判断したのはですね、

一目均衡表を見て頂くとお分かりのように、

雲を一旦下抜いたのですが、

もう一度雲の中へ戻ってきてしまいましたよね?

で、

再度雲の下に突き出てたというポイントです。

そう。

ここがポイントなんです。


もうちょい詳しく言いますと、

雲の下限部分にあたる1.4755前後の部分と

雲の上限と転換線が重なっている1.4777前後の部分です。

まず、簡単にご説明しておきますと

1.4777前後のポイントはいわゆる絶対的なストップポイントです。

ここまで上抜かれたら下手すりゃ流れも変わるかもしれませんからね。

ですから、

本当の意味でのストップとはここに設定しておくのです。

で、

ここに設定だけしておきつつ、

その後の値動きの感じや直感等で

そのストップにかかる前に自分自身の判断で切ってしまうなら

それは勿論ありです。

ちなみに兎は以上の事を考えて

1.4778にストップ設定の、

まぁそこに設定だけしつつ、

値動きの感じで1分ボリンの黒いライン近辺の動きで

設定したストップにかかる前に切るって感じでいました♪

(まぁ兎の中ではいわゆる事故防止用ストップってやつで、
 その前の自発損切りバージョンをメインには考えてるって
 パターンなんですけどね…)

でも、これはですね…

慣れていない方にとっては、幅が広すぎると思うでしょうし、

ストップ前に自分で切るっていう裁量は難しいかもしれませんから、

正直あんまりお勧めではないやり方かもしれません。

小さい負けや同値撤退というものを自発的に繰り返すという事に、

もう、抵抗感や違和感等なくなっている方にはお勧めしますけどね♪

で、

もう一つのストップ、

雲の下限部分にあたる1.4755前後の部分とは、

絶対的なストップポイントとは言えませんが

まぁありのストップポイントではあるって感じですね。


この位置でのストップの考え方としては、

リスク・リワードを中心に考えた上で、

絶対的なストップポイントの前に設定した事によって

ストップにかかる可能性自体は高くはなってしまいますが、

それでも良いと決めるパターンのストップの置き方です。



もう一度1分ボリンを見て頂けば分かると思いますが、

兎はリミットと言いますか、伸びる期待値を

一番先で緑色のライン近辺で考えていて、

大まかには水色の○部分の中で考えてました。

で、

その水色の○中の部分で一番最初に反転する可能性があるもしれないと

思うポイントが、数字で言いますと1.4731辺です。


ですから、そのポイントに対してのリスク・リワードを考えて、

ストップの位置をそこに設定するってのも、

これまた考え方としてはありだという事がお分かりでしょうか?

ちなみに、

こっちにストップを設定した場合というのは

ストップにかかったらスパッと損切りで、

兎が今回設定した方の絶対的ストップポイントも上抜かない限りは、

上げ止まったポイントでは何度でも売りを狙うって訳ですね♪


……

ここで、昨日の記事で言っていた事を思い出して下さい…


普通はスキャルはー○○pipsまでとか、

なんか決めつけてしまうのかもしれないですけど、

それじゃあ損切り貧乏になりやすいし、

相場の流れや動きというものは常に毎回違う訳です。

ですから、大事な事は、

数字の幅ありきでストップを考えるのではなく、

相場の流れや動きを見て、

「ここを破られたらマズイ」っていうポイントありきで考えた方が良いです。

……

思い出しましたか?

……

どうです?

……


兎は最初にストップ幅はー10pipsとかって

数字ありきで決めていましたでしょうか?

……

結果

1031 2

緑のラインをスッと簡単に下抜いたんですが、

勢い良く反転上昇してきてコマ足も陽線(赤)に転換したんで

兎的には十分な取り幅だしここで決済しました。

+21pips


ストップとは、

数字で○○pipsなんて簡単に決めるものではありません。

……

いかがでしたでしょうか?


今回は、

具体的にストップの置き方を2パターンご紹介しました。

ご自身のトレードに使えそうな部分(考え方等)

がございましたら参考にしてみて下さいね♪


皆様今週もトレードお疲れ様でした。

良い週末を♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーサイト

考える事をなるべく減らす。(その2 )本日のFX取引結果

2009年10月30日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

おはようございます。

今日は本業の関係で、

いつもより時間がないのでさっそくいきましょう。

では、

昨日の記事…

「考える事をなるべく減らす」の続きにいきたいと思います。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

兎は、昨日の記事でも言いましたように

トレードというものを極力シンプルに考えようとしています。

基本的には

「買い」の流れなら「買い」だけやって、

流れ自体が売りに変わるまではそれだけ…

つまり買い場を探してエントリーし、

ダメなら切って、またその次の買い場を探すって感じです。

(例えばそのまま途転したりと、例外的に違う時も勿論ありますが)

でもね…

勿論、その「買う」という行動の中でも

どうしても省略できない思考や、

考えなくてはいけない事っていうのはあるし、

そういったものは全てきちんと考えます。

……

タイトルにありますように

「考える事はなるべく減らす」といきたいのはやまやまなんですが、

…すいません。

この部分はどうにも動かせない部分です。

兎の場合で言いますと、

例えば、

一目均衡表で全体の流れのチェックをする事だったり、

各時間足のコマ足の色やT3-Moving Averageに対する位置関係や

ボリンジャー上でのサポレジの位置関係…

まぁ…要するに

自分が使っているチャートややり方のチェックポイント的なものは

きっちりと見てはいますって事です。

でもね…

それらを浮気する事なく見続けているので、

チェックするポイントを素早く見るのも慣れてるし、

売り、買い、見送り

の第一印象をパッと見で理解する

スピードというものは、おそらくメチャクチャ速いです。

つまり、

…その判断のスピードが速いという事は、

もうこれ以上省く事は、

自分の中ではできないと理解しているからであり、

その決められた確認すべきポイントを

瞬時に何回も見続けてきた事によって、


それらの行動が当たり前の事だと

自分の中に染み込んでいるからなんです。

……

えっと、

「やるべき事のスピードが速い」

って事は…

逆に言えば、

「やらなくて良い事を究極削ぎ落とせているから」

つまり、

「考える事をなるべく減らしている」

と、言えなくはないでしょうか?

……

まぁその他にも色々あるんですけどね。

例えば、

兎の場合だと、

トレードってのは

エントリーする前までが一番頭を使う場所で、

エントリーしちまったら、

あとはその流れを感じる事しかしないし、

もっと言えば、

その感じた事にいかに早く行動(反応、対応)できるかって事しか

考えていませんから。


もっともっと分かりやすく言えば

エントリーしちまったら、

【別に負けても良いけど、その場合は絶対に小さく負けよう】

か、

【ストップにかかったら、それで終わりで良し】

…この2つしか考えてないのかもしれません。

では、

そういった基本的な事を押さえつつ、

実際のトレードで、

「考える事をなるべく減らす」という

一つの応用編ってのを

具体的に説明していきたいと思います。

では、

お手数ですが、もう一度昨日のトレードをご覧下さい。

ユロ/円 左から 1分、5分、1時間足です。

1029 ①

まずはボリン一時間足から見ましょう。

どうですか?

…売りっすよね?

ではここで、

同時に一目均衡表も見てみましょう。

1029 一目

ローソク足は雲と転換線の下ですから、

…売り有利ですよね?

斜めに引いた白いラインを見てもね。

で、

○で囲った部分を見て下さい。

全体的な流れは売り方有利って事に変わりはないのですが、

その流れの中でも横ばい状態になってますよね?

…ここまではOKですか?

では、

もう一度ボリンを見て下さい。

今度は5分足です。

5分足上の流れでは紫のラインでお分かりのように

レンジ状態です。

でも、

コマ足は陰線(青)でT3-Moving Averageの下ですから、

ここでも一応は売り方有利って事は言えますし、

レンジ状態という事を考えましても、

紫の下限ラインか、最低でもボリン下バンド(-2σ)タッチまでは

下に伸びそうですよね?

つまり、

現状ちょっと横ばいの膠着状態ではあるけど、

一目均衡表と、

特にボリン1時間足の赤○で囲ったポイントを見ましても

(コマ足陽線(赤)がT3-Moving Averageで抑えられ
 下降してきていた)

ここら辺で押し目が終わって再度下降しそうだと判断したので

ここで売りエントリーしたと。

しかも、

5分ボリンの紫のラインと、一目均衡表上の○で囲った部分を見ると

良く分かるように、このレンジを上抜けられたらちょいマズイってのが

分かりやすいって事もポイントですね。

まぁそういう訳です。

で、

ついでに言うと

1分足でも一旦ここで上げ止まった感じがしたしね…

(ストップは133.74設定)

結果

1029 ②

まぁ特にボリンの5分足を見てもらうとお分かりのように、

エントリーした時言ってました、

レンジの下限に当たるポイントで(紫で引いた下限ライン)

値動きの勢いが弱まったんで、

とりあえずはここで決済しておきました。

+19pips

ちなみに、ご質問で

スキャルピングでストップ幅がー20pipsは広くないですか?

とありましたが、

…兎のストップの基準値って、ちょっと考え方が違うんですよね。

普通はスキャルはー5pipsまでとか、

なんか決めつけてしまうのかもしれないですけど、

それじゃあ損切り貧乏になりやすいし、

相場の流れや動きというものは常に毎回違う訳です。

ですから、大事な事は、

数字の幅ありきでストップを考えるのではなく、

相場の流れや動きを見て、

「ここを破られたらマズイ」っていうポイントありきで考えた方が良いです。

で、

仮に広くなりすぎているとご自身で思い、

リスク・リワードの比率を考えても、リミットの期待値が+20pips

よりも取れないと判断するならばエントリーしなければ良いだけです。


この場合はですね、

兎はまぁ期待値が+20pips位はあるかなぁって感じと

一応ストップはこの位置だけど、ちゃぶついたらストップかかる前に

逃げちゃうからちょっと広めだけどOK!って感じでした。

そうだなぁ…

ストップって、

絶対的ストップと逆算のストップっていうのがあるんですけど

【からくりサーカス】か普通の記事で今度きっちり書きますね♪


では、

今度はこちらをご覧下さい。

続きのトレードになります。

ユロ/円 左から 1分、5分、1時間足です。

1029 ③

一目均衡表でもボリン1時間足でも同じ状況ですし、

考え方はこの前のトレードと一緒です。

違うのは、

5分ボリン上の紫の下限ラインに当たり再上昇してきた流れの

上げ止まりの反転下降を狙って、

ここで売りエントリーって事ですね。

ちなみに、

ストップは前回と同じ位置でも別に問題はないのですが、

兎は若干変えました。

今回変更したストップは、

前回のエントリーしたポイント…

つまり、

今度はそこが越えられたらとりあえずマズイかもって考えてます。

よって、

それ+

5分ボリンのT3-Moving Averageと

ミドルバンドの重なってるポイントも考えて

ストップは133.56設定です。


では、

ここで今日の本題にいきましょう。

今日の本題。

「考える事をなるべく減らす」という

一つの応用編ってのはですね…

この場合ですと、

ウダウダ説明してしまいましたが…

ぶっちゃけ簡単に言いますと、

(口語調でお送り致します)

どうせ5分足に引いた紫のレンジ内の動きでしょ?

まぁまたそこまで下がればラッキーだし、

前回のエントリーしたポイントまで上昇しちまったら

とりあえず…はい、負け。

…まぁ別にストップかかったところで大した負けじゃねーしな。

…で、

もう一回上げ止まったら…

そこで様子見て良さそうだったらもう一回売ろうっと♪



極論これしか考えてないんです。



結論、

流れが売りだから売る。

で、

ダメだったら切る。



もう一度売り場だと思えるタイミングが来たら

もう一度売る。

結果は極論知らん。

知ってるのは、

ストップにかかった時のマイナスの幅と金額。

と、

その前に切った場合(ちゃぶついてきて同値撤退的に止めた場合)

のマイナスの幅と金額ってだけ。


以上。



結果

1029 ④

エントリーする時に思ってた、

どうせ5分足に引いた紫のレンジ内の動きでしょ?

ってやつは良い意味で裏切ってくれました。

悩む間もなくストーンと下がったからね♪

で、その後、

ボリン1分足で、コマ足陽線(赤)が

―1σを明確に上抜いたのでここで決済しました。

+45pips

ちなみに、

初心者さんにお勧めのポイントは

緑の○で囲ったところです!!!

そう。

もはやお馴染ディセンディング・トライアングルですね♪

しかも、

レンジブレイクした後の一呼吸置きバージョンですから

もうメチャメチャお勧めです♪

……

トレードに限らず、

仕事等何でも良いのですが、

「できる人」と呼ばれるタイプは、

要領良くテキパキと物事をこなしていきます。

「できる人」は必要な事だけをシンプルに考えて

サッと行動に移せるから、速いのです。

……


どうでしょう?

皆さん色々小難しい事考えすぎてませんか?



明日もお楽しみに♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

考える事をできるだけ減らす。 本日のFX取引結果

2009年10月29日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

突然ですが、皆さんDVDとか見ますか?

兎は最近あんまり見ないんですけど、

変なDVDが好きな兎の友人が、

アマゾンの奥地に生息するという

人食いなんちゃらという巨大魚を捕まえる。

って感じのやつと、

世界最強昆虫決定戦。

というやつを貸してくれたんで

まぁ話の種にって感じで、

何気なーく見ました。

まずは、

人食いなんちゃらってやつを…

……

お父さんをその巨大魚に食べられたと決めつけている

(しかも、証拠もないのになぜか頑なに)

その主人公的な現地人がこう言いました。

「俺の親父を食ったあいつを釣り上げるまで
  俺に安らかな眠りは来ないんだ…」



取材スタッフ「そうですか…」

「…でも、お父さんがそうなったとなぜ分かったんですか?」

主人公、質問完璧無視。

「…ちっ…今日はもうあいつは出てこないな」

その日は終了。

次の朝……



そいつメッチャ熟睡して寝坊。

「いつまで寝てんだいアンタ!」と、奥さんにメッチャ怒られる。

……


よし。トレードいってみよう♪

(続きをお読み下さるその前に)

ちなみに…

2本目

昆虫世界最強決定戦を見る。

対戦カード一覧…

デスストーカー(猛毒サソリ)VSピンクゴライアス(タランチュラ)

なんちゃらスコーピオンVSベトナムオオムカデ

オオスズメバチVSバッタ

!?…バッタ?普通の?勝てる訳きゃねー

……

カブトムシVSザリガニ



対戦カード二度見。

自分も二度見してしまうと思う方は
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

ザリガニ…なんでもありか!おい!

よし、真面目にやるよ♪

えっと、

今日はですね…

皆さんトレードを必要以上に難しくしていませんか?

ってお話をしたいと思います。

では、ここで一つ例を挙げましょう。

あなたはトレードをしようとしています。

ザリガニは昆虫じゃねーだろと未だに考えて

買いと売りどちらにしようか考えてます。

悩んだ挙句、

色々な事を総合的に判断し、買いでスタートしました。


…雲行きが怪しくなってきました。

…でも損切りはしたくないので、

とりあえず売りを建てちゃえば、

売りは取れると思うからと売りを持ちました。(両建て)

……

そこから急上昇です。

……

「ヤベっ…」

でも買いのマイナスは減ってきたし…と思う事にして、

まずは買いをプラスで決済したいと思い出しました。

もう少しでプラスです…

でも…

一転急降下しました。

「うわお!!えっと、えっと…」

…じゃあ売りのポジションをもう一つ持って…

……

どうですか?

……


グチャグチャでしょ?


イイでしょうか。

これはですね…

雲行きを怪しく感じた時に損切りするか、

もしくはストップにかかったら仕方ないと割り切って

そのまま買いでいれば良かったのに、

変な事を考えて両建てにしてしまい、

それで結果グチャグチャ…って感じになってますよね?

つまり、

自分で簡単な事をややこしくしてしまってる訳です。

買いでスタートしました。
    ↓
雲行きが怪しくなりました。
    ↓
そこで損切り。(終了)
    

もしくは…


雲行きが怪しくなりました。
    ↓
でもストップにはかかっていませんのでそのまま見てます。
    ↓
急上昇で上手くいきました。(決済で終了)

ね?

シンプルでしょ?


…勿論これは、とある例ですが、

トレードを難しくしている原因の一つには、

こういった事のように、

自分自身で難しくしてしまうケースというのがあるのです。

兎が思うに…

慣れてきた頃の初心者さんとか、

ちょっとまだ勝てなくて、でも色々な知識を覚えてきつつある

方に多いのではないでしょうか?

……

買いと売りの両建てや、買いから売りへの途転などは、

兎的意見で言わせて頂きますと、

上級者の手法だと思います。


自分の身の丈に合わない事をやってても

上手くはいかないのです。


ですから、

まずは、

何しろ大きな流れを見れるようになりましょう。

で、

例えば大きな流れが「買い」だとしたら、

特に初心者さんは「買い」一本でやりませんか?


だってね…

そうしてしまう事によって、

買いのポイントを探せば良いだけになりますよね?


つまり、

行動を「買い」だけ。と絞ってしまう事によって

その他余計な考え方をしなくなるんですよ。

…シンプルじゃないですか?

で、

「買い」のポイントを見つけたらそこで入れば良いし、

ダメなら切って、また「買い」のポイントを探せば良いのです。


…やっぱりシンプルじゃないですか?


という訳で、

兎もですね、

勿論トレードをシンプルに考えてますので、

めったに途転等はしませんし、

一つのトレードが終わって、

またもう一つのトレード「スタート♪」って感じで、

シンプルにしようと常に心がけています。

まぁたまにはピラミッディングと呼ばれる増し玉や

途転等もする時はありますけどね♪



では、具体的なトレード紹介の方にいきたいと思います。

ちなみに今日もユロ/円でした。

ユロ/円 左から 1分、5分、1時間足です。

1029 ①

まずはボリン一時間足から見ましょう。

どうですか?

…売りっすよね?

ではここで、

同時に一目均衡表も見てみましょう。

1029 一目

ローソク足は雲と転換線の下ですから、

…売り有利ですよね?

斜めに引いた白いラインを見てもね。

で、

○で囲った部分を見て下さい。

全体的な流れは売り方有利って事に変わりはないのですが、

その流れの中でも横ばい状態になってますよね?

…ここまではOKですか?

では、

もう一度ボリンを見て下さい。

今度は5分足です。

5分足上の流れでは紫のラインでお分かりのように

レンジ状態です。

でも、

コマ足は陰線(青)でT3-Moving Averageの下ですから、

ここでも一応は売り方有利って事は言えますし、

レンジ状態という事を考えましても、

紫の下限ラインか、最低でもボリン下バンド(-2σ)タッチまでは

下に伸びそうですよね?

つまり、

現状ちょっと横ばいの膠着状態ではあるけど、

一目均衡表と、

特にボリン1時間足の赤○で囲ったポイントを見ましても

(コマ足陽線(赤)がT3-Moving Averageで抑えられ
 下降してきていた)

ここら辺で押し目が終わって再度下降しそうだと判断したので

ここで売りエントリーしたと。

しかも、

5分ボリンの紫のラインと、一目均衡表上の○で囲った部分を見ると

良く分かるように、このレンジを上抜けられたらちょいマズイってのが

分かりやすいって事もポイントですね。

まぁそういう訳です。

で、

ついでに言うと

1分足でも一旦ここで上げ止まった感じがしたしね…

(ストップは133.74設定)

結果

1029 ②

まぁ特にボリンの5分足を見てもらうとお分かりのように、

エントリーした時言ってました、

レンジの下限に当たるポイントで(紫で引いた下限ライン)

値動きの勢いが弱まったんで、

とりあえずはここで決済しておきました。

+19pips


……

利食いの理想形とは

ギリギリまで伸ばしきる事だとは思います。

でも…

兎だけの持論かもしれませんが、

兎は利食いというものは

言い方は悪いかもしれませんが、

別にある程度、適当でも良い。

…こう思ってます。

誤解がないように、もうちょい言いますと…


勿論エントリーする前の段階では、

リスク・リワードも当然考えてからになりますけどね…

で、

そういった事をきちんと考えた上での

自分にとっての「適当」だったらそれで良いんですよ…

まぁ意味が分からないと思いますから

この辺で止めておきましょう。

ちなみに…

「損切りは厳しく。利食いは甘く」

もしくは…

「頭と尻尾はくれてやれ」


って格言を載せておきます。

(意味は各自でお調べ下さいね♪)


えっとですね…

実は、このトレードには続きがありますし、

タイトルにあります、

「考える事をできるだけ減らす」というお話も

まだ完璧には終わってません…

でも…

長くなりすぎるので続きはまた明日♪


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

トレーダーはモテる。本日のFX取引結果

2009年10月28日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

何気ない会話をしていた

とてもきれいな女の子の2人組がいた。

どうやら海外旅行に行くらしい…

特に兎のタイプの子がこう言いだした…

「今ドルっていくら位なんだろうね?」

「100円位かな?」

……

無視しようと思ったけど、

あまりにもきれいな子だったんで、

つい調子に乗って言っちまった…

兎「…今は92円から91円ちょっと位ですよ」

「ついでに言いますと、日足上だと雲の下限に当たって
 下がってきたところかなぁ」


「えっ…凄い詳しいですね♪…すごーい❤」

兎「いえ…すいません
  ちょっとマニアックな事まで言ってしまいまして」

「…もしかして…トレードとかそういうのやってるとか?」

「まぁ…あんまり上手くはないですけど」

「すごーい!!❤」

「あの…良かったらこの後お時間とかありますか?」

兎「…別に大丈夫ですけど」





っていう夢から目覚めた。

皆さんおはよう。



こんな夢を見るなんて風邪も精神状態もヤバそうだ…


昨日は相場もイマイチな状況だし、

体調も悪いからノートレードでした。

皆さんの温かいコメントありがとうございました<(_ _)>

ビタミンとって、とりあえず風邪直しますね。

…あー

こんな時イチロー選手がお見舞いに来てくれたらなぁ…


兎「病気が良くなるようにホームラン打って下さい!」

「別に打てますけど、
 その場合、どうしても打率は下がってしまうんで
 バッターとしてはやっぱり確率を求めますよね…
 だから、ぼくが2割4分のバッターで良いなら
 40本は打てると言っておきましょう。
 では、お大事に」

兎「…あの…なんかもう治りましたんでさっきの忘れて下さい」

って会話になるんだろうなぁ♪

病気で兎が更にバカになったと思う方は
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

という訳で、

今日はこんな下らない内容でごめんなさい<(_ _)>

病院行こう…

と思いきや…

ここでユロ/円にエントリーチャンスが…

ユロ/円 左から 1分、5分、1時間足です。

1028 ①

ボリン1時間足を見て下さい。

ねっ?

