過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検証2 【損切り幅】 本日のFX取引結果

2009年05月27日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

おはようございます。

えー。

今日も昨日に引き続き検証をしていた兎です。

昨日の時点で考えていた事を基に、

今日も沢山トレードしていたのですが、

うーん。

為替奥深し‥‥

簡単じゃねーな‥‥

ってのが正直な本音です。

今日も検証と言いますか、実験的に色々な所でエントリーして

値動きを見て、実際負けトレードもあったし、

もうホント色々やったので今日は疲れたよ。

昨日まで考えていた事は、

昨日のトレードに対しては有効だったし、

今日のトレードには有効な時もあれば、

逆にそれが仇になった時もありました。

それでまた検証し直しです。

でも、

おぼろげながら見えてきた事ってのがありましてですね、

それは、

自分が良いと思った手法やルールを信じ切れるか

って事につきるんじゃないか?

と言う事です。

今日兎が検証していたのは、

直近の高値(安値)を越えた瞬間に入るパターンと、

瞬間越えた後の戻りを待ってエントリーしたパターンの

損益の総合計がどうなるのかってやつと、

エントリーの精度(入る位置や、タイミング、入る理由)はいつも通りで、

初心者さん向けに、

ちょこっとだけストップの幅を広げたバージョンで、

例えば10回それを繰り返した時の

損益のトータルの数字がどう出るのかってやつです。

もっと言いますと、

色々な角度から検討し、広げる幅(ここまでで反転する可能性もある)

の最適値はどこなのかって事まで検証してみました。

ちなみに初心者さんにとってのって事ですよ。

兎は何千回と繰り返してきた今までのやり方を

信じてますので変える必要性はないと思ってますから。

長くなってしまいますので、

一つづついきますね。

今日はストップの幅についての検証です。

まぁ

正直、昨日今日検証したぐらいじゃ

初心者さんの最適値は、ここです!なんて言えないです。

言えないですが、

初心者さんには言ってあげないとそこをベースとして

自分自身の最適なストップ幅が出せないと思いますし、

道標にならなきゃ兎のいる意味なんかないので

必ず言えるように今後も自分のトレードスタイル

の精度を上げて行きながらと同時に、

胸を張って言えますように検証して行きますので

もう少しお待ち頂ければと思います。

うん。兎頑張る。

でも、

これは重要なんで良く聞いて下さいね!


あくまで兎がやった検証は、

皆様全員に有効では無い!

って事をまず頭に入れ、

兎が提案する道標をご自身の考え方のベースにし、

自分にとっての最適なストップ幅(狭すぎないストップ幅の事)

を作りだす事が大事という事なのです。

では、

それはどうやって作れば良いのかというお話をします。

その前に、

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング


まず大前提としまして、

一つだけ間違いなく言えるのは、

自分にとっての最適なストップ幅(狭すぎないストップ幅の事)

を作りだすのには、

やはりエントリーの精度が本当に重要だという事です。

分かりやすく具体的に言いますと、

例えばボラの大きいポンド円なんかの場合、

損切りは50pipsにしましょうとか言う方がいますよね?

でも、その50pipsってのはその人のエントリーの精度が

ベースだから50pipsなんですよ。

意味分かりますか?

仮にその人をAさんにします。

そのAさんよりエントリーの精度が悪いBさんのエントリーのポイントが

10pipsずれてれば

50pipsって数字だけに固執した事で、

49pipsで反転して思惑通りに結果なっていたとしても

Bさんだけ損切りにかかってしまう場合もあるって事です。

いま挙げた例のような事によって

エントリーの精度が悪いと

正直無意味なお話になりますので、

それをまず初めにご理解下さい。


入った瞬間逆行するばかりだという方は

そもそものエントリーの入り方が間違っています。

そういった方は、

トレードの後、

もう一度チャートを見てみましょう。

ダマシに遭いそうなポイントを見逃してなかったのか?

その他に逆行してしまった要因は何なのか?

色々な事が見えてくると思います。

では、

具体的にどうやれば良いのかというお話をしますね。

まず、毎日のトレードをノートに手書きで書きましょう。

走り書き程度でも良いです。

エントリーした値段と決済した値段、

それと、損切り設定した値段も必ず書きましょう。

そして、それらの結果何勝何敗の損益の総合計も書くのです。

これによって自分のトレードの精度が出てきます。

エントリーの位置が悪かったのか、決済ポイントが悪かったのかなど

本当によく分かります。

何かを直したり、何かを更に知りたかったら

今の現状というものを分かってなければ

何もできませんから、これを必ずやりましょう。


皆さんもご存知の様に、

相場の値段は上がるにしても下がるにしても

一直線には行きません。

階段の様に段を作って動いて行きます。

例えば直近の高値を越えた瞬間エントリーし、

直ぐに2、3pipsは上がったけど

その後逆に下がってー2pipsになって

その後どうするのかって動きの事です。

スキャで微損を意識し過ぎると、

エントリーの位置は正解だったのに

狭いストップを敷いていた為にかかってしまい、

結局その後思い通りの展開になっていたなんて事が

往々にしてあります。

それでも良いって言う方はその決め事のまま

突き進めば良いでしょう。

逆にそれが嫌なら多少その反転逆行した分の幅も

考慮したストップ幅を設定しながら進めば良いのです。

エントリーの精度が良ければ

その狭く設定したストップにさえかからなければ、

結果は出せるのですからね。


ここで大事なポイントを言います。

ストップは死亡事故を防ぐ、

サーカスの綱渡りにおける

防護ネットみたいなものなので、

ストップを置かない事は絶対にあり得ないという事と、

初めに設定したストップを広げる事は絶対にしてはダメだという事。

一番大事なのは、

自分にとっての最適なストップ幅を作るという事です。

(正しいエントリーポイント前提で狭すぎないストップ幅の事)