コマ足は陰線(青)だし、どう見ても売り方有利ですよね?

では、

同時に一目均衡表も見てみましょう。

1028 一目

ローソク足が雲と転換線の下ですし、

斜めに引いた白いラインを見て頂いてもお分かりのように

流れは売り方有利って感じですよね?

で、

もう一度ボリンを見て下さい。

今度は5分足です。

紫のラインと矢印が見えますか?

…やっぱ売りっすよね。

一目均衡表+ボリン1時間足+ボリン5分足

=売り。

で、1分足で具体的なエントリーですが、

ぶっちゃけ、

一目均衡表+ボリン1時間足+ボリン5分足

の状況がそんな感じなんで、

1分足ではそこまで神経質にならなくてもOKなんですが、

まぁ最近の兎のやり方では、

1分足上では逆張りってのにこだわってるんで

ここで売りエントリーしたってだけっす♪

ストップは1.3562設定です。

1分足と5分足に引いた黒いラインで一応上げ止まったしね…


結果

1028 ②

とりあえず、(特に1分足で見た感じ)

流れが一旦止まった感じだし、

リスクとリワードの比率考えてもまぁ良いかって感じだったんで、

ここで決済しました。

+30pips

もっと粘っても良いんでしょうけど…

具合が悪くて集中できないからまぁ良いや♪

しっかし鼻水スゲーなぁ…

やっぱ医者行こうかな。

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

迷いと捨て去る勇気。

2009年10月27日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

昨日で一応完結した兎の本音記事は、

自分自身まだまだ言葉足らずな部分だらけなんで、

イマイチ伝え切れてないと言いますか…

納得はしていないんですけど、

まぁなんとなーくご理解して頂けましたでしょうか?

勿論、なんだそりゃ?って納得できない方も沢山いらっしゃった

とは思いますけど、そういった方々はご自身の信じる道を

突き進んでくれたら良いだけなんで、

とにかくお互いに頑張っていきましょう<(_ _)>

で、今日はですね

兎が思うスキャルピングとかどうとかではない

トレードというものについての考え方をちょっとお話したいと思います。

ちなみにトレード全然関係ないんですけど風邪ひいたっぽい…

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

兎が最近思っている事を淡々と書きたいと思います。

兎は最近はトレードというものをメチャクチャシンプルに考えてます。

でも、

そこに至るまでには正直メチャクチャ勉強したとは思いますし、

今現在でも勿論常に勉強しています。

ところで、話は飛びますが、

兎はファッション関係の仕事をずっとしています。

トレードの世界もファッションの世界も一緒だと思う事があります。

兎は色々な服を若い頃は着ました。

それこそ今では思い出すのも恥ずかしいような恰好から何からです。

その結果、

今では、何だかんだ言っても

(夏ならば)Tシャツにデニムというような、

シンプルな恰好が一番カッコ良いと断言できます。

でも、これはやっぱり色々な服を実際に着てきたから断言できるんです。

つまりですね、

シンプルになる為には沢山の事を知らなきゃなれないんですよ。

……

勿論、トレードの世界というものは

ゼロサムの世界なんで、知識や経験がない弱者は

そういったものが豊富にある強者に食われてしまいます。

だから、皆が強者の立場になろうと

少しでも有利な分析ツールやチャートやインディケーター

を身につけようとし、他の方より優位に立とうとします。

で、

これが行き着くところの考え方というものは…

沢山の事を知れば知るほど相場で勝てるんじゃないか!

と思ってしまう事です。

確かに、知らなければいけない事は沢山ありますし、

それによって、

事実何も知らなかった時よりは勝てるようにもなるかもしれませんが、

人によっては、その知りすぎた事が

トレードに悪い影響を及ぼす事もあるのです。

実体験上一番分かりやすく言うならば、

例えば、

ストキャスでは買いの基準なのに、

RSIではまだ買いの基準になってないからとかで、

結果迷っているうちに絶好のタイミングを逃してしまったり、

ブレイクアウトとはダマシが多いものって知識を重要視しすぎてしまい、

これまた絶好のタイミングを逃してしまったりとかね…

つまり…

知りすぎてしまうという事は

躊躇と迷いというものが起きやすくなるとも言えるのです。

ではここで、

例えばエントリーサインが出るような、

いわゆる分析ツール的なものを使ったとしましょう。

しかも、更に精度を高めるためと言いますか、

複数の分析ツールを使ったとします。

結論…

いつも同時に全てのエントリーサインなんか出ません。

で、

全部の分析ツールでGOサインが出るまでは

エントリーしないとか決めてしまうと、

エントリーする機会も激減してしまうでしょうし、

何しろそういった場合ってのは、

相場の状況自体も、もう成熟しきってしまい

下手すりゃエントリーした瞬間に

逆にいくって事の方が多いかもしれません。

しかもそのサインが全て揃ったところで、

結果100%の勝率を誇るのでしょうか?

だったら兎だって喜んで待ちますけどね

……

つまり、

どんなに頑張ったって、

トレードに勝率100%なんかある訳ないんですから、

大事な事はですね、

チャンスに迷いすぎないでスパッとイケるように、

自分が実際に使ってみて、

自分にとって一番使い勝手や結果が良かった手法や

インディケーターなどを2つ3つに絞ってしまう事なんです。


相場で大事なのは、

先の分からない未来を考えてばかりいる事ではなく、

自分自身が現状でできるリスク管理をきっちりやる事と、

目の前に起きた状況に乗り遅れる事や、

早とちりする事なく、努めて冷静に対処し、

その判断に見合った行動をその瞬間にすぐ取れるかどうかの

反射神経的な部分なのです。



無謀なエントリーや、とにかくポジションを持ちたいと、

しなくても良かったエントリーをする人は愚かなトレーダーだと思いますが、

ビビってばかりで、絶好のタイミングを逃してばかりや、

悪い事だけしか考えられず、どうにもエントリーする事が怖い…

というトレーダーも同じく愚かだと思います。


物事を沢山知ってしまうと、

それを捨てるのにも勇気がいります。

でも、

詰め込んだ上でそれを捨て去る事ができるかどうか?

が、

できる人とできない人で

今後のトレード人生の分かれ道になってしまうのかもしれませんよ…

PS

ヤバい…こりゃマジに風邪かも…

皆さんはお体に気を付けて下さいね♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

【重要】 完結編

2009年10月26日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

えー

何回かに分けてお送りしてきましたが、

今回が完結編となります。

少し長くなってしまいそうなんで…

さっそく始めましょう。

(続きをお読み下さるその前に)

頑張って書くからお願いします!!!
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

前回…

兎がやっているトレード手法をカテゴリー分けしなければならないとしたら、

やっぱりスキャルピングというものになってしまうのかもしれませんが、

兎は俗に言う「スキャルピング」をしようとは全く思ってないんです。

と言いましたよね?

で、

スキャルピングをしようと思ってスタートしている訳ではなく、

結果、スキャルピングになってるんです。

……

とも言いました。

では、これからその意味をご説明していきたいと思いますが、

その前に…

皆さんに何個かご質問です。

スキャルピングを学んだ事の最大の利点って何だかお分かりですか?

……

それはですね…

テクニック的に言うならば…

死ねない戦いを繰り返した事によって得た

エントリーの見極め力って事なのかもしれませんが…

一番大きかったのは…

負ける事は初めからトータルの戦略内だ!

と考える思考というか癖がついた事です。

言葉にするのが難しいんですけど、

…なんて言うのかなぁ…

負けるのが当たり前というか、

エントリーの瞬間から、

むしろ小さく負けにいってるって感覚なんですよね。

(意味分からないかもしれませんね)

では、

ちょこっとご説明しておきましょうか…

エントリーの見極めには大きく分けて2つあります。

まずは、大まかな流れを見る精度です。

これが分かってないとトレードなんか何もできないです。

で、

次が、いかに小さい負けで終われるかという意味での

自分で決めた絶対的ストップポイントに引き付けられたかどうかの

精度になります。

皆さん良く考えてみて下さい。

エントリーの方向性はあってたけど

結果負ける事って何度もありませんでしたか?

これはですね…

究極言いますと原因の大元はメンタル負けなんですけど、

テクニック的な事で言えば、

引き付けが足りない…

つまり、エントリーの精度がもうちょい足りないのと

資金管理のミス(張る枚数の間違い)から起こる恐怖感に負けて…

って事なんです。

でも…

そうです。

エントリーの方向性は合っていたって事は、

大きな流れは分かってはいたって事にはなりますよね?

では次に、

負ける事は初めからトータルの戦略内だと考える思考。

にいきましょう。

スキャルピングの最大の欠点は、

損大利小に陥りやすい事です。

でも、これを改善するやり方もちゃんとあるんですよ。

それはですね…

マイナス幅を自分の中できっちりと決めてしまい、

自分の中の損失許容範囲をまず出してしまうんですよ。

例えばマイナス10pipsの幅が自分の損失許容範囲と決めたら

最低でもそこが絶対的ストップポイントとした上での

戦略を立てられるか?という事です。

つまり、

リスク・リワードが最低でも1:1以上をきちんと考えた上で

ストップとリミット幅の比率が合格ラインの時以外は

エントリーしなきゃ良いって事です。

分かりやすく言いますと、

ここならストップかかってもー10pipsだし、

伸びそうな期待値も+10pips以上はあるな…

よし、エントリーだ!って感じで、

または、

ここならストップかかってもー10pipsだけど、

伸びそうな期待値は+10pips以上はないねぇ…

よし、見送ろう!って感じっす。

(でも、最近ではもうちょい進化してこれさえも
 ちょっと違う感じになってきてはいるんですけどね)

で、そこから更に、

たとえスキャルピングといえども、

常に損小利大を求めながらやるのです。

具体的に言いますと、

例えば10回のトレードをトータルで考えます。

5回、ストップ設定値の-10pipsにかかったとしましょう。

-10pips×5でー50pipsです。

でも、6回目のエントリーがあれよあれよとギューンと伸びて

+60pipsにでもなった時の6戦合計のトータルは+10pipsです。

ね?結局は+でしょ。

でも、勿論、利食おうかどうしようか迷っている間もなく

ギューンとエントリーした方向に伸びた場合はそれで良いですが、

そうではない場合もありますよね?

そういった時は最低でも先程言ったように、

リスクー10pipsに対してリワードが1:1以上になるように、

+10pips以上までは利食いを我慢するんです。

でも、

実際やってる立場から言わせてもらえば

これは理想論です。

現実論としましては、

その意識はもちろん常に持ちつつ、

チャート上の値動きがちょっとでもおかしな動きをしたら

最低でもー5pips位の小さい負けや、

+2pips位の小さい勝ちでも良いから、

もう逃げてしまえば良いんです。

そう。たとえ5回連続でそういった負けを繰り返してもね。

もっと言えば、

その日一日そういった繰り返しで負けたって、

1週間スパンで最後に勝ってりゃ良いんですから。

(でも、あんまり連続で負ける時ってのは
 相場と自分がズレていると言いますか合ってない状態なんで、
 そういった時はちょっとブレイクするか
 その日はもう止めてしまった方が良いと兎は思います)

だってね…

大きな流れが分かっていて、

尚且つ十分引き付けたポイントでエントリーできていれば

仮に負けても大した事ないですし、

しかも、何回かに1回位は

そういった小さい負けの積み重ねなんか一発で取り返せるような、

大きな流れが自然と掴めてしまいますからね。

どうですか?

なんとなく分かってきましたか?

もっと簡単に言いましょうか?

えっとですね、

小さい負けは何回負けても良いと理解するんです。

昔、有名なトレーダーがこう言ってましたよ…

負ける金額も含めてのトレードなんだ。

ってね。

…正にその通りですね。

そう…

最初から自分のトレードというものに

全勝なんかできないし負けた金額やかかったコストまで含めて

トータルで「これがトレードというもの」と理解していれば

負ける事に対しての免疫と言いますか、

そういったものがきちんとあるんで、

1回1回の勝負にどうこう思わなくなるんです。

トレードとは1回1回の「バトル」には負けても良いんです。

でもバトルの集合体である「戦争」には負けちゃダメなんすよ。

……


上手く表現できているか自信はありませんが、

これが、兎が今現在やろうとしているトレードであり、

目指しているスキャルピングのスタイルです。



つまりね…

この表現で100%合ってる訳ではないんですが…


兎の意識では、

スキャルピングではなく

タイトで、ミニマムなデイトレをやっているんです。

もっと分かりやすい言い方をすると、

時間軸やストップ幅のもの凄く狭い…

超スケールの小さいデイトレをやっているつもりなんです。

で、

それに+α

小さく負ける事は、

最終的な戦争には勝つ為の戦略と、

はなから十分刻み込んだ上でトレードしているのです。



おそらく分からないとは思いますけど、

単純なスキャルピングに見えていても実際のところは、

小さく負ける事と

常に損小利大を狙っているのです。


これが本当の本心です。

勿論、初めてスキャルピングをやりだした時は、

保有している時間が短い分危険が少ないって感じと

ちょっとでも勝ってる時にすぐ逃げるという…

俗にいうスキャルピングの感覚ではいましたし、

それがスキャルピングってもんだと思っていました。


でも、そういった俗にいうスキャルピングを繰り返しているうちに

スキャルピングというものの欠点を何とかできないかと考えて

トライ&エラーをやって、ここに辿り着いたんです。


でもね…

兎は気付いてしまったのです。

……

このやり方って、

エントリーの精度とかその他色々と、

初心者には難しくないかって事にね…

で、

何が難しいポイントなのか考えました。

……

ところで皆さん、ここでもう一つの質問です。

勝率を上げる簡単な方法って知ってますか?

……

答えはですね…

(細かく説明しないとちょっとイマイチと言いますか、
 すんなり理解できるかは置いておきまして…)


ストップの幅を広げる事と、

(ストップの幅を広げるって事は、
 仮にかかった時のマイナスも大きくなるって事ですから、
 当然ですが張る枚数の変更等はでできます)

自分が「ここは確率高い」と

本当に自信を持てるポイントだけエントリーする事です。

(この2つの詳細につきましては後に
 ちゃんとした記事としてご紹介しますね♪)

……

ここで先程考えていた、

スキャルピングが初心者には難しいというポイントは何だろう?

という疑問と、

勝率を上げる為の簡単な方法が出逢いました…

……

損大利小に陥りやすい原因を防ぐ具体的な方法は、

リスクを小さく限定できた最適の場所でのエントリーができるかどうかと、

利を欲張りすぎず、でもどれだけ引っ張れるかです。

で、

そういった最適な場所でエントリーができるかどうかという問題は

兎が慣れるまでは

ここでエントリーするのが良いと指示してあげてれば良くないですか?

しかも、そういった繰り返しをしていく中で

兎のエントリーの思考を各自が徐々に学んでいけば、

「ここでエントリーできるな…」って、

自分自身できっちり判断できる時が来るだろうしね…

で、

リスクを小さく限定できた場所でエントリーさえできれば、

別に負けても大した事ないし、

はたまた上手くいったならば、

あとは利を伸ばせるかどうかなんていう問題はですね、

ぶっちゃけ簡単なんですよね…

だってね…

利を伸ばせない人ってのはたいがいチャートを眺めっぱなしで

心がぐらんぐらんブレちゃうんですよ。

だからですね、

そういったチャートを見ていて心がブレちまう人は、

トレーリングストップだけ設定するか、

もしくは、

OCO設定してストップと同時にリミットも設定してしまい

チャート自体見ない!!!

か、

「注文は絶対に取り消さない!!」とか自分に誓って

パソコンの前で奥さんとかに手足でも縛ってもらえば

ね。

解決でしょ♪

あとはなんだ?

そう。

スキャルピングと言われているやり方で

損小利大と共に難しいと言われている問題点の一つである

ストップのタイトさと時間の慌ただしさは、

勝率を簡単に上げる方法の一つでもあります、

ストップ幅を広げてあげる事で解決できるし、

時間の慌ただしさは時間軸をもっと遅くしてあげる事で

解決できますよね?

しかも、

兎が今普段のトレードで使っている、

チャートややり方、トレードに対する思考などは、

このまま単純に時間軸をデイトレ用の時間軸にしてあげるだけで

全く問題なく、むしろ時間軸がゆっくりになった分

チャートにずっと張り付いていなくても良いし、

デイトレの方が有効かも?って思える位機能しているという確信を

兎は持ちました。


……

これなら皆できるんじゃないか?

……

そう。


こういった事から生まれたのが

……

【からくりサーカス】なんです。

勿論、兎は神様じゃないので未来の事は分かりません。

ですから、兎はこう思ったからエントリーしたけど

現実は全く違う動きをする場合だって当然ですが沢山出てきます。

しかも、デイトレやスイングでは

当然の如く損小利大を明確に求めるので、

勝率だってスキャルピングのようにはいきませんし、

ストップにかかる確率の方が多くなる位です。

でも、

トレードとはそういうものです。

先の事が分からないのに、先の事で気に病んでても意味がないんです。

未来の事が分からない兎達にできる事は、

何よりも、まずは自分の負ける幅を計算し、

負けて納得、勝ったら「ふーん」って事なんです。



兎が普段やっているトレードは、

…初心者の方には難しいかもしれません。

でも、

【からくりサーカス】ならできるのではないか?という

兎的な希望を込めつつ

精一杯皆様のお役に立てるよう

今後頑張っていこうと思ってます…


でもね…

これでもまだ兎が言いたい事の全ては話し切れていません。

また機会がございましたら

もっときちんと文章を考えたり、兎の頭の中を整理してから

お話できればと思います。

(あんまり長いと読む方も疲れちゃいますよね♪)

…という訳で、

この度は、

長々と長文にお付き合い頂きまして

誠にありがとうございました。




兎は今まで通り、

兎のトレードをやっていきます。


それがスキャルピングだろうが、

デイトレだろうが、スイングだろうが…です。

呼び方や、名称なんて何でも良いし、


トレードで大事なのは…


自分にとっての【正解】であるならば…



そう。


それだけですから。


~完結~


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


お知らせ。

株式会社MJが2009年10月26日(月) ~ 2009年11月1日(日)の期間

行政処分により一時業務停止します。

この期間はサイドバナーをはずさせて頂きます。

【重要】 昨日の続き。

2009年10月25日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

今日は週末ですから、

週末恒例の【からくりサーカス】をお楽しみにされていた方々には

大変申し訳ございませんが、

昨日言いましたように、

昨日の続きを書かせてもらいます<(_ _)>ゴメンネ



えっとね、

兎が今現在思う事と、

読みに来て下さっている方々との間で

スキャルピングというものに対しての捉え方が

やっぱりずれてきているなぁ…ってお話です。

では、

続きにいきます…

(続きをお読み下さるその前に)

最近ポチの数がスゴイですね…ありがとうございます!!!
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

(続き)

まぁ…普通のスキャルピングの概念だと

業者さんに毎回手数料を持ってかれるは、

大げさに言うと死んじゃいけない戦いを

毎回しなきゃならない割にはリターンも少ないし…

正直使う労力の割にはあんまり美味しくないと思います。

しかも、

昔、兎が相場というもののなんたるかを教えて頂いた

商品先物時代のディーラーの方は

スキャルピングはバカらしいって何回も言ってました…


その時は、

スキャルピングというもの自体良く分かっていなかったし、

ふーん位な感じだったんですけど、

実際にスキャルピングと言われているものをやるようになってから、

正直そのディーラーさんが言っていた事の意味も分かるようになりました。

本当に、何事も実際にやってみないと分からないですよね…

でも、

毎回のコストがかさむとか、毎回死ねない綱渡り的な

タイトなトレードを繰り返した事によって、

誰に教わった訳ではなく、

相場に対しての真理的なものが沢山見えるようになったのも

また事実なんです。

……

なんて言いますか…

150キロのストレートを打とうと毎回160キロの

マシン相手にバッティング練習を知らずにしていたと言いますか…

しかも、マシンの設定が150キロだと自分は思っていたので

「150ってメチャ速くね!?皆こんなの打ってんの!?」

って感じでね…



スキャルピングを覚えた事によって、

トレードにおけるエントリー、つまり…入り方の重要性や、

結果、損大利小になりやすいという性質上、

タイトにストップを置かなければならない事によって起こる

損切り貧乏になったらどうしようという

葛藤、不安、ストレス、自分自身にかかるプレッシャー…

……

スキャルピングで何とか生きようと、

どうこうしようと思って足掻いた事っていうものは、

今兎の中で、しっかりと知識や経験となっているのです。

時間的にゆとりがあるスイングとかのトレードに比べ、

トレードに参加する回数もスキャルピングでは勿論多くなります。

という事は、

実戦での経験値というものの増えるスピードが、

色々なトレードスタイルがある中で一番早いとも言えませんか?

…兎は実際そう実感しました。

ゆったりとトレードしている方に比べ、

何度も相場に参加した事によって得られた実戦経験値は

例えば、相場歴が同じく1年位だとしても

スキャルピング畑でもまれた方とスイング畑でもまれた方では

トレードスキルの進化や理解度のスピードが違うのではないでしょうか?

勿論、スキャルピングとスイングでは

やり方自体が全く違い、ハッキリ言って別物なんで

当然それによって戦略等も違いますから、

それに伴う経験値としては当然違うし、

一概にそうだとは言えませんけど…

でもね…

相場自体の真理ってものは、

スイングだろうがスキャルピングだろうが結局は同じなんですよ。

……

トレードというものに、

寝ていても楽に1億とか、

ど素人が30日で1万円をらくらく1憶円に!とか…

つまり、

無敵の聖杯(簡単に誰でもメチャクチャ儲かる秘策とかの事ね)

がこの世に絶対あると思う事は、

スキャルピングだろうがスイングだろうが100%間違いだし、

手法やインディケータージプシーになってみたり、

身の丈に合わない金額でトレードしたりって事が

間違っているって事もね…

まだまだありますよ…

とても全部は書ききれませんが、

ちょっと浮かんだだけでも、

全勝なんか基本的には不可能。

ストップは入れないとダメ。

相場は確率。

結局は損小利大を求めなきゃダメ。

チャート重視。

チャートとはその裏の人間心理を見る。

大衆を見ながら尚且つその上を考える。

リスク管理。

結局はメンタル勝負。

etc……

注※損切りしないやり方の場合はこれらはほとんど当てはまりませんが
   勿論デメリットもあるしここでの詳細は省かせて頂きます。



兎はそれらの事を、普通にのんびりトレードしている方より

早く気付かせてくれたという点だけ取って見ても、

スキャルピングをやった価値が、業者さんに払うスプレッドの分

を差し引いたとしても十分あると思っています。


確かに毎回業者さんに払うスプレッドというものは、

長い目で見ればボディーブローのように効いてくるし、

無駄なお金だという考え方も当然正論だと思います。

でもね、

野球をやるのに、

【ボール】を打つ物というのは、

サイズも素材もルール上で決まっている【バット】じゃなきゃいけない。

と最初から分かっているのに、

そこでもっと当たりやすいテニスラケットのような形のものを使おうとは

誰も思いませんよね?(しかも芯の部分に反発力MAXのコルク素材使用)

つまり、最初からスプレッドの積み重なりという障害も考えた上で、

それでもやるメリットが自分にとってはあると判断したから

スキャルピングというものを自分は選びました。

しかもですね…

実はこれが一番言いたかった事なんですけど…

兎がやっているトレード手法をカテゴリー分けしなければならないとしたら、

やっぱりスキャルピングというものになってしまうのかもしれませんが、

兎は俗に言う「スキャルピング」をしようとは全く思ってないんです。

イイでしょうか?

もう一度言いますね。


スキャルピングをしようと思ってスタートしている訳ではなく、

結果、スキャルピングになってるんです。

……


これが本音です。

(勿論言葉が足りないと言いますかこの後説明しますけどね)

あっ、これね…

勿論ただのチキン利食い(ビビりの利小決済)って事じゃないですよ。

ちゃんとその辺も考えた上での、

そういう事なんです。

どうしよう…更なる核心部分まで書こうと思ったんですけど…

それも全部書くと長くなりすぎちゃうし…

…ごめんなさい<(_ _)>

明日で必ず完結させますからお許し下さい。

続きはまた明日…

~追伸~

もう一度言いますが、

【からくりサーカス】をお楽しみにされていた方々…

大変申し訳ございません<(_ _)>

でも、今後【からくりサーカス】をやっていく上でも、

この何回かに分けてお話している内容というものは

凄く重要と言いますか、【からくりサーカス】が生まれた

理由みたいな部分にもなりますので、

番外編の【からくりサーカス】という感じでお読み下されば

これ幸いと思っております。

明日の完結編をお待ち下さい<(_ _)>

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

価値観。

2009年10月24日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

いきなりですが、

皆さんなんとかコンクールとか、

○○オーディションとか知ってますか?

興味がない方も沢山いらっしゃるとは思いますが、

…少しお付き合い頂ければと思います。

兎はですね、以前やっていた仕事の関係で、

まぁ平たく言うと、

ファッションモデルになりたい人達のオーディションというものに

何度か携わった事があります。

某有名雑誌の専属モデルとかってやつです。

で、ここで審査をする方々というのは、

勿論その雑誌の編集長の方であったり、

某有名カメラマンの方であったり、

某有名ヘアメイクの方であったり、

某有名スタイリストの方であったりする訳なんですよ。

いわゆるそういった業界のプロフェッショナルな方々って事ですね。

でも、

そういった方々っていうのも元は一人の人間ですから、

当然その人の美的センスや価値観がある訳です。

審査対象が女の人の場合ですと、

ちょっとぽっちゃりの人が自分的にはタイプとか、

彫が深いのが好きとか、アジアンチックな子が好きとか…

って事ですね。

まぁ個人的な好みとでも言えば分かりやすいかもしれません。

でも、プロが見ているのはそういった部分以外のものなんです。

つまり、

自分的な趣味はさておき、実は一番見ているポイントってのは、

クライアントである某有名雑誌の読者層の事なんです。

ファッション誌というものは特になんですけど、

○○という雑誌には○○層が中心で見ているとかってのを

明確に考えて、雑誌の構成や使うモデルのタイプとか

いわゆる売れる為の戦略を考えるのです。

ですから、

合コンじゃないんだから自分的な趣味は後回しで、

読者層の事…

つまり、

自分以外の、他人である読者の価値観や好みを第一に考えた上で

審査の票を入れなければならないんです。

まぁもっと詳しく言うならば、

そういった読者層が好みそうなベースがありつつ

こういったタイプは今までいなかったから新しい流れを作れるかも

っていう先行投資的なギャンブルをしてみたりする場合や、

そんなうんちくをぶっ飛ばして、もう言葉とかでは言い表せないような

【神】クラスが登場した場合は、

そんな当たり前的な理論なんか軽くポイってのもあるけど、

こういった場合ってのはごく稀ですから、

…やっぱり通常ですと、

自分の価値観より他人である読者の価値観や好みを第一に考えた上

ってものに落ち着くんですよ…

えっと、

前置きが長くなってしまいましたが、

つまりですね、

兎達のいるトレードの世界というものも、

基本は同じなんです。

まずは自分以外の他人の価値観を第一に考えて、

それに+α勝負をする時はしてみるのです。

他人の価値観が沢山集まるとそれが大衆心理となります。

要するにですね、

大前提、大衆心理に逆らってはいけないのですが、

大衆は常に間違えているとも同時に思っていなければならないのです。

意味がイマイチ分かりませんか?

では、もっと分かりやすく言いますね。

皆さんチャートは当たり前ですが見ますよね?

チャート上で右肩上がりの状態になっている時、

あなたはどう思いますか?

そう。

上昇しそうだ!と思いますよね。

まずは、これは正解です。

でも、

初心者さんはここで終わってしまうのです。

上級者はですね…

ここでは終わらずに、

上昇しそうだけど…もう終るかも分からないな。

ってところまで考えた上での行動を取っているのです。

例えば、

複合的にチャート判断をした結果、

まだ上昇しそうだけどいつ終わっても良いように、

ストップはタイトに設定しておいて、仮にそこでかかったら終了で良いや。

とか、

いや、大衆がこれだけ上昇って我先に買っている状況では

もうすぐスコーンと急降下するかもと考え、

ここではとりあえず見送っておこう。

とかですね。


最後にまとめておきます…

トレードでは、

自分の価値観をメインに考えるのではなく、

自分以外の価値観の集合体である大衆心理の事を考えた上

尚且つそのちょこっと上を考えながら行動しましょう。

……

今日は、トレード自体の説明と言いますか、

トレードにおけるメンタル的な内容の回とさせて頂きました。

……

本当は、

いつもみたいなバカ話&トレード解説をしよう…

と思っていたのですが、

ちょっとお話しておきたい事もありまして、

内容を変更しました。


それでは、少し長くなりますが聞いて下さい…

兎の新曲…


メチャクチャ高額を払った占い師に
「あなたの前世は傘の骨」
って言われたんだけど、
こいつ殴っても傷害ですか…


(続きをお読み下さるその前に)

長いって曲のタイトルが?って思った方は
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング





……

ちゃんとやる。



兎は、スキャルピングというやり方に出会って、

トレードに対する考え方の基本的な事を学びました。

でも、他の手法を差し置いてスキャルピングが最高だとは

正直思ってはいません。

スイングにはスイングの良さや悪さがあるし、デイトレだってそうです。

自分にとっての正解は他人にとっては正解ではありません。

だから、兎と同じくスキャルピングを絶対した方が良いとは

一度も言った事はないつもりですしこれからも言うつもりはありません。

むしろ、ずっとやっていて思うのは、

スキャルピングというものは…

実は初心者にとっては一番難しいんじゃないかって事です。

でも、

これは兎の場合と言いますか、思った事なんですが、

トレードって、(手法だけでなくチャートもそうだと思います)

やり方をころころ変えずに一つのものを突き詰めてやっていると、

本当にそのやり方の利点や欠点が明確に見えてくるし、

相場というものの本質みたいなものさえも見えてくるんです。

で、その相場の真理的な本当に分かった事に対して

ダメなものは変え、通用する部分だけは残していくというような、

常に勉強と検証…つまりトライ&エラーの繰り返しだと思っています。

兎は幸か不幸かスキャルピングという手法に、

相場というものに対するとっかかりと言いますが、

きっかけをもらいました。

ですから、

スキャルピングというもので言わせてもらいますけど、

スキャルピングの欠点というものは勿論あります。

数を重ねれば重ねるだけの手数料と言いますか、

スプレッドの障害というものも勿論出てきますし、

大げさに言いますと、

大きな負けを1回でもやってしまうと、

それまで例え全勝したとしても全てが吹っ飛んでしまうような…

損大利小に陥りがちだという点などです。

……

すいません。

メチャメチャ長くなりそうなんで、

今回はここまでとさせて下さい<(_ _)>


多分、ブログのタイトルで、

スキャルピングを否定している方には

?って感じで思われてしまうとは思うのですが、

(タイトル変えようかなぁ…)

兎はきちんとスキャルピングのダメな点も分かっています。

でも、兎が本当に言いたいのは

スキャルピングどうこうの部分じゃないんです…

まぁ、その部分を分かってもらう為にも

スキャルピングではないメルマガとかやるんですけどね…

とにかくですね…

兎が今現在思う事と、

読みに来て下さっている方々との間で

スキャルピングというものに対しての捉え方が

やっぱりずれてきているなぁ…と最近感じてはいたので

良い機会だと思いましたのでお話しさせて下さい。

でも、

……

応援して下さっている方々にはいつも本当に感謝しています。

本当にありがとうございます…

では、

明日はそういった訳で、

…すいません。

今日の続きをお送りさせて下さい<(_ _)>


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

できる事・できない事 本日のFX取引結果

2009年10月23日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

世の中には…

自分でできる事と、できない事ってのがあるんですけど

皆さんこれちゃんと理解してますか?

今日は、

トレードにおける、

自分でできる事・できない事について

ちょこっとお話したいと思います♪

ではさっそく…と言いたいのですが…

その前にちょっとこちらを見て下さい。

※ちなみにこれは、兎のネタとかではありませんが、
  参考になるのでご紹介したいと思います。

これは、東郷平八郎氏(詳細は省略)のお話だそうです…

東郷氏、イギリスで食ったビーフシチューが激ウマだったので、
部下に作らせようとする。
   ↓
しかし、
具にジャガイモ、ニンジン、タマネギ、肉が入っていた事だけ告げて、
部下にとって完全に未知の料理である、
「びーふしちゅー」を作れと、イジメレベルの無茶な命令をする。
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

しかし部下も「外国の料理」と言われてんのに、
醤油とみりんで味付けするという開き直りをみせる。
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
肉じゃが誕生


………


よし。とりあえずトレード紹介いってみよう♪

(続きをお読み下さるその前に)

ちょっとでも笑った方は押してくれても良いんじゃない♪
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

では、トレード紹介に行きたいと思いますが、

先程の東郷氏のお話をご紹介した意味はですね…

ぶっちゃけ笑えるからなんだけど

………

できない事を無理にやろうとすると、

……って事ですよ。

まして、

今兎達が生き残ろうとしているトレードの世界では特に、

自分が分からないのにやろうとする事は、

絶対にしてはいけない事なのです。


では、具体的にいきましょう。

まずは、お馴染の一目均衡表での状況確認です。

1023 一目

ローソク足が雲と転換線の上にありますので、

勿論買い方有利なんですが、一つ気になるのは

ポイントと書いた白いラインの値段です。

全体的にはチャートを見て頂くとお分かりのように、

雲の上でV字型になってますよね?

で、

兎が見ているのは、ポイントとして引いたラインの値段を

上抜くのか?やっぱりそこで頭打ちして下がってきてしまうのか?

という事なんです。

で、

そういったポイントを意識しつつ、

各時間足のボリンも見てみましょう。

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

1023 ①

ボリンでは、1時間足から見ます。

○で囲った部分を見ましても、この時点でコマ足は陽線(赤)ですし、

T3-Moving Averageの上でもあるので、ここでも買い方有利ですよね?

で、次に5分足なんですけど、

紫のラインが見えますか?

そう。

横ばいだった流れが上昇の流れになってきてますよね?

(と同時に1分足も見ると)

三角形が見えますか?

そう。

これを徐々にブレイクし出したので、

ここで買いのエントリーです。

まぁ、順張りの王道でもある

アセンディング・トライアングル狙いって感じですね。

ストップは1.5039設定。

(アセンディングやディセンディング・トライアングル狙いの場合は
 1分足で逆張りじゃなくても全然OKっす)


ちなみに、この徐々に上昇している中で、

ほんの少しではあるのですが、

一目均衡表でのポイントとして引いたラインも上抜いたので、

そこもエントリーした理由です。

結果

1023 ②

こういった、ブレイクしてギュンと動いた場合ってのは、

その反動も結構来る場合もありますし、

兎の一つの目標でもある+10pipsになったので、

ここで決済しました。

+10pips



…このポイントでのトレードをするのに、

兎が待ってた時間は大体1時間位でした。

つまり…

兎的にはここはイケるかも?ってトレードの為に

1時間はじっと待ってたって事です。

……

トレードでは、先の事なんか分かりません。

つまり、

分からない事に対して…

それでも進むのがトレードなんです。


分からないのに進もうとするなら…

せめて自分がここだって思えるような…

そのポイントが来るまでは、

最低でも待ってみても良いのではないのでしょうか…


トレードとは、所詮確率の世界です。

つまり…

最終的には確率で挑むしかないのなら、

少しでも自分の中で高確立だと思えるポイントで勝負しましょう。

そうしないと…




肉じゃができてもしらねーよ♪


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

今はまだまとまってないけれど… 本日のFX取引結果

2009年10月22日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

昨日本屋に行きました。

ふと、懐かしいと思い図鑑を手に取ってみました。

(魚貝の図鑑)

サメはたまにウミガメを襲う事もあると書かれていました。

でも、まれにウミガメは、そういった時にワザと丸くなって

サメに飲み込まれてその後サメの腹の中から食い破って

出てくる事があるそうです。

ちなみに、ウミガメの好物にクラゲとあるのですが、

ウミガメは海に浮かんでいるコンビニ袋を

クラゲと間違えて食べてしまい

死んでしまう事が多々あるらしいです。

つまり、

コンビニ袋>サメです。

新しい発見ができて兎はまた一つ利口になりました
ってやかましいわ。

…トレードいくよ♪

(続きをお読み下さるその前に)

ちなみにタコはメチャメチャ神経質で、
ストレスが極限溜まると自分の足を食べちゃうんだって♪
でもタコ曰くあれ?今食ったの足かな?手じゃねーのって
またストレスで、もう一本酒の肴に食べますか♪
ってやかましいわ。

タコってバカかも(もしくは兎)…と思った方は   
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

…最近沢山押して下さってるんで嬉しいっす(^^♪あざっす!

では、

ここからは真面目モードでお送りしますね。

えー。

今日も、ほぼ昨日と考え方は同じです。

とりあえず見て下さいね♪

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

1022 ①

まずは、一目均衡表での状況ですが、

この時点では、ローソク足が雲の上で、

転換線をちょうど上抜くかなぁって状態でした。

という事は…

昨日も言いましたよね?

一目均衡表上だけではイマイチ?な場合は

ボリンも見て、その複合状況で考えよう♪って。

では、そのポイントを意識しつつ、

ボリン1時間足を見てみましょう。

○で囲った部分が見えますか?

コマ足陽線(赤)がT3-Moving Averageで反発して再上昇し始めてます。

で、5分足を見て下さい。

紫のラインで分かりますように、

なんとな~く右肩上がりですよね?

そう。

一目均衡表とボリン1時間足で大きな流れを判断したら

より細かい値動きの分かる5分足上での流れも確認し、

ここまでの流れで、具体的なエントリーを考えるのです。

兎の場合は、慣れているので

5分と1分足を同時に見て、5分足上の紫のラインのような

流れを頭に入れつつ、1分足では緑のライン的に流れを見て

黄色の○部分から分かるように反転するポイントってのも意識しつつ

ここで買いエントリーしています。

(ストップは1.5011)


結果

1022 ②

一旦○の部分で切ろうか迷ったんですけど、

1分ボリンの+1σをコマ足陰線(青)が明確に下抜かずに

再度急上昇したのでここは粘ったんですけど、

今度は+1σをコマ足陰線(青)が明確に下抜いたので

ここで決済しました。

+10pips

……

これは兎の独り言なんで聞き流して下さい…

兎のスキャルの場合ですと、

一目均衡表とボリン1時間足で見る全体の流れの判断から、

5分足上でのより細かい値動きの流れを見て、

エントリーの方向性を判断したら、

明確なトレンドが出ている場合の

アセンディング(ディセンディング)・トライアングル狙い以外の時は、

1分足上では、陽線で売り、陰線で買いを

意識した方が良いかもしれないよ…

…勿論大きな流れに対しては順張りならね。

以上。

聞き流してくれてOKの独り言でした。

今日は独り言ですけど…

もう少しこの件について、兎の中でまとまったら

皆様にきちんとご報告したいと思います。

また明日♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

おススメとおススメじゃないトレード。本日のFX取引結果

2009年10月21日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こにゃにゃちは。

兎の友達は天然パーマなんですけど、

今日初めて知ったんだよね…

ゴリラっているでしょ?

ゴリラって正式名称が、

ゴリラ・ゴリラなんだって。

びっくりだよね…






天パ全然関係ないし。

よし、トレードいってみよう♪

(続きをお読み下さるその前に)

しかも、

西 ローランドゴリラの正式名称はゴリラ・ゴリラ・ゴリラ。

こいつの正式名称考えた奴…
適当につけてないよね?やっつけ仕事か?と思った方は
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

真面目にいこう。

えっと、

今日はですね…

ある一つのトレードと言いますか、「流れ」の中でですね…

ちょっと上級者向けのポイントと、初心者向けのポイントがあったので

そこをご紹介したいと思います。

お勧めは勿論初心者向けの方なんですけど、

まぁとりあえずご覧下さいねっと♪

では、いきましょう。

まずは、一目均衡表での全体の流れの確認です。

1021 一目

ローソク足が雲の中ですよね…

でも、転換線の下にはなってきました。

正直、一目均衡表だけの状況では、

ローソク足が転換線の下にあるとはいえ、

イマイチ?な状況です。

では、こういった場合…

つまり、

一目均衡表上でイマイチ?な時はどうすれば良いのでしょう?

正解は…

他のチャートも見てみる。

なんですよ。

では、兎が使うもう一つのチャート、

ボリンジャーバンド君を見てみましょう。

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

1021 ①

もう兎のやり方は分かってますよね♪

そう、ボリンは1時間足の状況から順に

5分(&1分)を見るんでしたよね?

という訳で、1時間足から見てみましょう。

○で囲ったように、コマ足は陰線(青)で、

T3-Moving Averageの下ですから、ここ何時間の間では

下げ止まっているポイントがあるとはいえ、

一応は売り方有利って事です。

では、もう少し値動きの詳細が見えるように

1時間足よりも短い時間軸の5分足を見てみましょう。

黒いラインを引いた値段で下げ止まってはいますが、

紫のラインを見て頂くと良く分かりますように、

下げの流れが出てると思いませんか?

で、

本当は、この下げの流れを意識しつつ、

黒のラインの値段を下抜いた時に、

売りエントリーするのが良いのかもしれませんが、

最近の兎の思考はですね…

ちょっとそれとは違くなってきているんです。

まぁそこ(黒ラインの下抜き)も当然意識はしてるのですが、

でも…最近はこう考えるんです。

このトレードでいうならば…

中長期の流れ(兎なら主にボリン1時間足)は

一応この時点では売り有利ですよね?

(同じく中長期の流れを見る一目均衡表でも、
 ローソク足が雲の中ではありますが転換線の下だし)

で、もっと短い時間軸で値動きの詳細を見ても、

下げの流れは出てきてるんですよ…(特に5分足は分かりやすく)

下げ止まってるポイントは確かにありますけどね。

……

今までは…


…そうなんです。

ここで止まっちまうかもなぁ…

って事に、比重を置きすぎていた事に気付いちまったのです!!!


…そう。

違うんだよね…

……

もう一度チャート上で説明します。

結論、兎は1分足上のここで売りエントリーしました。

で、

兎的に越えたらマズイってポイントは、

スキャルの場合だと1分と5分足に引いた紫のラインです。

(という訳でストップは1.4928設定)

※ちなみにデイトレなら5分と1時間足に引いたオレンジのラインね

……

仮に紫のラインにかかったとしてマイナス幅はいくつでしょう?

そう。

大したマイナスじゃないですよね?

では、仮に上手く下がってきたとしたら、

まず初めに黒いラインで引いたポイントが抵抗帯になりますよね?