失敗トレードだと悟り、

自発的にストップにかかる前に損切るのは勿論ありなのですが、

今後のトレード人生の為に、

たとえ目の前の一戦で損をしたとしても、

自分にとって最適な幅を知りたいのであれば、

かかってもかからなくてもストップを一旦設定して

ほっとくやり方とする事をお勧めします。

それも、実戦で試し、

痛みを負わないと自分の身に付きません。

今日兎がやっていたのは正にこれです。

正直これはダメだなって思ったケースもありましたが、

そこでいつもの様に自発損切りしてしまうと

検証にならないので割り切って淡々と見てました。

逆にそこから反転する場合ってのもありましたし、

意外な事も見えたので勉強にはなりましたね。

正直兎もこのやり方で初めスタートし、

自分のとっての最適な損切り幅を見つけ出しました。

これも見つけていないで、

同値撤退や微損の損切りこそトレードの命って思ってしまっている方は

同値撤退や微損の損切りは確かに重要なのですが

俗に言います

損切り貧乏ってやつになってしまいます。




やるべき順番は

●エントリーの精度を上げる。

●自分にとっての最適なストップ幅を見つける。

●最適なストップ幅を見つけられたらその後自発的に切る事にも挑戦。

で、

検証結果分かったのは

ボラ(ヒゲの長さや値動きの勢い)を良く見て、

一瞬の逆行にかからない最適な損切り幅を設定できれば

直近の高値(安値)や、その日の高値(安値)、

アセンディング(ディセンディング)トライアングル等

ブレイクした瞬間エントリーで、

トータルのトレード結果は勝てるという事です。

これ、やり続ければホント分かりますよ。

仮に上がった瞬間の1pipsとかで利食ってもいい訳だし、

なにしろ

でかいのはそのままグングン伸びてっちまうパターンに

何回かは絶対に遭いますので♪

損切り何回かしたってこれに遭遇すれば

一発でプラスですからね。

トレードとはトータルで勝つ確率の高い方を選ぶのが、

勝つ為のコツなのですよ。

所詮、トレードで全勝なんて不可能なんだからね。

でも、これは兎の場合なので、

一瞬の戻りを狙ってから入る方が良い結果が出せる方も

いるかもしれませんので、

その辺は各自トライ&エラーしてみる事です。

何しろ自分でやってみないとです。うん。

でもこっちだと乗り遅れる時があるから

トータルだと絶対に前者の方が良いけどね、兎は。

そういう時に限って天や地まで伸びんじゃねってパターンだし。

一つに絞って愚直にやってりゃ

絶対ハマる時が来るし、

これを今回はこっちで次はこっちってやってると

良く裏目に出んだよ。これがさー。

ったくホントに相場の神様ってのは意地悪だからねぇ。


最後に、

おまけです。

兎が検証した結果、

初心者さんにとってのスキャでのストップの幅は、

1時間足、5分足で同じ明確なトレンドが出ている場合の

ボリンブレイクのバンドウォーク中に限定ですが

利を伸ばしたいなら

1分ボリンのミドルバンド割れ。

堅実に行きたいなら

1分ボリンの1σ(-1σ)割れ。


そこまでの幅で考えましょう。

これはかなり良い結果が今のところ出ています。

あとは、

兎と同じ位のエントリーの精度があるならいつもご紹介しています

日々のトレードに記載したストップの設定位置を

まんま参考にして頂いて良いと思います。

その他のケースも今後色々検証していきますので

その時はまたご参考までにどうぞ‥‥

あとは、

兎が日々やっていくトレードでもその都度

詳しくご紹介していきますので今後ともよろしくです♪


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

~ 只今特別企画スタート中~

為替兎の携帯番号ゲットできるかも♪
Comment
No title
どもです。
トレードノート、つけようつけようと
思うけどエントリーが多すぎて面倒になる
感じです。
エントリー回数を減らしてでも現状を分析しないと
レベル上がらないですよね。
凄く骨身に沁みる記事でした。
はじめましてです。
1ヶ月程前から、こちらのサイトを見て、参考にしてます。
兎さんのブログ、いつも楽しく見てますので、こらからも更新頑張って下さいです。
やろうやろうとは思ってましたが、いつもノートつけるのを面倒がって、やってませんでした。
思い立ったらなんとやらなので、今日から付けるように頑張ります。
お久しぶりです♪
覚えてますか??幸です。

コメントかなり久しぶりですが、毎日来てますよ~☆
今日の記事凄くわかりやすくて為になりました。

トレードノートちゃんとつけてがんばります。

あっあと、オフ会私も参加したいです♪♪
No title
1ヶ月前にFXを初めた損切り貧乏のスパイラルに陥ってるkaoruです。
ポン円のデイトレなんですが、損切り幅30pipsでストップをいれてもいつも引っかかってばかりなんですよね…正しいエントリーと自分では思ってみていたのに、結局それは違うんですよね。きっと。
ほんとにエントリーに自信が持てなくなりますトホホ
No title
> 自分が良いと思った手法やルー> ルを信じ切れるか
> って事につきるんじゃないか?