……

今までだったら、

「ここまでは下がってもここで下げ止まるんだろうなぁ」って

エントリーの時点で思ってしまい、

美味しくないなぁ…って見送っていたんですけど、

そうじゃないんですよね。

大事なのは、

「ここまでは下がって」の部分なんです。

意味分かりますか?

とりあえずそこまでは下がる確率が高くて、

仮にそこも簡単に下抜いたら…って事なんですよ。

つまりですね、

ぶっちゃけそこで止まったって全然良いんですよ。

だって…そこでちゃぶついたら、

同値撤退(もしくはちょい負け)

すれば良いだけだし、下抜いたらオイシイしってね…

しかも…

仮にストップにかかったって大した負けでもないんだし♪


という訳で、

小さい負けなら何度でも上等♪と、

ここ何カ月かで再認識した兎は、

ここでのエントリーでしたが、

初心者さんにはおススメできないと言いますか、

難しいですよね?

うん。それで全然OKです♪

だってね…

おススメしたいポイントってのは、このトレードじゃないですから。

なにせこっちは、初心者向けじゃないしね♪


その後…

1021 ②

…黒ライン下抜いたね。

(今までならここで入ってるし、リスク管理だけしっかりできているのなら
 ここで入る事は決して間違いではないとは思います)

で、

1021 ③

1分足の○を見て下さい…

あの形になりそうじゃないですか?…

【トレード2】

1021 ④

はい、来た♪

順張りの王道…

ディセンディング・トライアングル♪

(※ちなみに上昇の時はアセンディング・トライアングルね)

ここで追撃の売りエントリー。

この瞬間はストップを設定しませんでした。

(本当はダメですから真似しないように)

……

そうです。

……

初心者さんは…


兎が初めにエントリーしたポイントでも、

黒ラインを下抜いた瞬間でもなく、

ここで入りましょう。

そう。

1分足の三角形が見えますよね?

黒ラインをブレイクし、その後明確な下げの流れの中での

ディセンディング・トライアングル狙いです。

要するに、

ブレイクアウトの瞬間狙いではなく、そこからちょっと待て。

って事です。

ちなみに、とりあえずの目安となる利食い目標は

1時間足の水色の○を見て頂くと分かるように

1時間ボリンの下バンド(-2σ)タッチです。

結果

1021 ⑤

先程言いましたように、

1時間ボリンのほぼ下バンド(-2σ)付近までいったので、

その後の値動きの様子を見ていたのですが、

1分足で、コマ足陰線(青)がコマ足陽線(赤)に変わり、

1分ボリンのー1σを明確に上抜いたので、

下げの勢いがなくなってきたと判断し、

ここで全て決済しました。

+25pips&②+11pips


明確な流れがあるの中での、

ディセンディング(アセンディング)・トライアングル狙いは

本当におススメですからぜひ覚えて下さいね♪


ではまた明日♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

未来が見える?本日のFX取引結果

2009年10月20日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんちゃ。

昔ブログ内で書いたんですが、

相場における直感と日常生活における直感はちょいと違う

ってお話を覚えている人はいますでしょうか?

最近、あの大谷氏(兎の残念な友人)が、

兎にFXをやってみたいかも♪なんて言い出したのです。

……

「俺もちょっとやってみようかなFX」

兎「何?急に」

「いや、俺さ、良く考えるとカンが鋭いんだよね」

兎「…相場ってカン…まぁいいや」(大谷の勢いが凄すぎて断念)

「だってさー、昨日も借りて来たDVD見てたらよ」

チョイ役「…俺、パパになるんだ」

って言った瞬間





こいつ死ぬなって分かったし。

兎「…俺にはお前が死ぬのも見えるよ」


あと、夜の海とかでしょぼい男と女がイチャついてても死ぬね。

ホラー映画だと特に。(大谷氏談)

…驚愕の展開。さすが全米14679位(お○ぎ氏談)

その順位を調べた奴の方が凄い。(兎氏談)



生き急ぐな若者よ(特に大谷は)♪

よし、トレード紹介いくぜ♪

(続きをお読み下さるその前に)

「これが終わったら…俺足洗ってあいつと暮らすんだ」も死ぬ。

思った方はぜひ (おぉ上がってるね(^^♪あざっす)   
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

今日は、ちょい前の【部下との会話】内でも言っていた、

最近のスキャルでは、もはや陽線で買う事さえも?な気がしてる

っていう意味はこうだから…って内容かなぁ…

あのね、勿論アセンディング(ディセンディング)・トライアングル

狙いでは陽線で買いだし、陰線で売りですよ。

(これはスキャにおける順張りの王道ですからね)

まぁとりあえず見ておくんなまし♪

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

1020 ①

まずは、大前提として

大きな流れに対しては勿論順張りです。

ですから、

まずはその大きな流れを見る為に一目均衡表とボリン1時間足を見ます。

ご覧のように、

ボリン1時間足ではコマ足は陽線(赤)ですし、

T3-Moving Averageの上でもありますよね?

しかも、紫のラインを見れば分かりますように上昇しています。

では、こちらもご覧下さい。

1020 一目

ローソク足が雲と転換線の上にありますし、

○内で頭打ちしているとはいえ転換線で反発しました。

以上の理由で、ボリン1時間足と一目均衡表を使って見る

大きな流れの判断では「買い方有利」となる訳です。

で、

その意識を頭に入れつつ、

買いで入るタイミングを狙うのですが、

兎のやり方(今回はスキャル)では、

主にボリン1時間足と一目均衡表で大きな流れを見て、

ボリン5分足と1分足の状況で具体的なエントリーの位置を決めます。

(1分足の動きについていけない方は5分足のみでもOK)

兎は5分足も1分足も、同時に見る事に慣れてますので

兎のやり方でご説明してしまいますけど、

できるだけ簡単に説明してみますね。

では、1分足を見て下さい。

○で囲った部分が見えますか?

上下にちゃぶついてますよね?

もうちょっと詳しく言いますと○内ではコマ足陰線(青)が、

ボリン下バンド(-2σ)タッチで反転上昇していますよね?

つまり、

大きな流れは買いですから、その流れに順張りするべく

具体的にエントリーをする為に見てる

1分足(より値動きの変化が細かく見える時間軸って事)で、

○で囲った部分のような動きをしたら…

…つまり、

大きな流れに対して順張りになるのは大前提で、

「このポイントで下げ止まったな」ってやつが、

短い時間軸内で出てきたら、

絶対的なストップを置く位置をまず考えて、

そこにかかった場合のマイナスが自分の許容範囲内であるならば

そこでエントリーしてみるのです。

(ちなみに5分足でいいますと上の赤○の部分とかで買うとかですね)

逆張りとは、

どこで反転するかなんか所詮分からないので、

こういった感じで、

マイナスになった場合のリスク管理を優先させて、

何回でもチャレンジするしかないんですよ。

本当は、5分足と1分足に引いたライン近くまでいって、

そこら辺で値動きが○内みたいな感じになって、

反転上昇か?って感じになった時がベストなんですけどね…


まぁ…そんな感じで、

ここで買いエントリーの、

ストップは勿論ラインのちょい下の1.4952設定。

結果

1020 ②

エントリーした時に○で囲った部分内で

上げ止まった感じがしたのでここで逃げました。

(+ですが)兎的同値撤退

スキャルでは、

このように何回か繰り返し値動きが止まってしまうポイントが

出てきた時は、逃げようか続けようか迷いませんか?

経験を積めばその時の総合判断+自分のカンで

そういった場合での判断の精度が上がってくるのですが、

まだそういったものがないという人は、

逃げる方を選んだ方が兎は良いと思います。


ちなみにその後…

1020 ③

理由はさっきと同じだよ♪

ストップもね♪

結果

1020 ④

兎の一つの目標でもある+10pips越えだし、

5分足の横長な○を見ましても妥当なポイントだと思い

ここで決済です。

+12pips


ね?

いつかは良い事あるでしょ♪

そりゃ1回目でこうなりゃ良かったけど、

…そんなもんは分かる訳ないんだから♪


リスク管理をまずは考え、

それがきっちりできたなら、

自分がイケると思った時は何度でもチャレンジする事。


トレードとはそういうものです。

ではまた明日♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

第10回【からくりサーカス】~やさしいデイトレのはじめ方~

2009年10月19日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

 【からくりサーカス】
~やさしいデイトレのはじめ方~


第10回 知ってる人にはつまらないけど注文方法♪

それでは始めます。

~まず初めに~

これから何度でも言いますが、

【からくりサーカス】は初心者さんを対象として、

兎の独断と偏見で進めていますので言い切ってしまいます。

その点はご了承下さいませ。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

さて、当【からくりサーカス】も10回目となってきましたし、

前回、前々回と、ほんのちょっとだけでしたけど、

ファンダメンタルズの事にも触れました。

基本的なやり方や、(「流れ」を見て「流れを掴む」etc)

資金管理の重要性(無敗…のお話)等々…

兎が考えるデイトレというものの概要は、

大体お分かり頂けたのではないでしょうか?

あとはなんだろ?

…そうだ。

(ホントつまらない内容かもしれませんが
 これは書いておかないといけないんだ)

本当の初心者さん以外の方は、

皆さん当たり前の如くご存じかも知れないですが、

(それでも手抜きをして飛ばせない事と言いますか…)

実戦で必ず使う事があるので、

その部分をきちんとご説明しなければなりませんねぇ…

という訳で、今回は

デイトレで使う注文方法についてのお話をします。

(初心者さん以外はスルーしてもらっても構いません)


まず、兎は元々スキャルメインのスキャルパーってやつですから、

スキャルの時は、エントリーは全て成行(成り行き)注文です。

しかも、スキャルの時のトレードでは最初から最後まで

チャート画面から基本的には目を離しません。

で、

その後に、ストップだけ設定してリミット設定はしません。

(たまにストップを差さない時もある。注※これはホントはダメね)

でも、

デイトレの場合は、その都度違う注文方法を取る時もあるのです。

しかも、

エントリーした後でチャートをあまり見ない場合も中にはあります。

では、ご参考までに

兎のデイトレでの取引スタイルをご紹介します。

まず一番多いのが、

●スキャルと同じくエントリーは成り行き。
 ストップはエントリーと同時に必ず設定。
 リミットは置かない。
 チャート画面は基本見続けてる。


で、

●スキャルと同じくエントリーは成り行き。
 ストップはエントリーと同時に必ず設定。
 リミットは置かない。
 で…
 良い感じで含み益になってきたけど…
 ちょっと用事があって出かける。や、
 その後あんまり動かないからちょっとほっておく。
 等の時に、初めに出したストップ設定を
 【建値】に数字変更だけする。


や、

●スキャルと同じくエントリーは成り行き。
 ストップはエントリーと同時に必ず設定。
 リミットは置かない。
 で…
 良い感じで含み益になってきたけど…
 ちょっと用事があって出かける。や、
 その後あんまり動かないからちょっとほっておく。
 等の時に、初めに出したストップ設定を
 【トレーリングストップ】設定に変更。


や、

●スキャルと同じくエントリーは成り行き。
 ストップはエントリーと同時に必ず設定。
 リミットは置かない。
 で、その後…
 ちょっと用事があって出かける。や、
 その他の理由でチャート画面が見れない時は
 【OCO】設定に変更。

 

等です。


つまり、

兎のデイトレに共通して言える事は、

エントリーは、必ず自分の目で、
その時の「相場の流れ」を見ながら成り行きで入る事と、
エントリーと同時にストップは絶対に設定し、
必ずリスク管理をしておく事が必須ではありますが、
その後の状況により、
ストップに関する設定を変える事は多々ある。


という事です。

ちなみに、

【建値ストップ】とは、

エントリーした値段にストップの位置をずらすという事です。

(こうしておけば最悪でも損はしない)

【トレーリングストップ】とは(トレイリングストップというところもある)

取引しているポジションが含み益になった時に、

利益は確保しつつ、利益幅を伸ばす為に

ストップ注文を徐々に動かしていくという事です。

例えば、

100円ちょうどでドル/円を1万通貨買い注文を入れて、

102円になったとします。

この時点で既に2万円の含み益ですが、

もっと上昇すればもっと儲けが増えますよね?

ですから、利益を確保しつつ更に上昇するだろうと狙いたい場合は、

ストップを101円にしておけば、最低でも1万円の利益は確保しつつ、

上昇を狙えるという訳です。

つまり、102円になったら、101円にストップを置き、

103円になったら、102円にストップを置く…こんな感じですね。


【OCO】とは、2つの相反する注文を同時に出すものです。

つまり、

一方の注文が約定したら、

もう一方の注文はキャンセルされるという条件の注文って事です。

例えば、

100円ちょうどでドル/円を1万通貨買った時に、

101円になったら利食いたいから、101円で利食いの決済注文。

でも、99円になった場合の時はそこで損切りしたいから

99円になったら損切りの決済注文を出すという感じです。

つまり、この場合101円になったら1万円プラスで終わって、

99円になったら1万円マイナスで終わったとなるのです。

……

兎は専業トレーダーではないのですが、

本業がですね、ちょっと特殊な関係上、

おそらく普通にお仕事等されてる方々より自由な時間が沢山あります。

ですから、

兎のトレードというものは、

こういった、「基本張り付き型」っていう感じでできるのですが、

皆さんはこんな形ではなかなかできませんよね?

うん。それが当たり前ですよ。(兎が特殊環境なんです)

えっと、確認の為言っておきますが、

【からくりサーカス】の最終形態は、

基本的な考え方ややり方等を、まずはブログ内で一通りご説明し、

それが終わったら、メルマガによって、

兎のガチデイトレの様子を皆様にお届けする…

(リアルタイムのエントリーやエグジットの数字配信)

というものです。

ですから、もう単純に楽がしたかったらその数字の精度を

ご自身できちんと確認した上ですが、それが信用できると思ったら

その数字のまま便乗すれば良いだけですよね?

でも、

メールが来ました。

…【仕事中】

とかって場合もあるじゃないですか?

ですから、

そういった方々は、

携帯で注文できるようにはしておいた方が良いですよ♪

という訳で、

今回ご紹介したような色々な注文方法がありますが、

兎は今のところ、【IFD】や【IFDO】などはほとんど使ってません。

なぜなら、

兎は、実際にトレードをしようと思い、

パソコンを開いた時の状況…

つまり、自分で実際にリアルタイムで見た

「相場の流れ」を重要視しているからです。

ですから、

今後こうなりそうだからこの時点までいったら注文を発動させよう

という考えが兎の中にないのですね…

(まぁ今のところはですけど…)


兎はちょっとの時間もチャートが見られない時や、

エントリーする時にはもう既に、

その後の全ての予定がすぐ組めないというか…

見えてこないような時のトレードは、

ハッキリ言ってすべきではないと思っています。

しかも、

デイトレでは特になんですが、

エントリーすると同時に作業のほぼ全ては終わった…

と言っても過言ではないとも思っています。

(いったん置いたストップを、損切りしたくないが為に
 ずらすような事などは絶対にしませんが、
 それ以外のストップに関しては、
 今回お話ししたように変わる場合や、
 いきなりの「相場の流れ」の変化等によって、
 それに対応する動き等の場合は
 勿論対応するが如く動く時もありますけどね)

後は、刻々と変わる「相場の流れ」の変化に対して

柔軟かつ経験を生かした対応をその都度微調整してあげる位なのです。

なんだろう…

エントリーする=その時点で自分にできる事はすべて終了。

…兎の中ではエントリーするって事はこんな感じなんで、

目の前での値動きを、ある程度の時間をかけて

じっくりと見た上での判断じゃないと、

まだちょっと不安と言いますか…

その重い決断が(よし、エントリーするという)

下せないのかもしれませんね…

(修行が足りませんね)

今回は、

兎が主に使う注文方法としましていくつかご紹介しましたが、

ご自身の取引スタイルに合う、

使える注文方法ってやつはありそうでしたか?


本当に皆さんに覚えて頂きたいのは、

最低でも、エントリーしようと自分で思える位の時間はチャートを見て、

自分自身納得したエントリーをした上での、

その後のほったらかしは(注文等でヘルプしてあげれば)OKってやつです。

でも、

兎のように、「基本張り付き型」でできない方や、

その人なりの生活スタイル等ございますので、

それに合う注文方法等を各自探しておきましょう。


~次回をお楽しみに~

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

第9回 【からくりサーカス】~やさしいデイトレのはじめ方~

2009年10月18日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

 【からくりサーカス】
~やさしいデイトレのはじめ方~


第9回 ちょこっとファンダメンタルズ~その2~

それでは始めます。

~まず初めに~

これから何度でも言いますが、

【からくりサーカス】は初心者さんを対象として、

兎の独断と偏見で進めていますので言い切ってしまいます。

その点はご了承下さいませ。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

前回、

ちょこっとファンダメンタルズ~その1~として、

為替取引における基本的なセオリーをご紹介しましたが、

皆さん覚えましたか?

(覚えてない方は、もう一度ちょこっとファンダメンタルズ~その1~

今回は、

そういったセオリーを理解したと前提した上で、

それらを実戦的に使うには…というお話をします。

まず、

前回出てきた通貨ペアを思い出して下さい。

その中でも、

●米ドル●ユーロ●ポンド●円

この4つに絞ります。

理由はですね、

短期売買というものは、基本的には頻繁に取引を繰り返すので、

スプレッドが大きく開いている通貨ペアや、流動性が乏しい通貨は

投資対象から外すべきだからです。

※ちなみに流動性とは

(通貨が売買しやすいか?しにくいかを表す言葉。
 頻繁に売買が成立している通貨じゃないと、値動きが不規則になりやすく
 スプレッドも広くなりがちになる)


つまり、この時点でもう既に、いわゆるトータルコストの削減という

短期取引における、どんな初心者でも自分自身でできる

一つの対策を施しているのです。

大げさに言えば…こういった事が、

「誰にでもできる必勝法の一つである」と、言えなくもないのですから…

ちなみに、ポンドのスプレッドというものは、

(一昔前なら特にですが)メチャクチャ狭い訳でもないのですが

この通貨っていうのはですね…基本値動きが荒いので、

「まぁ良くも悪くもすぐ動くから良いか」って感じですねぇ…

(この辺はいわゆる各自の割り切りって部分です)

しかも最近では、

もの凄く狭い幅で提供している会社さんも増えてきましたので、

そういった会社さんを使うのであれば十分合格ラインですしね。

(まぁ良く動く分逆行した場合の恐怖もそりゃ凄いですけどね)

という訳なんですけど、

ちょっとここでお話を前回に戻しましょう。

前回も言いましたが、

世界の3大通貨は米ドル、ユーロ、円でしたよね?

で、ユーロと英ポンドは似た動きをするとも言いましたよね?

つまり、

今挙げたその4つの中でも、

【米ドル、ユーロ(orポンド)、円】

という3点セットで考えられるという事はお分かり頂けますか?

……

そう。

……

これが今日の本題でもある、

ファンダメンタルズ的なセオリーを実戦で使うテクニックなのです。


まず、根本的にはチャート状況での判断によって

売買しようとする通貨ペアを決めるのは大前提ではあるのですが、

それ+通貨間の強弱関係を取り入れた方が確率が上がる。

という事なんです。

では、具体的に例を出しましょう。

そうですね…

あなたは実際にトレードをやろうとパソコンを開きました。

パソコンが壊れていてトレードできませんでした。

おわり。

…ごめん、真面目にやる。

…開きました。

今回登場した通貨ペアの中から、

何個かチャートの形が良さそうなのがあるとします。

ちなみに候補は「ドル/円」、「ユーロ/ドル」、「ユーロ/円」だとしましょう。

で、

その中でもあなたは、

なんとな~くではあるのですが、

「ドル/円」での取引をしようかなぁ…と思っているとします。

(しかもこの場合は下降していきそうという事にします)

あなたは、「ドル/円」でデイトレをしようとしますが、

ファンダメンタルズ的な知識やテクニックを全く知らない人は

そのままチャートの形のみで「ドル/円」を売ろうと思いますよね?

で、

ここで登場するのが、

実戦で使えるファンダメンタルズの知識というかテクニックなんですよ。

えっと、

まず「ドル/円」のチャートを見るのは共通ですが、

(そういったものを知っていようが知っていまいが)

それ+「ユーロ/ドル」や「ユーロ/円」をこう見るのです…



仮に、「ドル/円」が順調に下落している中で、

「ユーロ/ドル」は上昇していたとしたならば、

【ドル】は、【円】に対しても、【ユーロ】に対しても

弱い。という事になります。

つまり、このどちらかって事です。

●円>ユーロ>ドル
or
●ユーロ>円>ドル


以上のように、どっちにしろビリは【ドル】に決定しましたが、

では、【円】と【ユーロ】どっちの方がより強いのでしょう?

そうです。

「ユーロ/円」のチャートを見るのです。

でも、ここで一つ注意点を言っておきますね。

今回はできるだけ分かりやすく説明しようと思った為、

前回言いましたセオリーを無視して、

めったにない通貨間の動きにしてしまいましたので、

その点はご了承下さいね。

※~ちなみにセオリーでは~

●円はドルに似た動きをする。

【例】

ドルがユーロに対して強いと、
円もユーロに対して強くなる事が多い。

ドルがユーロに対して弱いのに、
円がユーロに対して強くなる事はあまりない。

つまり、

ユーロ/ドルが上昇(下落)する時は
ユーロ/円も上昇(下落)する事が多く、

ユーロ/ドルが下落(上昇)しているのに
ユーロ/円は上昇(下落)する事は珍しい。

となる。

ですからね。

という訳でして(分かりやすくしてしまいますけど)

仮に「ユーロ/円」も下降しているのならば、

その時点で答えが出ますよね?

答えは、

●円>ユーロ>ドル

です。

つまり…

この3つの中で最強は【円】で、最弱が【ドル】という事になりますから、

下降しているというトレンドの変化がない限りは、

「ドル/円」の売り。で勝負する事が

最も確率的には高いという事が言えるのです。

ちなみにもう一つ例を挙げておきますね♪

先程と同じく、「ドル/円」が下降していて、

今度は「ユーロ/ドル」も下降しているとしたらどうでしょう?

この場合は…

「ドル/円」の下落という事で、

●円>ドル となり、

「ユーロ/ドル」の下落という事は、必然的に…

●円>ドル>ユーロ となる訳で、

最強は【円】最弱は【ユーロ】という事になりますので、


答えは…

「ドル/円」を売るよりも 「ユーロ/円」を売り。

の方が勝てる確率的には高い。

という事が言えるのです。

最後にまとめましょう。

前回も言いましたが、

さまざまな金融商品がある中で、モノの絶対的な価値ではなく、

相対的な通貨の強弱関係で値段の高い安いを比較するのは

為替取引だけです。

元々通貨の値段というものは、

単純に比べる2つの通貨の関係性ではなく、

沢山の通貨の絡み合いによって揺れ動いているのです。

でも…

だからといって、

全部の通貨を見るなんて事はとてもじゃないけどできません。

ですが…

今後、自分がトレードという世界で生きて行こうとするならば、

自分が扱う通貨や、通貨ペアを限定してしまい、

しかも、その限定した通貨ペア…

例えば「ドル/円」にプラスα「ユーロ/ドル」と「ユーロ/円」を

ホント単純でも良いので、

上がってるなぁとか下がってるなぁとか動いてないなぁとか

チェックする位はできそうな気がしませんか?

……

つまり、

本当に超短時間でやるスキャルのようではない、

いわゆる一般的なデイトレのような短期売買をやるには、

通貨ペアになっている2つの通貨にもう1つ足して

3つの通貨間の強弱関係から得られるファンダメンタルズ的情報を

チャート上から得られる情報(レンジ状態だとか、ブレイクアウトしたとかetc)

に補足的で良いので足してあげる事が、

兎的ファンダメンタルズの実戦的な使い方になります。

通貨はスプレッド等も考慮して
●米ドル●ユーロ●ポンド●円この4つに絞る。


通貨は【米ドル、ユーロ(orポンド)、円】
と、3つをまとめて見る(考える)


そのまとめた中での通貨間の強弱を比べてみる。

軸は勿論チャートではあります。

ファンダメンタルズかチャートのどちらかを選べと言われるのならば、

そりゃ迷わずにチャートを選びます。

だけど+こういったファンダメンタルズ的な事によって得られるものも

補足的に使う事によって更に、

トレードというもので勝てる確率は高くなる可能性があるのです。


覚えておいても決して損はないお話だと思います…

~次回もお楽しみに~

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

部下との会話。

2009年10月17日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

昨日は、本業とトレードのタイミングが合わなかったし、

(ここは良いなって時は本業中)

兎が見ていた時間帯の値動きは?な感じがしたのでノートレードでした。

って訳で、

(トレード解説がないので)

今日は、兎がトレードに対して思ってる色々な事を

独り言のように言いたいと思います。

(続きをお読み下さるその前に)

左を見ろ→                         こっちは右だぜ♪


引っかかった方は
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング


今日のお話は、

もしかしたら理解できない人だらけかもしれません。

でも、

分かる人には分かるかもしれません。

何個か分かって何個か分からないかもしれません。

あくまで独り言として聞いて下さい。

…おそらく本には載ってない事と言いますか、

真逆な事を言うかもしれませんからね……

ではいきますか。

※今回はホント独り言的に書いてしまいますので
 読みずらいかもしれませんが、そこはすいません
  <(_ _)>

【最近兎の部下にトレードを教えているのですが、
 そういった時に正直思った事です】

兎がその時に、部下に言った言葉ほとんどそのまま書きますね。

……

ぶっちゃけ、負け続けても諦めないで頑張れるって人以外は

トレードなんかやめた方が良いよ。

もっと言えば、「これから2年負け続けても平気?」

って聞いて、「大丈夫です!」って即答した人もたぶんダメだね。

「…そんなに辛いんですか」

「…正直そうなりたくはないです。
でもやってみたいというか、そういう気持ちが消えません」

これで初めて「見込みあり」って感じ。

だってね、即答できるってさー

これね、本当に負けてないから即答できるんだよ。

お前はさ、俺がクソ負けしていた時期の事全部聞いたじゃん?

マジで酷かったろ?

凄すぎて詳細全部なんか誰にでもなんて絶対に言えないもん。

普通の奴なら死んでてもおかしくない位弱ってたしな。

実際ちょっと鬱入ってた気もするし…

でもまぁ元の性格がこんなだし、

本当にたまたまスッて、…これイケるかも…とか、

トレードってやつの真理はこうなのか!的なものが、

ある日突然雷に打たれた如く理解できたから

今生き延びられてるけど、

そんなもん、ホントたまたまかもしれないし、

そういった光が射さない人だっていると思うしね…

俺は元々神様とか結構信じてないタイプなんだけど、

あの時は…ちょっといるかもって思った位だったもん。

でも、死にかけてんのに諦めないでメチャクチャ足掻いてたから

神様の気まぐれでそうなったのかもしれないよなぁ。

神様、神様って最初から頼りっぱなしの奴には見向きもしないけど、

…そんなもんいねえ。だから自分で何とかすんぞ!って奴には、

「おっ見込みある奴じゃの、では」って感じじゃねーの?

(ちょっと話が明後日の方向に行ったけど…)

トレードってさ、

徐々に分かっていく事もあるかもしれないけど、

本当に昨日まで分からなかった事が何かのきっかけで

いきなり分かるんだよ。

あっ、勿論継続していた奴のみだけどね。

そのきっかけが何かってのは、その人それぞれ違うんだろうけどね。

で、

そこを得てからまた上乗せの如く、

あれもそうだったのか…これか…って感じで徐々に分かるんだよね。

つまり、

普通最初は当然負けるよ。

ビギナーズラック的には勝てたとしてもね。

特にお前みたいに隣で教えてくれる人もいない人なんか、

絶対と言って良いほどね。

だって、相場ってそういう風にできてんだもん。

赤信号になったから「はい、止まりますよ」って

小さい頃から教えられてきたような、

いわゆるまともな人間のほとんど全てが

負けるようになってんだからね。

まぁこの意味は徐々に教えるし、だんだん分かっていくと思うけどね。


……とにかく、

相場やトレードはマジで甘くないって事。

これは本当に分かった方が良いよ。

でも、

矛盾してるかもしれないけど、

一旦、勝てるようになっちゃうと、

言い方はカッコつけてるし傲慢かもしれないけど、

「トレードって実は簡単じゃね?」ってなるんだよ。

今普通に勝ってる人達って、

結構皆、「トレードは簡単」って言ってると思うよ。

まぁ表向きは言わないと思うけどね。

でもね、

勘違いして欲しくないんだけど、

「トレードは簡単」って言ってるだけであって、

「簡単に勝てる」とは言ってないし、

なんて言うのかな‥

勝敗を越えた部分の事を言ってる訳よ。

つまり、沢山の手法やインジゲーターをいじくり倒したり、

複雑な事なんか、結局はいらないんだって事だよ。

そんなもん自分がこれって決めたもの2,3個ありゃ

それを使い続けりゃOKだし。

元々答えなんかない相場ってもんで、

複雑に考えすぎても仕方ないんだよ。

しかも、

複雑にしすぎると、いざという時だいたい身軽に動けないよね。

特にスキャルっていうような短期売買って

良くも悪くも大前提身軽じゃなきゃダメなんだよねぇ。

ここ!って時に、でもあっちのインジゲーターはOKだけど、

このインジゲーターが上向いてないから…

なんてやってるようじゃスキャルでは遅すぎって話だし。

バイオハザードでいえば、

たとえナイフ1本しか武器がなくても、

自分のコントローラー捌きでヒット&アウェイ連発しーの、

それ使いながら敵をバンバンなぎ倒せるスキルを俺は持ってる

って自負がある奴の方が強い!みたいなもんで

このピストルは重いけど威力が‥あっ噛みつかれた場合の

薬草も…弾の補充も大丈夫…

…なんてやってるようじゃ勝てねーって。

もっと強力な武器…強力な準備…

そんな事考える暇があるなら

もっとコントローラー捌きを鍛えた方が良いよ…

って話だね。


しかも、今日初めてと言って良いかなぁ…

かなりの時間マンツーで教えて、

自分の中で明確に、

ピンボケじゃない心理ってやつが見えたろ?

ほら、さっきも言ってたじゃん?

デモで幾らやっても、ホント意味ない事が、

メチャメチャ身に沁みたってさ?

あと、

利食いを早くしたくなっちゃう気持ちと、

損失は戻ってきて欲しいって願っちまう気持ちが

どうしても出てきて切りたくないっていうのも良く分かったろ?

これもデモじゃ絶対に分からないからね。

だから、なっ?

できれば慣れるまでチャート画面あんま見んなって言ったんだぜ?

見ないのもまた不安って気持ちは分かるけどね。

でも、1000通貨単位なら見なくても全く怖くないだろ?

ぶっちゃけ1000通貨で何時間単位でやるデイトレなんか

ほとんど見てなくても良いんだよ。

(損切りありバージョンの場合はストップは必須だけど)

トレードなんてさ、

最終的には色々な恐怖との戦いでしかないんだぜ。

例えばさ、俺らがどんなに喧嘩強くたって、

命がなくなっても構わない!って腹括った奴には

勝てない…か、…勝ったとしても、

もうちょっとで死ぬレベルの大ダメージを食らうよ。

つまりね、

何事も本気で腹括れる奴ってのは強いんだよ。

だから、

トレードを難しくしてる元凶でもある「恐怖」に勝ちてーなら

虫の良い事言ってちゃダメだぜ?

基本楽して、できれば寝ながら早く大金を稼ぎたいし…

…こんな奴は死んだ方が良いっていうか死ぬさ。



値動きの上下が怖いなら、ロットを下げろ。

どっちに動くか分からなくて怖いならやるな。

もしくは、

それでも自分は早く大金を稼ぎたいから、

資金が全部なくなったら、寝ずにタネ銭をバイトでも何でもして

もう一回稼いでくるから、(極論何度でも)

俺はハイレバで行くとか。(勿論ストップはタイトに設定するけど)



腹を括るんだよ。

うん。

……

あとはそうだなぁ…

これはあんまり言いたくないし、

今のお前じゃ言ってる意味分かんないと思うけど、

俺がやってるような1分スキャルとかじゃ、

もはや、陽線で買う事も違うとさえ思ってるからね。

(全部が全部って訳じゃないけど)

まぁもっとレベルが上がったら後で徐々に教えてやるけどね。

でも、

今日教えたようなデイトレなら、何しろ常に「流れ」と心中だし。

スイングはまぁどっちもありだね。

その人なりの流儀ってやつ?

俺が実際にスイングやるなら

底?や天井か?ってポイントだと思えるタイミングが

自分の中で来た時だけ、

例えばここが底かも?って時は

逆張り&タイトな損切り(逆行したら)の繰り返しで、

綿密な資金管理の基に自分の許容範囲の中で

食い下がるやり方しかやんないと思うし、

底打ったかも?っていうならそのまま上げてく方に

今度は順張り&タイトな損切り(逆行したら)の繰り返しで、

綿密な資金管理の基に自分の許容範囲の中で

連いて行こうとするやり方しかやんないと思うしね。

だって、天底なんて誰にも分んないんだから…

まぁ、

スイングでも何でも良いんだけど、

基本、トレードで自分ができる事なんか、

負けた時の、自分で妥協できる損失具合を考えながら、

自分でここって思えるタイミングの時に、

自分の中のちっぽけな勇気をその瞬間振り絞れるように、

自分の中の「恐怖」の元となる原因を全て取り払いつつ、

勇気を持って何回もチャレンジする事しかできないんだよ。


……

もうそろそろ終わりの時間だ。


今日の授業はこの辺で終わりだね。


じゃ、お疲れ~♪

……

兎は、

面と向かって「トレードって簡単ですか?」

とか聞かれたら、

「簡単ならみんな億万長者だよね♪」

って言ってます。


でも、

きちんと教えてくれる人がいて、

そのやり方に、

【自分自身にとっての正解】

に向けての何かヒントになる事や参考になる部分があって、

しかも、


「…自分もトレードをしてみたい」

という…つまりは最初から、

「今は苦しいけど」

という時も諦めないような…いわゆる最後まで、

その人が本気で腹を括れていれば…

……

いつか必ず勝てるとは本気で思っています。



今週も皆様トレードお疲れ様でした。

良い週末を♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

期待して良い?と思いまする。 本日のFX取引結果

2009年10月16日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

昨日ね……

金を取られました。

…しかも情けない事に…

徐々に追い詰められてです。

「ほら、金だせって」

兎「…」




まっ将棋の話だけどね♪

兎「でも…ここに桂馬っと♪」

「それちょっと待って!!」

I LOVE 将棋。

よし、トレード紹介いっちゃおう♪

(続きをお読み下さるその前に)

またちょっと下がったね!
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

あっそうだ。

昨日久しぶりにアクセス解析してみたんですよ…

沢山の方が見には来て下さっているんですけど、

(ホントありがとうございます!)

やっぱ、世間は厳しいすね♪

ぶっちゃけそういうもんだと分かってはいましたが、

本当に見に来て下さっている方の大体10人に一人しか

応援ポチしてくれないんですね(笑)

……

もっと頑張りますので、

記事内容や中身が良かった時は応援して下さいね♪

まぁ兎が思うに、

簡単ってとかやさしいってタイトルで言いつつ、

説明に使っている言葉が、

ちんぷんかんぷんな方が多いかもしれませんね。

(ごめんなさい<(_ _)>)

しかも、

スキャルはちょっと難しいって方も多いかもしれませんし…

という訳で、

今兎が考えている事はですね、

【本当にあなたでもできるやさしいデイトレ】って感じの

一連の流れとしまして、

【ひとりでできるもん】をまず見る。
        ↓
【からくりサーカス】も見る。
        ↓
メルマガ&デイトレバージョンのトレード解説をもっと増やす。

って感じで、

ブログ内における「デイトレ」の比重を、

もうちょっと上げて行こうかなぁ…と思っています。

だって…

今ですね、

兎の本業の部下にトレードを教えているんですが、

(まだホントにど素人です!)

昨日一緒にユロ/円でデイトレやったんですけど、

昨日彼は5回やって全勝でしたからね。

まぁ…エントリーはここ!って兎が何回かは指示しちゃいましたけど、

2回は全くの自力でしたし、

しかも、彼に教えているのは(儲けも勿論小さいですが)

何しろ損切りしないバージョンなんで、負けようもないんですけどね。

損切りしないって事はリスク:リワードの比率も無視できるし、

リミットだけ差して後はほとんどほったらかしだから

まぁメチャメチャ簡単だしね。

あのやり方で+エントリーの精度があれば無敵でしょうなぁ…

(後で皆さんにも教えるよ♪(本当)もっと応援してくれたらね(嘘))

えっと、

つまりですね…

兎の部下のお話をさせてもらったのは、

やっぱりほったらかしにある程度できるデイトレの方が、

(損切りするバージョンだとしてもね)

本当に上手くトレードできない人にとっては、

スキャルより全然簡単かもなぁ…とホント実感したんですよ。

まぁ…という訳なんで、

今後は、

もっと初心者さんにやさしいブログを目指して、

本当に誰でもできるデイトレにも力を入れつつ頑張っていきますね♪

よし。

では、トレードにいきましょう。

という訳なんで、

今日はですね…

教えていた関係もあったのですが、(珍しく)ユロ/円です!

これはですね…

(勿論教えていた途中に一緒にやったからではあるのですが本音では)

デイトレをこれからメルマガとかでやっていくじゃないですか?

それでですね…

…ユロ/円がなかなかに良いんですよ♪

(だから、デイトレの為にそれを実際に試しているって感じっす)

一応デイトレではポンドメインでは考えているっちゃいるんですけど、

もしかしたら、

トータルバランスではユロ/円の方が良いかもしれませんねぇ…

スプレッドや(これからずっとトレードしていくと考えるならば

少しでも狭い通貨ペアの方がそりゃあ良い。ちりも積もればなんとやら♪)

ボラティリティの具合(ポンドみたいに大暴れではないけど

そこそこ良い感じで値が動く)とか考えてもね。

しかも、チャートにわりかし素直な印象も受けるし…

(これ、かなり重要)

あとはね…ポンド/ドルも良いかもしれないっす。

まぁ、実際に

ポンド/円、ポンド/ドル、ユロ/円を何回もやって

それで決めれば良いか♪


ユロ/円 左から 1分、5分、1時間足です。

1015 ①

ここで買い。

まぁぶっちゃけどこをどうみても買いだったしね。

(一目均衡表でも各時間足のボリンでも)

しかも、デイトレ教え途中だったし、

一瞬で抜くガチスキャルって訳でもないから、

そこまで詳しく説明しなくても良いのですが、

1分足のラインを越えるよりも5分足のボリンブレイクで、

バンドウォーク的動きをしたのを確認してから入ったと。


(ちょうどこの時はデイトレってものを教えながら、
 この展開なら極論そこまでエントリーに気を使わなくても
 粘ってるだけで、結局はおそらく上がるって感じで教えてたんで、
 その、なぜ上がる確率が高いのかっていうのを、
 デイトレ的解釈で教えつつ「見てな」って感じでやったトレードです。
 兎部下=デイトレ中、兎=教え途中にデイトレ風スキャル?)

一応簡単に説明しておきますと、

一目均衡表でこんな感じだったんで

1015 一目

とりあえず転換線を明確に割れるまでは買いの流れと。

実はこれだけ。

だって、分かりやすい右肩上がりでしょ♪

上がってますよ~って流れだよね♪

勿論兎は損切りありバージョンなんでストップは置きましたけど、

(1.3358設定)

兎部下は損切りしないバージョンなんでストップ設定はなし。

結果

1015 ②


単純に本業終了時間で、部下も帰宅準備しないとだし、

「なっ? 粘ってりゃこのパターンなら(今日のユロ/円の流れでデイトレなら)
 また上がってきたっしょ?」

ってのを最後に実体験として理解してもらったところで決済って感じ。

+25pips

抜き幅はどうでも良し。

兎部下に理解してもらったのが一番の結果。

オーバーナイト(持ち越しの事ね)は基本的にはしないんだけど

しても良い位の流れだったけどねぇ♪

……

やっぱ、超重要指標があるとか以外の日で、

良い感じの流れの時は、

デイトレの場合、オーバーナイトもするかもしれません。

ストップをトレール設定とか、建値とかにしときゃ良いしね…

うん。その辺も良く考えようっと♪

<(_ _)>

ちなみに、兎部下の感想。

「俺、天才かも♪」

調子に乗んな。by兎


また明日♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

ロジックと本音。本日のFX取引結果

2009年10月15日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

最近トレードをしていて気付いた事があります。

おそらく、

トレードをやっている人の70%(もしかしたら80)以上の人は、






とんがりコーンを指にはめた事が
あるんじゃないかってね。


子供かっ!(的確なツッコミありがとう)

……

はい。

トレード全く関係ないんで

ちゃんとトレード紹介いってみよう♪


ちなみに兎クラスになるとそのままトレードやって、

マウスパット握る時も砕けないでそのままキープできるよ♪

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

今日は、

とんがりコーンを指にはめたままやるという

離れ業トレードのご紹介になります。

注意点は油っぽくなる事です。

……

ごめんね。

ちゃんとやる。

えっと、

兎が最近好きな逆張りのやり方です。

まずは、兎トレードのお決まりである、

最初の一目均衡表チェックからいきましょう。

1014 一目

ローソク足が雲と転換線の上にありますので、

勿論買いで見ているのですが、

ぶっちゃけ兎はですね、

こういった明確なトレンドに、高値ブレイクで乗るような

順張りトレードって苦手なんです。

で、

得意と言いますか、兎的には

今回やったような、

大きなトレンドには勿論乗るつもりなんだけど、

できれば(今回の場合で言いますと上昇トレンド)の上昇一服って感じで、

短期的なモメンタムでは下降している流れの

下げ止まり&反転再上昇狙いで、買うっていうやり方の方が好きなんです。

なぜかと言いますと、

何回も言ってる事ですが、ここのポイントってのは、

何しろ一番リスクがないし、

(自分の中での絶対的なポイントに引き付けたから、
 仮にダメで逆行したとしてもマイナス幅が小さいので)

あとは、今言ったような理由なんで、

ダメだった時の、頭の切り替えってのもスパッとできますし。



「ここやられたらそりゃヤバいでしょ♪」って感じでね。

さて、

では、もう一度一目均衡表を見て下さい。

○で囲った中のローソク足と転換線の位置関係が分かりますか?

ここで(転換線で支えられ)反転上昇しそうな値動きがあったら、

…ここで買いたい。

と。

で、

もし転換線を簡単に下抜いてしまったら、

短期的には売っても良いでしょうけど、兎だったら見送ります。

(なぜなら基本的には大きな流れの逆張りはしたくない為。
 ☆この場合、大きな流れは買い方有利だから)

以上の事を頭に置き、

(主に一目均衡表のローソク足が転換線を下抜かないかって事)

次に、各時間足のボリンを見ます。


ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

1014 1

一目均衡表の転換線を気にしつつ、まずは1時間足を見ます。

コマ足陽線(赤)がT3-Moving Averageまで下がってきていましたが、

ここを明確に下抜かない限りは、買いで見て良い場面です。

ちなみに兎は、この1時間足のT3-Moving Averageと、

一目均衡表の転換線の下抜けするかどうかって2点をメインで

値動きの様子を窺っていました。

でも、1時間足の感じでは、

細かい値動きの流れが良く分かりませんので、

それをもっと良く見る為により短い時間軸であります5分足を見ます。

5分足上に引いたラインに当たって、

反転上昇したならば、勿論それがベストなんですけど、

どうやらそこのラインまでは下がりそうもないし、

○で囲った部分を見て頂くと分かりますように、

ボリンの下バンド(ー2σ)に当たってますよね?