いやー奥が深いコメントだと思います。カンドー


ちなみに

> 一瞬の逆行にかからない最適な> 損切り幅を設定できれば

> 直近の高値(安値)や、その日> の高値(安値)、

> アセンディング(ディセンディ> ング)トライアングル等

> ブレイクした瞬間エントリー> > で、

> トータルのトレード結果は勝て> るという事です。

を私も今晩から検証してみようと思います。
うまく行けば手法がプラスになります。貴重な情報ありがとうございます。
No title
はじめまして。
いつもブログ拝見させて頂いてます。

まだ始めたばかりの初心者で、兎さんのブログを頼りに取引しています。手法や考え方など事細かに書かれていてとても参考になります。

今回のテーマは自分にとってとてもタイムリーな話題だったので、ついコメントしちゃいました。

東京住まいなので良ければ自分もオフ会参加させて頂けたらな~なんて思っています。

これからもブログお邪魔しますので、よろしくお願いします。
No title
いつも福岡でブログを拝見させて頂いてます。
私は1年前にFXを始めて一時は増えたものの貯金を底つかせてしまいました。
でもどうしても諦めたくなくて日々兎さんのブログで勉強させてもらっています。
FXの本を見て勉強もしているのですが、チャート分析の本ばかりで兎さんみたいにトレード方法が書いてある本をなかなか見つける事が出来ません。いろんなトレード方法を知って自分流を作っていくのがいいと思うのですが、兎さんがオススメする本を紹介して頂けないでしょうか?

はじめまして
1週間程前からブログ拝見させて頂いてます。

まだ始めたばかりの初心者なので、
兎さんのブログをとても参考にさせてもらっています。
ひとりでできるもんの内容も印刷してノートに貼り付けたりもしているのですが、
取引結果もノートに書いていく習慣をつけていこうと思います。

同じ東京住まいなので、オフ会開催されるのでしたらぜひ参加してみたいです。
No title
最近、兎さんのまねをして画像で
エントリー、イグジットを保存、
吹き出しと矢印でコメントを残して
います。

自分反省会の役に立つ&トレード後
すぐに書かないと忘れるので、
ちょうど良いインターバルになってます。 (^^

まずエントリーの精度を上げる…
参考になります、指針として。
これからもよろしくお願いします
No title
お疲れ様です。

相変わらずちょっといい期間があると
唐突に駄目トレード発動で一気にマイナスって感じです。
なんとか生き残ってはいますが、
ブレイクスルーのきっかけを掴まなければ--;

損切の幅って難しいですよね。
負ける時は、それまでの好調を引きずって、
もしくは勝ちを減らしたくなくて、
損切ラインがきても確定できずにズルズルといってしまいます。
で、耐え切れなくなって天底で損切り。
取りかえそうとして、倍プッシュ、ってパターンです。

好調な時は6~10pips(ドル/円)で損切できてます。
これ位なら、早ければ当日、遅くても2、3日後には回復できるので。
調子のいい時はそう負けも続きませんしね。
この位の幅で1損切ラインがσ割れになるようにエントリーを探ってみます♪

一回の最大損失許容額を考えると「損切の幅を広げる=枚数を減らす」
だと思いますが、まだ1枚でやってるので機械的な損切り幅を守っていこうと思います。

中々右肩上がりとはいきませんが、
それでも、トレードの回数は随分と減ってきています。
そもそもFXを始めた頃は6pips/日を複利でって考えてたので、
本来ならそんなにエントリーは多くないはずなんですよね(笑)

「最低5pips」も「何回か」も達成出来てませんが、
一歩一歩進んでいきます^^

今日も為になるブログ感謝です。
ポチポチ♪
No title
兎さん、毎日忙しい中、検証大変お疲れさまでした!!とっても参考になりました。

私の場合、マイルールはなんとなく形ができてきたような段階で、まだ自分のやり方に自信がなく、ちょっと逆行しても、えっ、やっぱり間違ってる?、ってあわてて切ってはその後上がったり。。ノートもつけてはいましたが、細かいことをあとで分析したりもせず。。

この記事を読んで、自分が何をどうしたらいいのかがわかり、頭の中がすっきりしました。ちょっと最近頭が混乱していたわりには、ぜんぜんやることやってなかってです。。。エントリーも待つのがいやになると雑になるし。。兎さんの記事を読みながら、昨日の成績は3勝2敗、計+15pipsでした。気分もすっきりで、プラスで終わってよかった。。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。