で、

その○の位置から左に目線を向けてみますと(5分足上ね)

どうですか?

だいたいこの辺でコマ足陰線(青)が反転上昇していませんか?

ですから、そういった過去の点も考え、

5分ボリンの下バンド(ー2σ)タッチを反転上昇のきっかけとみなし、

それと同時に見ていた1分足でも、コマ足陰線(青)が

コマ足陽線(赤)に転換したので、

ここで買いエントリーです。

ストップは勿論、

一目均衡表の転換線下抜け&1時間足のT3-Moving Average下抜け

をベースに、5分足に引いたラインも考えて1.4868設定です。


結果

1014 2

ちょっと値動きが上下に怪しい動きをしたので、

それにちょっとビビりが入ったのと、

兎的には十分の取り幅なんでここで決済しました。

(まぁ本業中のトレードだったしね)

+24pips

今回のトレードって、

まぁこんな感じだったんですけど、

ぶっちゃけ、

もっと簡単に言いますと、

1時間足のT3-Moving Averageを割るかどうか&

一目均衡表の転換線を割るかどうかってポイントに

「よし、だいぶ引き付けたなぁ」

って事のみで、(あと、勿論大きな流れに対しての順張りって事ね)

もう既に買いでのエントリーを決めていました。

つまり兎はですね、

トレードというモノに対しては常に、

「よし、ここで入れば勝てるぞ!」とか、
「よし、ここで入って取れればでかいぞ!」
なんてこれっぽっちも考えてません。

いつだって考えている事は、

「よし、ここで入れば
負けてもたいした事ないや♪」等、

負けた場合の事だけです。



あと、とんがりコーンを一つの指に何個

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

素直に順張り。本日のFX取引結果

2009年10月14日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

今日も一つお知らせです。

以前ちょこっとお話したんですけど、

兎がインタビューを受けたって件がありましたよね?

あれはですね…

きちんとご説明しないですいません<(_ _)>

実は…

雑誌ではなくFXのサイトなんです。

で、

本当は昨日アップされたんですけど、

昨日はちょっと、

お詫び的な内容の記事だった為に、

昨日の時点ではなんとなくご紹介できませんでした…

すいません<(_ _)>

えっと、

凄く良いサイト様ですし、(ちなみにFX4Uというサイトです)

まぁ兎の素顔?に興味がある方は、

そちらのサイト様を見て下さい。

兎の素顔?初公開?!!!!!はこちらから♪

という訳で(どういう訳だ)

久しぶりにいつものトレード紹介にいきましょう♪

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

今日はですね、

簡単に言いますと、

このパターンは素直に順張りする。

ってやつです。


ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

1013 ①

各時間足のボリンを見て下さい。

全てコマ足は陽線(赤)ですから、単純にそれだけを見ましても

買いって流れなのはお分かり頂けると思います。

で、

そのような状況を理解しつつ、今度は各時間足を見てみましょう。

まずは、1時間足です。

ボリンをブレイクしバンドウォークをしている状態+ラインを引いた高値も

上抜いていますし、その上に抵抗帯になりそうなポイントもないので

買いでイケる確率が高いって事です。

つまり、1時間足は買いの判断をしても合格という事です。

次に5分足にいきます。

5分足でも、パッと見た感じで、

上昇している感じはお分かり頂けますよね?

で、

ポイントは、チャート上に記した三角形を上抜いたからです。

簡単にご説明しますと、

こういった三角形が形成されるのは、

ちょっと伸び悩んで揉み合い、そういった状態から、

例えば今回のような上昇の場合ですと、

頭打ちしたポイントをなかなか上抜けない為、

その度反転逆行して下降するのですが、

その下降の幅がですね、

だんだんと小さくなってきたからなんです。


下降の幅が小さくなってる

=すぐ上昇している。

=そのポイントをいよいよ破ろうと何回も挑戦する。

ねっ?

……

上昇しそうな期待感ある動きでしょ?


ちなみに、こういった上昇トレンド(または下降トレンド)途中でできる

一休憩(ちょっと横ばい)からの再上昇(または下降)を、

アセンディング・トライアングルと言います。

(下降の時はディセンディング・トライアングル)

兎の順張りは基本この形狙いが多いです。

で、その5分足の動きと同時に、

一番短い時間軸である1分足を見たところ、

1分足では○で囲った感じのレンジ状態を上抜けたので、

ここで買いエントリーしました。

(5分足アセンディング・トライアングル&1分足レンジ状態ブレイク)

ストップは1.4834設定。

ちなみに、

いつもやっているスキャでは、

時間軸の組み合わせは左から1分、5分、1時間なんですけど、

このトライアングルが5分足で現れて、

しかも、そのポイントをブレイクしたならば、

1分足の動向はそんなに気にしないで、

伸びている方向に素直に順張りエントリーしてもOKです。

注※ボリン1時間足と一目均衡表上で
   次の抵抗帯がすぐ近くに見当たらない場合は!です。


結果

1013 ②

兎スキャルの決済タイミングは、

主に1分足上での値動きで決めます。

で、決済しようと決め手になるポイントとは、

1分足での値動き自体の勢いと、

ボリンの+1σ(-1σ)やミドルバンドを割るか(上抜くか)です。

で、

今回の場合を具体的に言いますと、

1分足上の値動き自体が弱まってきて、

コマ足陽線(赤)も陰線(青)に転換し、

1分ボリンの+1σを下抜いたなぁ…

って感じでしたから、こういった動きで決済しようと思ったと。

あとはですね、

そういった値動きプラス、

何しろ、スキャルをやっている兎にとっては

十分すぎるほどの抜き幅だった為、

ここで欲張らずに決済しておきましたという事です。

+20pips

ところで…

なぜ、例えば今回のような上昇中の手仕舞いを、

ボリン1分足のコマ足陰転&ボリン+1σ割れ(かミドルバンド割れ)

って決めてるか分かりますか?

それはですね…

兎が今までやってきたトレード結果と、

書き続けたノートや、その他の検証結果や、

それらと共に積み重ねた沢山の経験で、

兎のやり方で手仕舞いするポイントはそこだって

明確に自分の中で決まっているからなのです。


あっ、ちなみに兎のやり方では、

まず最初に確認しなければいけない

兎お馴染の一目均衡表ではこんな感じでした。

1013 一目

ローソク足が雲と転換線の上ですから、

勿論買い方有利という事です。

で、

更に言っておきますと、

上下に引いたラインが見えますよね?

上の方に引いたラインも越えて、

その先には今のところ抵抗帯になるポイントが見当たりませんので、

ローソク足が雲と転換線の上+伸びていく先に

障害がとりあえずは見当たらないという状態って事でしたので、

一目均衡表だけを見ても買いでイケそうだって感じがしますよね?

ちなみに、

兎がデイトレバージョンでやるなら、

このレンジの幅まで考えてストップ位置や戦略を考えます。


イイですか?

ちなみに、兎のやり方(というかチャートを見る流れかなぁ)を、

簡単にまとめておきますとこうなります。

●一目均衡表での全体の流れの把握。

●各時間足のボリンを見る。

●ボリンでまず見るのは1時間足→5分足(ほぼ同時に1分足)



今回ご紹介しましたような、

一目均衡表でも、ボリン各時間足でも、

分かりやすい流れが出ている時の押し目狙いってのは

兎は好きなパターンです。



さてと…

素顔もバレた事だし、

今後はどこで誰に見られるか分からないんで、

今以上に素行には気を付けなきゃね♪


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

お知らせとお詫び。

2009年10月13日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

連休も終わった訳ですが、

皆さん連休中はどうされていましたか?

兎は普通に仕事してましたけどね(泣)

で、昨日と一昨日は

週末恒例の【からくりサーカス】の回だったんで、

その記事を書いてブログを更新したのですが、

今日は、いつも通り普通の回なんで

ちょこっと皆様にお話があります。


まず、ご存じの方もいるかもしれませんが、

兎も使っていますMJさんの件です。

【証券取引等監視委員会による行政処分の勧告】

を受けたという事についてです。

兎も勿論お金を入れて実際に使い出していた口座なんで、

「マジで!!!」って感じでぶっちゃけ焦ったんですけど、

実際に、

証券取引等監視委員会による行政処分の勧告内容を見たところ、

「なんだ、前の事か」ってのが正直な感想です。

簡単に内容をご説明しますと、

まぁどこでもお馴染のシステム障害ってやつと、

それによって起こった損失補填に関しての事と、

(補填した人としなかった人がいたのと、
 その報告をお上にしなかったみたいっす)

「成行」注文の説明に誤解を生じせさる表示があった事。

だそうです。

で、

時期は、平成20年12 月2日から平成21年2月16日の事。

ちなみに、その頃の兎は、

正直MJさんに対して良いイメージが無かったので、

勿論口座を持ってもいなかったし、当然お勧めにもしていませんでした。

滑るとか、サーバーが弱いとか、

スプレッドが言ってるのと違い全然狭くないとか、

色々な評判を聞いていましたからねぇ…

でも、そうですね…今年の春先位からは

「ホントに変わったと思うよ、あそこ」

って感じでチラホラ聞くようになったので、

(具体的にはサーバーが強化されて、スプレッド関連も良くなってるし、
 約定に関してもしやすくなってるって感じ)

「ホントかよ」ってな感じで今年の夏位までは

評判をチェックしてたんですよね。

で、大分評判が良いって話も出てきてたし、

デイトレでポンド絡みをやりたかったので、

(ポンドのスプレッドが狭い!=これが一番の理由)

…まぁ半信半疑的な感じで口座を作ってみて

実際に使ってみたんですけど、

兎的には全く問題なく「へー全然問題ないと思うなぁ…確かに」

って感じでしたから、

今回のMJが行政処分!ってだけのお話を知った瞬間は、

ちょっとびっくりしたし、

「また昔みたいな事になってるの?なんかあったのか?」

って感じで、

ぶっちゃけ内容を見るまでは、焦ったは焦りました。

で、今後なんですが、

とりあえず現時点での事実関係としては、

「行政処分を受けた」のではなく、

金融庁に何らかの処分をしてくださいよと申し出(勧告)があった。

というのが現状ですから、

その推移を見守りたいなとは思います。

通常ですと、業務改善命令等、なんらかの処分が出て、

業務改善をきちっとするってのが本流の流れなんですけど、

今の段階でももうMJさんは改善されてると思ってはいるんですけどね。

兎個人的にはですけど…

(実際、「成行」注文の説明に誤解を生じせさる表示があった事
 につきましては今年の2月16日で既に改善されているそうです)

えっと、つまりは、

兎個人的には推移は見守りつつ普通に使うと思いますが、

なにかしら処分内容が決まったり、

今後「…あれ、これは止めとこう」となったら

勿論使うつもりはありませんし、今後お勧めする事もありません。

ちなみに、

これは完全な兎個人の考え方であり、

違う考え方の人も沢山いるとは思いますが、

一言だけ言っておきたいと思います。

本来、人は間違いやミスを犯すものです。

大事な事は、

一回やってしまった間違いを心から反省し、

またそういった間違いを二度と繰り返さない事だと思います。

具体的にMJさんについて言いますと、

今後は失った信頼を取り戻す為に、

よりユーザー様の立場に立って、より良いサービスをする事だと思います。

信頼とは、作り上げるのは大変時間のかかるものですが、

失うのはほんの一瞬です。

……

兎は、自分が一旦は

「…確かに昔はダメだったかもしれないけど今は良くなった」

と信じたものなので、

もう少し推移を見守りたいと思います。

そうじゃなければなんか無責任な気がしてしまいますからね…

勧めておいておまえってね‥

ですが、

勿論不安な方が大多数だと思いますので、

その点につきましては、

自己責任におきましてご自身をお守り下さい。

(口座を開設しないなり、出金しておくなりです)

最後に、もう一度言います。

現時点で兎のお勧め口座としてご紹介をした事によって

皆様を不安な気持ちにさせてしまったという事は、

紛れもない事実なので、

その点につきましては本当に謝りたいと思います。

当ブログを見に来て下さっている皆様。
ご迷惑、ご心配等お掛け致しまして
誠に申し訳ございませんでした。



おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

第8回 【からくりサーカス】~やさしいデイトレのはじめ方~

2009年10月12日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

 【からくりサーカス】
~やさしいデイトレのはじめ方~


第8回 ちょこっとファンダメンタルズ~その1~

それでは始めます。

~まず初めに~

これから何度でも言いますが、

【からくりサーカス】は初心者さんを対象として、

兎の独断と偏見で進めていますので言い切ってしまいます。

その点はご了承下さいませ。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

早く実戦に行きたいのは兎もやまやまなんですが、

今回は、いつもとちょっと趣向が違います。

もう既に皆さんご存知のように、

兎のトレードはスキャルがメインです。

でも、【からくりサーカス】は…そう。

デイトレですよね?

スキャルでは知らなくても別に良いんですが、

デイトレやスイングの場合は最低限知っておいた方が良い、

ファンダメンタルズ的な事が多少あるので、

今回は、兎には珍しくそっち関係のお話をしたいと思います。

兎は、基本的にはファンダメンタルズ無視派なんですけど、

実は全く無視している訳じゃないのです。

(あっ、でもホントに超短時間のスキャルの場合は完全無視です)

ところで皆さんファンダメンタルズってご存知ですか?

良く分からない方の為に言っておきます。


ウィキペディアで調べてね♪
以上。


……

えー簡単に言いますと、世界各国の経済動向って事っす。

アメリカはなんとかショックで経済がヤバイらしいぜ!

とか、まぁニュースでやっているような事です。

でも、

正直、ニュースやなんとかアナリストがこう言ってるなんて事は、

へー。ほー。って位でOKです。

なぜならば、

兎達の様な一般人にも分かる、

ニュースレベルで伝わってきた情報なんか、

ハッキリ言って遅すぎる情報って事だし、

しかも、そういった事柄は、

基本的にはチャートに織り込まれているものだからです。

でも、

じゃあチャートが全てで、相場がこれからどうなるのか?

という、いわゆる未来の部分について、

チャートだけを頼りにすれば良いのかと言うとそれもまた違うのですが、

そうですね…

混乱しないように言っておきますと、

基本はテクニカルであり、チャートという事なんですが、

それ+アウトライン的にはファンダメンタルズ的なセオリーや

情報も頭の片隅には置いておいた方が良いって感じです。

比率で言うと、

チャート【テクニカル】8(or9):ファンダ2(or1)って位っす。

で、

今回はまず、

兎的に知っておいた方が良いファンダメンタルズのセオリーというものを

ご紹介したいと思います。

まぁ、何事も、

セオリーや基本が分かってないと応用なんか利きませんから。

はい。

では行きましょう♪

そうですね…

分かりやすく行きたいので、

兎達一般人に一番馴染みがあると思われる、

アメリカと日本を例にしましょう。

為替変動の原則原理は、

アメリカの景気が良ければドル/円が上昇して、

日本の景気が良ければドル/円は下落するのです。

もっと簡単に言いますと、(今は分かりやすくドル/円でやりましたけど)

景気の良い国の通貨は他の通貨に対して強くなり、

逆に景気の悪い国の通貨は弱くなるって事です。

まぁこれがファンダメンタルズでの為替変動のセオリーって事ですね。

…確かにセオリーなんだけど、

兎自身の実感としては…うーん。って感じだけどね。

(そんな単純じゃないし)

しかも、

ニュースとかで知った情報というものは、

「現状」の事です。

為替取引というものは、

「現状」の事よりも、「未来」の事に敏感に反応するのです。

今はこうだから先行きはこうなりそうだ…

そう。

未来の事は誰にも分からないので、

そこに値動きというものも生まれてくるのです。

つまり、

先ほど言いました、

景気の良い国の通貨は他の通貨に対して強くなり、

逆に景気の悪い国の通貨は弱くなるって事と同じように、

経済が今後良くなりそうな国の通貨は値上がりし、

逆に悪くなりそうな国の通貨は値下がりする

可能性がある。

って事です。

どうですか?

なんとなく分かりましたでしょうか?

つまり、

為替取引というものは、株や商品などとは違い、

モノの絶対的な価値を判断するのではなく、

ある2つの国の通貨の価値のどちらが強いか弱いかを

相対的に判断するものなのです。

ちなみに、補足的にですが、

どっちの国の経済も良い(今後良さそう)って場合は、

より良い(良さそうな)国の通貨が値上がりし、

どっちも悪い(悪そう)ならば、

より悪い(悪そうな)国の通貨が値下がりするって事です。


ところで、

アメリカの通貨は何ですか?

そう。勿論米ドルですよね。

以前に比べてその地位は凋落の一途にあるものの、

やはり、米ドルというものは世界の通貨基準なんです。

兎達一般人レベルでも分かるように、

石油や貿易の決済通貨として使われているし、

為替取引だって、

結局は米ドルを通じて決済されているんですからね…

つまり、為替取引においては、

ドルの事を考えずしては成り立たないのです。

だから、ドルの動向というのは無視できないというセオリーが

生まれてくる訳です。

という訳で、

どうですか?

誰でも知っているような為替ファンダメンタルズに対しての

セオリーを2つほど、簡単ではありますがご説明したのですが、

……

こんな感じでセオリーを一つ一つやってたら、

時間もかかってしまいますし、何しろつまらないですよね?

……

もう、こうだからこう的な解説は、止めてもイイですか♪

つーか止めます(言い切り)

理由等知りたい方はご自身で調べてもらうとしまして、

サクサク行きましょう!

では、

理由等すっ飛ばしバージョンのセオリーをざっと挙げますね。

●世界の2大通貨はドルとユーロ。
  (3大通貨という言い方をするならばそれ+円)

●円はドルに似た動きをする。

【例】

ドルがユーロに対して強いと、
円もユーロに対して強くなる事が多い。

ドルがユーロに対して弱いのに、
円がユーロに対して強くなる事はあまりない。

つまり、

ユーロ/ドルが上昇(下落)する時は
ユーロ/円も上昇(下落)する事が多く、

ユーロ/ドルが下落(上昇)しているのに
ユーロ/円は上昇(下落)する事は珍しい。

となる。

●ユーロと似た動きをするのは英ポンド、豪ドル、NZドルなど。

【例】

ユーロがドルに対して強くなると、
それら(英ポンド、豪ドル、NZドルなど)の通貨は
ドルや円に対して強くなる傾向がある。



……

まぁもうちょいありますが、

こんなもんと先に挙げました2つで十分っちゃ十分ですね。

最低この位のセオリーは覚えておいて下さいねっと。

注※これら全ては、あくまでも為替一般常識レベルでの
   セオリーなんで、毎回このようになるとは限りませんので、
   その旨充分にご理解下さいませ。



…なんて言うのかなぁ

ファンダメンタルズって鵜呑みにしまくると、

やれ「織り込み済み」とか「出尽くし」とかって、

何とでも後付け解釈が出てくるから、

ぶっちゃけ信用ならないと言いますか、うっとうしいんですよね…

だから、まぁ一応は聞いておくよって位かなぁ…

で、

そんな事よりも、兎が重要視しているのは、

今挙げたような、

通貨間による基本的な強弱関係などを考えながら、

もっと実戦で有効活用できる、

ファンダメンタルズの使い方なんですよね。


ちなみに、

ファンダメンタルズって聞くと、

真っ先に浮かぶであろう「指標発表」についてですが、

当【からくりサーカス】では、

詳しい説明等は割愛します。

なぜならば、

「指標発表」時は絶対にトレードをしないからです。

まぁ、もっと簡単に言いますと、

そんな時はポジション建てないし、基本持越しもしないから

関係なしって事ですからね。

さてと、

今回は、最低限覚えて頂きたい

ファンダメンタルズにおけるセオリーというものを、

ご紹介した訳なんですが、

次回は、

それらセオリーから考えられる実戦で実際に使える事。

という具体的な使い方に行きたいと思います。


次回で【からくりサーカス】におけるファンダメンタルズについては

終了ですので、ファンダメンタルズはつまらないって方も

もう少しだけお付き合い頂ければと思います。


~次回もお楽しみに~



おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

第7回 【からくりサーカス】~やさしいデイトレのはじめ方~

2009年10月11日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

 【からくりサーカス】
~やさしいデイトレのはじめ方~


第7 回 使う戦略やチャートの目次?

それでは始めます。

~まず初めに~

これから何度でも言いますが、

【からくりサーカス】は初心者さんを対象として、

兎の独断と偏見で進めていますので言い切ってしまいます。

その点はご了承下さいませ。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

さて、

前回ではこれからの取引スタイルを、

「自分で決めて下さい」

と言いましたけど、

もうある程度は決まりましたでしょうか?

もう一度言っておきますが、

その部分は兎では決められませんので各自よろしくお願い致します。

<(_ _)>

では、

今回からは、具体的なやり方に行きたいと思います。

ちなみに、

とてもじゃないけど、

今回だけでは全てを伝える事はできませんので、

何回かに分けていきたいと思います。

まずは、戦略と使うチャートを大まかに全て言いますね。

兎はご存じのように、スキャルピングがメインです。

で、

トレードに対する考え方や、テクニックの部分では

その時に使っている理論が勿論ベースになっています。

つまり、

毎日書いていますトレードに対する思考や、

エントリーやエグジットについての考え方は、

ほぼ全てこの【からくりサーカス】にも通じています。

という事は…

そうです。

勿論ですが、

使うチャートや考え方というものは、

基本的にはいつも使っているものと同じですし、

毎日のトレード紹介は、(スキャル的な解説であったとしても)

これからデイトレをメインでやりたい方にとっても

使える部分は沢山あるという事なんです。

(例えばエントリーの入り方とかね)

でも、

勿論スキャルピングの時とデイトレードの時で、

明確に違う部分もあります。

それは、

エグジットについての思考と、

使うチャートの時間軸と省略化です。

では、

戦略と使うチャートの説明に行きましょう。

※は毎日のトレード(つまりスキャルでも)
 解説でも使う、まぁお馴染の事という意味です。

まず戦略としてはこうです。

●※中長期的な流れ(トレンド)をまずは見て、
   その中でも特に、短期的にも明確な流れがある時に
   その短期的な流れが、
   中長期の流れと順張りになるようにエントリーする。

 (これを軸に上昇トレンドと下降トレンドの違いにおける
  売買戦略の違いを組み合わせた上での実行。
  ★詳しくは【からくりサーカス】過去記事参照)

●デイトレに対して適した口座を使う。

  最低でも次に挙げた、
  使うチャートという項目で出てくるものが
  全て使えるという事が最低条件で、
  次に考えるのが、しっかりした会社であるのかという事と
  使う通貨ペアがいつもとは違う場合が多いので、
  (いつもはユロ/ドルのみのスキャル)
  それに対してしっかり使えるスプレッドになっている会社を使うという事。

☆何でも良いとか、
  今使っているので何も問題なしって方は勿論そのままでOK♪

次は、使うチャートについてです。

●※使うチャートは主に一目均衡表とローソク足、
   ボリンジャーバンドと平均足の2つの組み合わせのみで基本的にはOK。
  (一番良いのはいつも兎が使っているチャートの時間軸だけ変えたもの)

≪例≫
  
ボリンジャー 【いつも】1分、5分、1時間→【デイトレ】1時間、4時間、日足

一目均衡表 【いつも】1時間→【デイトレ】主に1時間と日足の2つ。
   
●見る時間軸は最短が1時間足で、最長が月足ですが、
  主に使う時間軸は最短が1時間足で、最長が日足。

●オシレーター系(簡単に言いますと逆張り系の指標って事)の
 インジゲーターは別に使わなくても良い。(RSIは使ってもOK)

●極論一番使うのは罫線(トレンドラインやサポレジライン等)と
  節目になりやすい高値安値のみ。


などです。

で、

それに+α

損切りやストップを置くという、

まぁ一般的な「トレード」における王道的な当たり前の事と、

デイトレならではの思考を組み合わせます。

(スキャルピングとは違うデイトレ的思考とは
例えば、「損小利大」だったり、勝率は悪くても別にOKとかです)

注※損切りをしないやり方をご希望の方ってのは
   またちょっとやり方は違ってきます。
   (メインで使う時間軸の見方や資金管理等)
   
……

今ざっと考えて、

書籍における目次的な感じで挙げてみましたら

こんな感じですかね…

まぁ、デイトレにおける「損小利大」についてや、

最低限知っておかなきゃいけないデイトレにおける(スキャルとは違う)

ルール等は追々詳しくやるとしまして

(ぶっちゃけこれは単純な事なんですぐ終わりますけどね)

なにしろ、

一日でも早くデイトレがスタートできるようにしましょう。

だってね、

そういった単純なルールや「損小利大」についての考えなんか

極論、実際のデイトレってものを始めてから、

その都度「あっ」って感じでちょこっと言っても済む事ですしね♪


ちなみに、今後の事なんですが、

今、兎の中で悩んでいる事が二つありまして、

一つは、メルマガでは主にエントリーやエグジットについての

解説を毎回するつもりはなくて、

ただ単純に兎が今その瞬間エントリーしたという

タイミングでの(まぁリアルタイムって事ですね)数字しか書かないって

決めているのですが、

…それで良いかな?ごめんね説明詳しくしないけど…

って事と、

もう一つは、

損切りをしないバージョンのやり方も、

例えば【からくりサーカス】内か、メルマガ内で詳しく教えた方が良いのか?

って事なんです。

別にそのバージョンを教える事は全然良いんですけど、

それも初めから教えるとなると、

またですね、その、なんと言いますか、

お楽しみの実戦に行くまでに、

それ相応の時間を使わなければならなくなっちゃうしなぁ…

ってね。

しかも、

損切りしないやり方なんか別に知りたくないって方には

余計ウザいと感じるでしょうしね…

(つまり、平たく言うと、
 教えても良いけど本編の進みが遅くなっちゃうよって事)

皆様、

何かご意見ご希望等ございましたらぜひ兎に聞かせて下さいませ。

<(_ _)>

という訳で今回は、

【からくりサーカス】における大まかな全てと言いますか、

目次的な内容でしたけど、

ある程度トレードに慣れている(慣れてきた)方ならば、

今回の内容だけでも

【からくりサーカス】的なデイトレを始めてみる事ができるとは思います。

もし、

なんとなくできそうだという方は、

ご自身でもう試しにやられてみても良いと思いますが、

まだまだ良く分からないって方の為にも、

次回、更に具体的な内容に突っ込んで行きたいと思います。

なにしろ兎の予定では、

あともうちょっとお教えしたらすぐ実戦に行けると思ってますので、

皆様もそのおつもりでいて下さいね♪

(メルマガの審査も当然ですがOK出ましたよ♪)


~次回もお楽しみに~

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

明け方に思う事。

2009年10月10日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

おはようございます。

今日は本業の関係で朝早いので、

現時刻AM5:00ですが、

久々にこの時間にブログを書いています。

チャートも今まで見ていましたけど、

今日はノートレードでした。

兎は自分の中でイケるという自信がない時は

絶対にトレードをしません。

昔は違ったよなぁ……

まだ暗い空を見て、

トレードをやり始めた時の事をふと考えました…

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

昔も、

正直自分の中では、

ここはイケるとかイケないとかの基準が、

ある事は勿論あったのですが、

今思うと、

「お前、それは違うだろ」

って事ばかりですねぇ…

今、久しぶりに、

トレードをまだやり始めて、

負けてばかりだった頃のノートを見ているのですが、

なんだか懐かしく、ちょっとだけ微笑ましい気持ちにもなりました。

今は、

昔は全く分からなかった事が、

ちょっとは分かるようになってきました。

兎はこれからも、

そういった事をブログで書いて行こうと思います。



毎日見てくれている方。

コメントを毎回残してくれる方。

ちょっと勝てるようになりましたという報告をしてくれた方。

……

人それぞれの人生があり、

一生交わらないで終わっていく人と人がいる中で、

兎はそういった方々とFXというものを通して交わりました。


トレードは基本的には孤独なものです。

でも、

時や場所は違ったとしても、

同じようにトレードに対して頑張っている方々が、

確かにいると思える、この言葉では表せない気持ち。

……

ブログを始めて本当に良かったと今は思っています。


……

空がぼんやりと明るくなってきました。

……

トレードをやり始めた時の気持ちは胸に、

ボロボロになった昔のノートを閉じました。


また一日が始まりますね。


トレードとは、

間違いと遠回りの繰り返しです。



少しでも兎みたいな遠回りをしないでも良いように、

週末恒例の【ひとりでできるもん】(からくりサーカス)を

まずは頑張りますので、

今後ともよろしくお願い致します<<(_ _)>



皆様今週もトレードお疲れ様でした。

良い週末を♪


ヤバい6時だ!もう行かなきゃ。

(いってきます♪)

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

これだけやっても… 本日のFX取引結果

2009年10月09日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

一昨日の記事で、

基本、

ブレイクアウトなんかほとんどがダマシみたいなもんです。

(ボリンジャーがキューって小さくスクィーズした場合での
 ブレイクアウトの場合はちょっと違うかもしれませんが)

でも、

それを事前に十分自分に言い聞かせて、

それでもエントリーするもんなんですよ。

うん。

そう。

例え何回失敗してもね…

って言ったのですが覚えてますか?

今日はですね、

確かにそうは思っているんだけど、

かといって、

破れかぶれでエントリーなんかは絶対にしていないんだよ!

ってお話をしたいと思います。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

では、いきましょう。

まずは一目均衡表での状況確認からです。

109 一目

ローソク足が雲と転換線の上にきてますので、

買い方有利という事ですが、

○で囲った中に引いたラインを見てもお分かりのように、

頭打ちしている値段がありますのでそこだけは注意します。

勢い良く越えていけばそのまま伸ばすし、

仮にそこまでは順調に狙い通り上昇したとしても、

その頭打ちポイントでちゃぶついた場合はそこで逃げるとかですね。

で、あとはストップに関してですが、

ここを割られたらまずいなってポイントは3段階あって、

まずは転換線の下抜けです。

次が1.4720の下抜け。

その次が雲の下抜けって感じです。

どうですか?

頭に入りましたでしょうか?

以上のような事を考えた上で、

各時間足のボリンにいきますからね♪

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

109 1

先程お話しました一目均衡表での情報を考えつつ、

各時間足のボリンを見ます。

まず気になるのが、

1時間足と5分足で見える1.4800の値段です。

で、

そこを気にしつつ値動きの様子を窺います。

では、細かい値動きの様子を5分足と1分足で見てみましょう。

どちらにも言える事は、

ラインを引いた幅のレンジでは考えていたという事です。

で、

一番初めに見た一目均衡表での買い有利って事と

(頭打ちしているポイントでは勿論注意が必要です)

各時間足のボリンでもコマ足は全て陽線(赤)で、

尚且つT3-Moving Averageより上の位置にきているという事から

買いでのエントリーのタイミングを計っていたという事は

お分かり頂けますでしょうか?

で、具体的には1分足がこういった状態になったんで

ここで買いエントリーしたのですが、

その時のポイントは何個かありまして、

まずは、

1分足のチャートに引いたラインの幅(ポイント1と2)

でのレンジ状態として見て、

ポイント1と書きました上限のラインを上抜いたからなんですけど、

その前にも上抜けそうだなぁ…って匂いがあったんです。

それは、

○で囲った中での緑のラインと、

その隣の緑のラインを見比べてみて下さい。

なんとなく分かりませんか?

○の中では上下に動いていた値動きが、

右肩上がりになってますよね?

そう。

こういった動きの変化が、

「あれ?…流れ変わるかも(上下上下のリズムから)」

って感じですね。

いわゆる【匂い】と言いますか【雰囲気】ってやつかなぁ…

で、

これをまず先に感じつつ、ポイント1をも越えたなら、

そりゃここで買うしかないでしょうってね♪

ちなみにストップは、

同じく1分足につけた赤○のコマ足陰線(青)を見て頂くと分かるように、

ミドルバンドでどうなるのか?ってのを見つつ設定しました。

赤○ではミドルバンドで跳ね返っていましたので、

エントリーした位置でのミドルバンドに当たります、

1.4780のちょい下1.4778設定です。

(もっとストップの位置を広く取りたい方は
 ポイント2のラインで考えましょう)

結果

109 2

各時間足のボリンを最初に見て気になった1.4800を

すんなりと上抜いたのでそのまま伸ばしましたけど、

ご覧のようにボリン1時間足の上バンド(+2σ)にタッチして、

特に1分足で見ると分かりやすいのですが、

ご覧のようにコマ足も陰転し、ボリン+1σを明確に割ったので

ここで決済しておきました。

まぁ簡単に言いますと、

値動きの勢いがなくなってきた。

そういう事です。はい。

+16pips

兎的な区切りの数字もクリアしていたしね♪


……

どうですか?

いわゆるブレイクして、

ある程度は伸びたパターンではあったのですが、

兎はいつでもこんな感じで一つのエントリーに対して考えてます。


しかも、

ほとんどがまぁダマシでしょ?

って感じの代表格でもあるブレイク狙いであろうとです。


イイですか?


最後に言っておきますね。


どんなトレードでも、

ノリや適当な考えてエントリーするなら、

トレードなんてしない方が良い。

し、

そこまで考えた上でのトレードであったとしても、

負ける時はあっさり負ける。これ常識。

という事は頭と心に刻み込んでおかなければいけないのです。


相場は兎達の努力や真面目さなんて微塵も考えちゃいません。



相場氏 
「へー良く考えてるね♪
だから何?」


……

今日もお互いに頑張りましょう<(_ _)>

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

エントリーの乗り遅れ。 本日のFX取引結果

2009年10月08日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

今日も、昨日みたいに

こんなケースの時はこうするって

兎のやり方をご説明したいと思います。

では、

トレード紹介にいきましょう♪

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

今回は、

値動きが勢い良く動き出し、

「ヤベー凄い動き出した!」

とは思ったけど、

その値動きの一番良い動き出しのポイントでは乗り遅れてしまい、

でも、まだまだ値動きの勢いが続いているし、

つまりは、

「どうしよう?どうするべきだ?」

ってパターンの時に、

兎はこうやってるよ♪ってお話。

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

107 ①

勿論、いつも通り一目均衡表での状況確認はしてはいます。

ローソク足は雲の上なんですが、転換線を下抜いてはいました。

で、

各時間足のコマ足も陰線(青)なんで、

欲張らない事が前提ですが、

まぁ売っても良しって事にはなりますよね?

でも、

今回は、そういった全てにおいての状況判断って事より、

先程お話しした感じで

乗り遅れてはしまったけど、まだまだ値動きに勢いはある時。

ってのに、スポットを当てていきますね。

では、

チャートを見て下さい。

まだ値動きの勢いはある感じでしょ?

で、

こういった時に兎がやっているやり方というのは、


一旦値動きが止まるポイントまで必ず待つ。

そして、

そのポイントを再度ブレイクしたらその時に初めて入る。


これです。



イイですか?

つまり、

具体的にいきますと1分足に引いたラインが止まったポイントです。

こういったポイントができるまでは必ず待ちましょう。

で、再度その停滞したポイントを下抜いたので、

ここで売りエントリーです。

ストップは1.4709設定。

えっ?

そういったポイントも全くできないまま

グングンいってる場合ってのはどうすれば良いのかって?

それも基本的には同じです。

ちょっとは止まるポイントってのが必ず出てきますから、

取り逃したくないって気持ちも分かりますが、

伸びてる先で入るような事は止めておきしょう。

これはですね…

ずっとやってれば分かると思いますよ。

伸びてる途中で飛び乗ってやるパターンと、

逃したら逃したで仕方ないって感じでこのように待つパターン。

……

どっちの方が結果良いのかってね。


結果

107 ②

このように値動きの勢いがあって、まだまだいきそうな感じの時も

兎がスキャルにおいて最優先する事は、

大きく負けない事と欲張らない事であり、

それ+自分の目標といいますか、

一区切りの数字ってのが何個か決まってますので、

その数字の一つでもあります+10pipsにもなったんで、

その瞬間勝ち逃げで決済です。

+10pips

そう。

乗り遅れた電車ならば、

次の電車を待ちましょう。



ジャッキーチェンとか以外はね。



おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

スキャルではこれで良し。本日のFX取引結果

2009年10月07日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

昨日の記事の最後に、


最後に兎のコツをもう少しだけ言っておきますと、

ブレイクアウトなどの順張りでは、

(それも特に【買い】の場合はね)

少しでも変な動きがあったら

粘らずに即同値撤退やショボ負け決済をするようにし、

明確なレンジなどの逆張りの場合は

(勿論ストップ位置に引き付けたエントリーが前提ですが)

ストップにかかるまでは基本粘っても良いって決めています。

と、

言ったのですが覚えてますか?

今日は、

その具体的な例としまして、

こんなトレード紹介をしたいと思います。


(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

では、

もう一度簡単におさらいをしておきましょう。

●ブレイクアウトなどの順張りの場合は、
 少しでも変な動きをしたら、同値撤退やショボ負け上等。

●明確なレンジ状態での逆張りや、
 明確なストップポイントなどがある場合のトレードでは、
 ストップにかかるまでは基本的には粘る。

です。

で、今回は、

順張り的な、まぁブレイクアウトしたトレードの時は

主にこうするって感じのトレードになります。

まずは、

お馴染の一目均衡表での状況確認からいきましょう。

107 一目

兎がチャートを見続けていたのが、

○で囲った横ばい状態の間なんですけど、

この時の状況ってのは、

ローソク足が雲の上ではあるんですけど、

転換線の下って状況でした。

ところで、

チャート上に細い線と太い線で引いたラインが見えますか?

細い線にまずは目を向けますと…

ここで一旦頭を打っていますよね?

で、

転換線も下抜いているって事で、

売り目線では考えていたんですけど

ご覧のようにしばらく横ばい状態だったんですよね…


まぁ無理やり逆張りエントリーをしても良かったんですけど、

(例えば転換線に引き付けた上での売りとかね)

でもね…

どうせ売るなら、

ポイントって書きました太いラインを下抜いた時の方が

確率が高いと思ったので、そこまではひたすら待ちました。


で、こちらを見て下さい。

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

107 1

ここで売りエントリーしました。

ここでのポイントは1分足に引いたラインを下抜いた瞬間には入らず、

ここまで待った事です。

では、それはなぜか?

答えは1時間足に引いたラインです。

実は、このラインというのは

先程見ました一目均衡表のポイントのラインなんですよ。

ですから、

ここで初めて売りエントリーと。

まぁそういう訳ですね。

ストップは1.4707設定でしたが、

これは正直、事故防止的な意味合いでのストップで、

実際にはここまでは見てはいません。

なぜなら、

ここが今日の本題の部分だからです。

つまり、

このようなブレイクを待って、ブレイクした方にエントリーする場合は

ちょっとでも違和感を感じた動きをしたなと思った瞬間に、

同値撤退や小さい損切りをしてしまうつもりだからです。


結果

107 2

正直、

入ってすぐ反転上昇したので、

その瞬間、

ちょい負けでの損切りも考えました。

まぁ、

ボリンー1σを、

コマ足陽線(赤)が明確に実体まで上抜いてしまっていたら

そこで迷わず損切りでしたね。

でも、すぐにまたコマ足が陰転したので、

そのまま値動きを追ったのですが、

下げ止まってはきてるし、

今度はコマ足陽線(赤)の実体が、

明確にボリンー1σを上抜いてしまった為

ここで迷わず決済しました。

(+かもしれませんが)兎的同値撤退


この後の結果がどうであれ、

兎的にはナイストレードっす。

あのですね、

だいぶ言葉に語弊があるのかもしれませんが、

基本、

ブレイクアウトなんかほとんどがダマシみたいなもんです。

(ボリンジャーがキューって小さくスクィーズした場合での
 ブレイクアウトの場合はちょっと違うかもしれませんが)

でも、

それを事前に十分自分に言い聞かせて、

それでもエントリーするもんなんですよ。

うん。

そう。

例え何回失敗してもね…


ちなみに、


ここでブレイクするはず…

ブレイクしたんだからもっと伸びるはず…

なんて神頼みをやっているようじゃ

正直こういったブレイクアウト狙いの順張りスキャルでは勝てません。

(特に買いの時はね)

イイですか?

このような時の順張りスキャルで勝てない人ってのは、

ここで、

「よし、ブレイクしたからエントリーだ!」

って勇気を出してエントリーして、

「…ちょっと雲行きが怪しそう」

って思った値動きの感じが出てきているのに、

その事は知らないふりをして、


ここでブレイクしたんだからもっといくはず…

もっと伸びるはず…

と、

自分が持ったポジションに対して肩を持った見方をしてしまうんですよね。

……

これがですね、

圧倒的に違うんですよ。

違うというかダメね。

うーん。

説明するのが難しいので、

兎の考え方を乱暴な言い方で言ってしまいます。

【兎の思考】

「ブレイクしたな!よし、ここでエントリーだ!」

「はいはい、ブレイクアウトなんざほとんどダマシでしょ?」

(もうそれに対応する準備は万端だぜ♪)

「入った瞬間逆いくのか…
 はたまたちょっとは狙い通りにいってから逆いくのか」

「…まぁ狙い通りに動いたじゃん。とりあえずは」

「あれ?やっぱ…ちょっと雲行きが怪しそう」


「はい、やめ」

(決済)

こんな感じです。



最後に一言。


ブレイクアウト狙いなんざ何回でも負けて良いんですよ。

(勿論できれば小さくね)

基本ダマシの宝庫みたいなもんですからね。

で、

騙されるのが嫌なら、その瞬間は絶対に入らない事です。

(その後の押し目まで待とう♪)

でも…

取れる時には、

その負け分がチャラになる位ドーンっていく可能性があるのも…

ブレイクアウトなんですよ♪



当たり前のお話なんですが、

リスクとリターンは隣り合わせです。

でも、

例えばこういったマイルールややり方などで

そのリスクは軽減できるし、

最終的にそういったリスクを取るのも取らないのも

誰かに強制されるものでもありません。

そう。

それを選ぶのも、選んで対応するのも

それは…

あなただ!!
ズキュゥゥン(jojo風)


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

心なんてブレるもの。本日のFX取引結果

2009年10月06日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

昨日ですね、

オフ会をやろうと思ったお店へ下見に行ったんですけど

(できれば予約してしまおうかと思っていたんですけどね)

10月末に閉店してしまうらしくて、

そこでの開催はダメになってしまいました。

良い感じのお店だったんですけど…残念です。

やっぱり不景気なんですかねぇ…

えっと、

一応ですね、

日程的には11月の頭位を目安に動いています。

またすぐに、違うお店を探して動いていきたいと思いますので

決まり次第ご報告していきたいと思います。

<(_ _)>

では、トレード紹介にいきましょう。


(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

今日はですね、

ちょっと趣向を変えまして、

エントリーしてから心がブレそうになるポイントなんか

皆一緒だと思うよってのをメインに

トレードの解説をしたいと思います。

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

105 1

ここで逆張りの売りエントリーです。

ストップは1.4639設定。

では、

簡単に説明しますね。

一目均衡表ではローソク足が雲の上なんで、

大きな流れで見ればまだ買い方有利なんですけど、

【ちなみにこんな感じね】

105 一目

転換線の下に抜けてきていますし、ボリン1時間足を見ましても

コマ足は陰線(青)で、T3-Moving Averageの下なんで、

一旦頭打って下がってきても良い感じだなぁ…と

判断した+明確にここを上抜いたら損切り。

もしくは途転買いでも良し。

っていうポイントが、分かりやすい為ここで逆張りをしたって事ですね。

ちなみに、

その分かりやすいポイントってのは、

一目均衡表でいうなら

転換線を再度上抜いた瞬間+ボリン1時間足のT3-Moving Averageを

コマ足が陽転して上抜いた瞬間って事です。

もっと簡単に言いますと、

ストップ設定にかかって、勿論損切りになって、

それでもまだ上がっていく場合は、

もう一度一目均衡表を見て頂きたいのですが、

1.4650と1.4675前後に引いたラインが見えますか?

この頭打ちしていたポイントも軽く越えていくのかどうかって

値動きを見ながら途転買いするかどうかを判断するって感じですね。

で、

今日の本題です。

もう一度エントリーした後の状況を見て下さい。

エントリーした後レートは上がっていますよね?

あとは、そうですね、

一旦逃げられたのに粘ってますよね?

イイでしょうか?

もうメチャメチャ簡単にコツを言ってしまいますね。

このように明確にここで抑えられているってポイントがある場合は

(今回の場合ですと、
 1時間足のT3-Moving Averageでコマ足の陰線(青)が
 抑えられている+一目均衡表の転換線ってポイントの事)

そこを基準に考えたストップにかかるまでは

基本的には粘った方が良いって

自分の中で決めているからです。

(これは、経験や検証から導かれた自分ルールです)

でも、

事スキャルに関して言うならば

利食いや、同値撤退は

全然各自でやってしまって良いと思います。

何しろスキャルでは負けない事が大事ですから。

つまりですね、

こういった、

明確にここ!って

ストップポイントが決まっているようなトレードにおける

マイナス決済については、

今回を例に挙げますと、

しょぼく勝ち逃げや同値撤退は良しとしても、

1.4633とかそれ前後で損切りしてー4pipsで終わらすならば、

1.4639に設定したストップにかかってー8pipsの損切りで終わった方が

ナイストレードって事です。

まぁ、

この1回のトレードに関して言えば、

そりゃマイナスが増えての損切りなんで

ナイスじゃないかもしれませんが、

これはですね、

やり続けていればナイスって言う意味が

分かる時が来ると思いますよ。

(キーワードは期待値って事なんですけどね)

ちなみに、

何回も上下を繰り返しているような

明確なレンジ状態での逆張りの場合も、

同じく設定したストップにかかるまでは粘った方が良いです。

※勿論明確なレンジ状態の時ってのは上手くいった場合の
  利食いを欲張ってしまうとすぐにまた値段が戻ってきてしまいますので
  その点だけは要注意です。

結果

105 2

1分足での値動きを見ましても横ばいにちゃぶついてきたし、

1時間足や5分足を見ましてもこの辺の値段ってのが

一つの下げ止まりのポイントかなぁ…って感じなんで

兎の一つの目標でもある+10pipsだしって事もあり

ここで決済しました。

+10pips

何度でも言いますが、

スキャルの場合、特に大事なのは大きく負けない事です。

つまり、まず考える事は

同値撤退を含むショボ負けで抑える事ですから、

利食いは各自のお好みでもまぁOKって事です。

(デイトレではちょっと違うけどね)

ちなみに兎は、勿論

今挙げた事をまずはメインに考えてトレードをします。

(スキャルの場合ね)

で、

上手い事含み益になっている場合では、

チャートの形+欲張り過ぎない事と、

自分の目標に到達したとかの絡みでも考えてます。

ついでなんで、

最後に兎のコツをもう少しだけ言っておきますと、

ブレイクアウトなどの順張りでは、

(それも特に【買い】の場合はね)

少しでも変な動きがあったら

粘らずに即同値撤退やショボ負け決済をするようにし、

明確なレンジなどの逆張りの場合は

(勿論ストップ位置に引き付けたエントリーが前提ですが)

ストップにかかるまでは基本粘っても良いって決めています。


どうしてもそういった場面で迷ってしまうって方は、

このように事前にマイルールを決めてしまった方が

ジタバタしないでどっしりとできるんでお勧めですよ♪

ぜひお試しあれ♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

第6回 【からくりサーカス】~やさしいデイトレのはじめ方~

2009年10月05日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

 【からくりサーカス】
~やさしいデイトレのはじめ方~


第6回 選択の果てに

それでは始めます。

~まず初めに~

これから何度でも言いますが、

【からくりサーカス】は初心者さんを対象として、

兎の独断と偏見で進めていますので言い切ってしまいます。

その点はご了承下さいませ。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング


前回のお話「無敗の方法から見えるもの」でも言いましたけど、

極論2つのやり方があります。

とにかく負けたくないならば、

損切りをしないで低レバレッジで地道にトレードしていくか、

「いや、負けがあって当たり前だ」と、きちんと割り切れている方は

当たり前の如く損切りをするやり方です。

正直どっちのやり方でも良いとは思うし、

兎がこっちっにしろ!って強要するつもりもないのですが、

……

色々考えました。

……

悩んだら頭で考えるんじゃなくて心に聞けってね。

……

で、

基本的には損切りする方を教えよう。

とはなりました。

理由は何個かありますけど、

詳しく言うのはここではやめておきます。

でも、

損切りしないで最小単位とかで取引したい人は、

(前回お話ししたようなやり方)

別に損切りしないでやって頂いても構いません。

……

ぶっちゃけ、

やる本人に決めて頂けば良いか…ってのが正直な本音です。

兎がこうって言ったところで結局やるのは各自ですからね。

で、

兎はですね、

こう考えました…

実際の兎は損切りもするし、

ここで入ってここで止めるって感じでやってますので、

メルマガではもう普段の兎のデイトレそのままを書いて、

全く同じようにやりたいならやれば良いし、

それをベースに参考になる部分は取り入れ、

それ以外の事は独自にアレンジしても良いし、

損切りしたくないって方は各自にあった通貨単位にしてもらい、

主にエントリーの数字だけを参考にして

ポジションサイズや資金管理等をしっかり考えた上で

損切らない方法をとれば良いし……

って感じです。


トレードをやる理由は人それぞれ様々です。

という事は、

その人の数だけ、

その人に合うやり方というものがあって当たり前ですよね?

つまり、

その部分に兎が口を挟める余地なんか本来無いのですよ。

そう。

結局は自分で自分にはこうってのを探すしかないのです。


自分にとって結果が出るやり方ならば、

それが正解であり、他人が何と言おうが関係ありません。

でも、

これだけは覚えておいて欲しいというか、

言っておきます。

ある程度のリスクの向こう側にしか劇的なリターンはない。

って事はね……


兎はお金を稼ぎたいからFXを始めました。

しかも比較的時間をかけないでです。

ちなみに兎のデイトレは、

それをベースに考えた上でのやり方にはなってます。


これから、

【からくりサーカス】はどんどん具体的な事に進んでいきますが、

具体的に使うチャートや具体的なやり方の説明にいく前に、

各自で自分はこういうスタイルでやりたいってのを

今一度きちんと考えておいて頂きたいと思い、

今回のようなお話をさせて頂きました。



最後にもう一度言っておきますね。


自分のスタイルは最終的には自分で決めるしかない。


以上。


さぁあなたは決めましたか…


リスクを取ってリターンを求めるか?

ローリスクだけどローリターンで良いのか?

それともその間を取るのか?

……

自分の心と相談しましょう。


~次回をお楽しみに~

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

第5回 【からくりサーカス】~やさしいデイトレのはじめ方~

2009年10月04日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

 【からくりサーカス】
~やさしいデイトレのはじめ方~


第5回 無敗の方法から見えるもの。

それでは始めます。

~まず初めに~

これから何度でも言いますが、

【からくりサーカス】は初心者さんを対象として、

兎の独断と偏見で進めていますので言い切ってしまいます。

その点はご了承下さいませ。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

さて、

今回は、

前回の終わりに言いました、

無敗の方法ってお話をまずはしましょうか…

ところで皆さん。

FXにおける

無敗の方法って、あると思いますか?

まぁ「無敗で沢山儲け続ける」ってなりますと、

細かい問題点等は勿論出てきますし、

限りなく不可能にもなってきますが、

こと「無敗」という事だけに関して言うならば、

ぶっちゃけあります。

うん。

まぁ簡単な事ですよ…

だって、

それはですね…

決済をマイナスの時点では絶対にしなけりゃいいんですから。

つまり、

もっと簡単に言うと、

損切りをしない。

って事ですよ。

何だそれって思った方いますか?

……

確かに何だそれ?ってお話なんですけど、

これは本当のお話なんですよ。

ぶっちゃけ(これは本当のお話だし)

微々たる金額でも良いから、

どんなに時間がかかっても良いから、

「お金を増やしたい」

「何しろ負けたくない」

という方にはこれが一番のお勧め手法だと思います。

では、

簡単な極論をここで一つ挙げますね。

イイですか?

仮にあなたが1千万円持っているにもかかわらず、

1000通貨単位での取引をずっと続けていたとしましょう。

で、

上手くエントリーできればそりゃそのままだし、

人によっては下がった瞬間に、

「こりゃいい押し目だ」

ってな感じで利乗せしていっても良いし、

仮に予想と全く違い、クソ逆行した場合は、

鬼ナンピンでも、自分ルールに基づく計画ナンピンでも良いから

何しろプラス決済になるまで鬼ホールドしてれば、

その資金力+1000通貨単位での取引ならば…

ね。

確かに「無敗」は「無敗」でしょ?

そう。

トレードって、

詰まる所(勿論極論にはなりますけど)

お金が無くなっていく!!!

ヤバい!!!

という、

そういったものを起因として起こる

弱メンタル(パニックや狼狽切りなど)を防ぐ為の

資金管理を含むリスク管理と言いますか、

持ってる資金に対してのポジションサイズって事だけでも

場合によっては勝てちゃったりするんですよね。

だって、

1千万も持っているのに1000通貨でのトレードしてりゃ

そりゃ損切りしないで負けないっしょ…って話じゃないですか?

……

トレードなんて基本的には総資金が沢山ある方が有利。

っていうのは、悔しいですけど事実なんですよ…

リスク管理の面でも、

お金に対してのメンタル力的な部分でもね。

腐るほどお金があって、

ポジション管理を含む、

いわゆるリスク管理がきっちりできてりゃ

仮に逆行したって、

「まぁちょっとめんどくさいけど、待ってりゃな」

ってなもんで、

全然マイナスに対する恐怖心なんかないですからね。

でもって、

恐怖心がなければ間違ったタイミングでの決済なんかがなくなってきますし、

むしろ待ってれば良いやなんていう、

開き直れる強メンタル力の副産物で結局爆益とかね…


まぁ…

口で言ってても良く分からない方もいると思いますので、

1000通貨単位以下でできる口座を持っている方は、

実際にやってみて下さい。

ちなみにやり方ってほどのもんじゃないですけど、

FXブロードネットさんのご厚意でタイアップさせて頂いた

兎の特別レポートにはその辺の事も書いてありますしね。

勿論さすがに総資金が1万円とかじゃ

強制決済や損切りせざるを得ないような状況になる時も

あるかと思いますが、

そうですね…

総資金を1万円よりもう少し用意して頂いて、

逆行した場合のナンピンの幅をある程度持たせてあげれば

おそらくエントリーが結構適当と言いますか間違ったとしても

(思いっきり間違えて逆トレンドに張った場合は、
 勿論その分プラス決済に持ってくまでの耐える時間ってのは
 当たり前ですが長くはなってしまいますし、耐えられる金額ってのも
 もしかしたら足さなきゃってなるかもしれませんし、
 総資金がそんなにない方ではその耐えている間に別のポジション
 を持つという事も難しくなってきてはしまいますけどね)

ポンド円などの鬼ボラ通貨ペアとかを外して考えた上で、

選んだ通貨ペアに対する、

現実的にありえない値段までいったとしても耐えられる

ポジションサイズさえも考えてあれば、

地味に勝ち続けられるのではないかと思います。

正直、

本当に何をやっても勝てないという方には、

テクニカルだとか云々抜きに、

このやり方だけやって頂きたいなぁ…

とは思います。

トレードにおける才能的な部分もほとんどいらないですしね。

だって…

負けっぱなしってやっぱり辛いし、

モチベーションも下がりますからね。

うん。

ホント微々たる金額でも、

積み重なると結構なものにはなるし、

何しろ勝つっていうのは「楽しい」ですからね♪


さてと、

では、

こういった無敗の方法を簡単にではありますがご紹介した事によって

トレードにおけるポジション管理や資金管理の重要性といいますか、

そういった事一つでも、

負けから勝ちに転換できるという事がお分かり頂けたと思いますので、

そういった部分を含めて、


【からくりサーカス】でのやり方というものをお話したいと思います。

まぁ…

負けたくはないだろうし、

ショボショボも嫌なんだろうなぁ…

っていう相反する無理難題を、

どうにかこうにか折り合いをつけるってのは

そりゃ当り前ですけど難しいですよね…


ぶっちゃけ【からくりサーカス】では損切りはします。

詳しくは次回以降を見て頂くとしまして、

キーワードは、

それなりのリスクを取らなきゃその分のリターンは望めない。

って事と、

でも、なるべくなら負けたくもない。

っていう、

この2つの難しい問題を解決しようとする上での……


~次回に続く~

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

重要指標と兎のトレード。 本日のFX取引結果

2009年10月03日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

おはようございます。

昨日は雇用統計でしたね。

兎はそういった重要指標発表の瞬間は、

絶対に取引はしませんし、

スイングのような持ち越しトレードもしないんで

まぁ正直あんまり関係ないんですけど、

そういった?な流れがある程度落ち着いたら、

その余波っていう感じの相場の流れをちょこっとスキャルで

つまみ食いはします。

昨日は正にそんな感じのトレードでした。

まぁそういった重要指標発表とかに絡むと、

ボラ自体はあるんで、ジャンピングキャッチにさえ気を付けてれば

欲張らない順張りスキャルをするのにはやりやすいかもしれませんね。

という事で、

トレード紹介にいきましょうか♪

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

今回のような重要指標発表の瞬間などですね、

つまりはまぁ

ある程度上下に急激にブレるような流れも落ち着いて、

尚且つ、一つの方向に適度な流れがある時ってのは、

今回ご紹介するような、

こういったつまみ食いスキャルっていうのはですね、

コツだけ抑えておけば結構楽に取れるポイントなんで

覚えておくのは良いかもしれません。


ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

102 ①

簡単に言いますと、

一回下がって急激に上がった、

正に「指標発表」って感じの値動きは無視して、

その後に出た勢いがある流れの方向に順張りして、

欲張らずに、まぁつまみ食いして勝ち逃げするって感じです。

コツは大きく分けて二つ。

いきなり流れが変わるかもしれないので

ストップは必ず置く事と、

高値掴みのジャンピングキャッチにならないように、

流れを掴みそこなったと思ったらスッパリと入るのを諦め、

一旦動きが止まったなぁって感じのポイントまで待って、

そこから再度動きだした瞬間、

つまりは押し目でエントリーするようにする事です。

ではもう一度、

以上説明した事を踏まえまして各時間足のボリンを見て下さい。


まぁ…どの時間軸を見てもこの感じです。

今の感じじゃそりゃ上げですよね…

でも、正直一目均衡表で言いますと

この値動きでしたから、雲の上には抜けましたけど、

ちょっと前で頭打ちしたポイントを

上抜いている訳でもないんで(値段で言うと1.4671位)

そのポイントを上抜けない限りは下がってくると思ってますから

ここのポイントで買いで入る場合は欲張らない事が重要となってきます。

まぁ勿論いつ下がるかなんてのは誰にも分からないのですけど

下がる可能性ってのをきちんと考えた前提にそれでも買うのと、

上がってるよ!ヤバい乗り遅れるな!って事だけを考えて買うのでは

同じ買いだとしても、全く意味合いは違ってきますからね。

で、

今回ですと、具体的には

そんな事を考えた上で、更に値動きを見て、

1分足に引いた上の方のラインを越えたんでここで買いエントリーです。

つまり、

一旦停滞していた流れが(値動きが)また動き出したから

ここでイっとこうって感じです。

えっと、

このエントリー前での、何回かある、

1分足でのコマ足陰線(青)から陽線(赤)に転換した

値動きの感じを見てもなんとなく分かりませんか?

コマ足陰線(青)から陽転して上げ。

また、

コマ足陰線(青)から陽転して上げ。

このリズムですよね。


ちなみに、

ストップは同じく1分足の下に引いたラインのちょい下で

1.4598設定です。

(まぁ反転急降下防止的意味合いでの設定って感じ)

結果

102 ②

すぐにこんな感じで伸び、

スキャルをやる兎にとっては十分な取り幅ですから

ここで決済しておきました。

+17pips


このような重要指標絡みでボラがある時ってのは、

上手くいけば一瞬である程度は伸びちゃいますので

まぁオイシイっちゃオイシイですけどね…


でも……

最初にも言ってますが、

このような重要指標絡みでボラがある時ってのは、

先程言いましたように、

上手くいけば一瞬である程度は伸びますが、

逆もまたしかりって事ですからね。

ですから、そう。

そこで欲張らない事が大事なんですよ。


なんていうのかなぁ…

今回のようなこんなトレード(指標絡みでボラがある)は、

まぁおまけみたいな感覚でいた方が良いです。

やっぱり軸となるのは

毎日やる、いつも通りのトレードですよ。


いつも淡々とやって結果が出てれば、

それがベストであり、

こういったお祭り的なもんは、

遊ぶ感覚位がちょうど良いってね♪


重要指標発表があろうとなかろうと、

いつでもできるスキャルってのは、

兎の中ではまぁ

自由気ままな雲のジュウザって感じです。

(知らない人はゴメン)

という事は…

デイトレはラオウかケンシロウか…



と、

しんちゃんも言っていたとかいないとか。


皆様今週もトレードお疲れ様でした。

良い週末を♪



おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

ケースブックとして。本日のFX取引結果

2009年10月02日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

えっと、またまたちょこっとした告知です。

FXブロードネットさんの特別レポートの件なんですけど、

すいません、ちょっと補足説明しておきますね。

もう既にFXブロードネットさんの口座をお持ちの方が、

一旦解約してもう一度兎経由で口座開設をしても、

それはレポートプレゼントの対象外となるので、

それだけはご注意下さいとの事です。

(そういったお問い合わせが、
 FXブロードネットさんの方へ結構来ているらしくて、
 一応兎の方からも言っておいた方が良いと思いましたので
 この場をお借りしまして言っておきます)

よろしくお願い致します。<(_ _)>


では、

改めましてこんにちは。

えっと、

トレードには自分のルールっていうものが大事なんですが、

どうです?

自分ルールってもう持ってますか?


昨日兎は小学生の男の子達を見ました。

学校帰りでしょうね。

何人かで騒ぎながら遊んでいます。

そのうちの「しんちゃん」と言われている子が、

水たまりに食べようとしたアメを落としました。

「あっぶねー」

…しんちゃんは水たまりからアメを拾って食べました。

(?あぶねー?)

「あぶねーしんちゃん」

「うん。良かったよ」


全員「3秒以内はセーフだもんね!」




兎 …アウトだろそれは

……

色んなルールがあるよね…


うんこ踏んでもバリア張ってたからセーフとか

兎も言ってたしな…

普通にアウトだよね。今考えると。

よし、トレードいってみよう♪

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

今回も、

ここ最近お話している、

一目均衡表での「ここ」ってポイントをご紹介するトレードですね。

まぁ、

こういった場合はこうするって感じの

いわゆるケースブック見たいなノリで

色々なパターンをどんどん覚えていって頂きたいなと。

ではいきましょう。

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

102 1

勿論兎のやり方では、

まずは一目均衡表での状況確認なんですが、

とりあえず、

ちょっとだけ置いておきましょう。

結論、

兎はここで売りエントリーしました。

ストップは1.4551設定です。


で、

今日の本題の一目均衡表ではどこ?っていきますと…

102 一目

そう。

ローソク足が雲と転換線の下で、

尚且つ転換線近くまで来て反転したここ!って事です。

ここなら、

仮に逆行しても、例えばデイトレならば、

転換線を越えたポイントで損切るだけなんで

リスクも少ないですからね♪

(スキャルの場合は張る枚数によって、もっとタイトに
 ボリン1分足や5分足でのポイントでストップを考えますけどね)

で、

もう一度、各時間足のボリンを見て下さい。

1時間足ではコマ足陽線(赤)ですが、

T3-Moving Averageに頭を抑えられていますし、

5分と1分足でもラインを引いたポイントで頭打ちになってますよね?

つまり、

こういった状況と、

先程見て頂いた一目均衡表での状況を見て

あそこでエントリーしたと。

まぁこういう訳ですね。

結果

102 2

最初に見て頂いた、

ボリン1時間足の○で囲った範囲で考えてはいたのですが、

1分足上の○で囲った値動きを見て頂くと良く分かるように、

値動きの勢いがなくなってきたのと、

兎的には+10pips越えという一つの目標もクリアしていたので

ここで決済しておきました。

+10pips


こんな感じっす♪

この形は結構好きなんですよね♪


えっと、

ちなみにこういったパターンを沢山頭に入れておくと、

いざ実際に自分がトレードをやっている時に、

「あっこれ見た事ある…ほら全く同じパターンじゃね?」

って感じで役に立つ時が来ると思いますからね。

しかも、仮に違う動きをしたら、

それはそれでね、

「あれっこのパターンでもこれがこうだとこういう事もあるのか」

って感じで貴重なデータになるしね。

うん。



これがいわゆる、

経験の積み重ね。

ってーやつになってくるのではないかと、


泥水で汚れたアメを平気で食ったしんちゃんも、

言っていたとかいないとか…


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。