過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カステラ+牛乳=○○○○? 本日のFX取引結果

2009年06月12日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

おはようございます。

いきなりですが、

カステラ食べますか?

ぶっちゃけ兎もそんなに食べてないのですが、

カステラに牛乳って合いますよね♪

兎的にはカステラには絶対牛乳なんですよ。

えっと、言いたい事はですね、

昨日の記事でご紹介しました、

兎の比較的低リスク推奨ポイント。

このポイントを逃さず淡々とこなすと、

負けずらくなります。

でもね、

トレードってそれだけじゃダメなんですよ。

そう。

時にはリスクを取る事も必要なんです。

これができないと、

いつまでたっても

「損小利小」

で終わってしまう可能性が高いのです。

特にスキャの場合ですね。


では、どうすればいいか?

今日はそんなお話をしてみようかなと。

考え方の一番大事なポイントは

一日のトータルで利益を考えましょうって事です。

今日一日のトレードがスタートしました。

出だしは好調です。

1回目+10pips、2回目-5pips、3回目+13pips

こんな感じだとしましょう。

そんな良い感じの時は、

これからご紹介するようなパターンに出くわした時は、

仮に損してもまだトータルでプラスだから

ここはリスク取って勝負するか!

と狙うようになれれば、

あなたにとっての

カステラと牛乳になるでしょう。

ってお話です。

昨日ご紹介したような、

兎の比較的低リスク推奨ポイント。

これをカステラって事にして下さい。

カステラ単体でも勿論美味しいです。

美味しいですけど、

牛乳があれば尚良いと思いませんか?

今日これからご紹介しますやり方は

カステラに対しての牛乳です。

じゃあ早速

牛乳に相談だ

牛乳に相談だ♪


そう。

みなさんも今後、

ご結婚や、転職等

本当に大事なご相談を持ち掛けられた時は、


牛乳に相談だ。


牛乳に相談するその前に、

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

では行きましょう♪

カステラに対しての牛乳と兎は言いました。

という事は、

昨日ご紹介しました、

兎の比較的低リスク推奨ポイント。

に出てきたトレードの応用版って事です。

兎は勿論これ以外の時でもチャンスがあればガンガンやります。

ですが、なぜここのポイントとセットで勧めるのかって言いますと、

エントリー自体のリスクが少ないポイントの方が

初心者さんには取っ付きやすいのではないか

と思ったからです。

ですからまずは、

これを上手く使いこなせるようになりましょう。

でも、どうやって使い分ければ良いの?

って思いますよね?

こればっかりは、経験積むしかないのですが、

初心者さんがやりやすいように、

ルールを決めちゃいましょう♪

そのルールとは、

●数回のトレードのトータルの含み益が多くて(総合計で勝ってる状態)
 一回位負けてもまだ勝ってるから良いやって思える心理状態の時。

●エントリー後のボラ(値動き)が
 エントリーしている方向に勢い良く動いている時。

●ストップを必ず置き、しかもずらさない。
  

これでやってみて下さい。

ちなみに、

冒頭に言いましたリスクを取るってのは、

このトレード自体は負けるかもしれないってリスクの事です。

でも、トータルで考えれば・‥なんすよ♪ はい。

エントリーの入り方は

兎の比較的低リスク推奨ポイント。

でもご紹介したポイントなんですが、

初心者さんにはちょっと難しいかな?

まぁとりあえず見て下さい。


ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

611

まずは一目均衡表で確認したところ、買い方有利でした。

次に1時間足を見ます。

コマ足陽線(赤)でこれまた買い方有利です。

ポイントは2つ。

5分足のコマ足陽線(赤)が
T3-Moving Averageとミドルバンドを上抜いた事と、

1分足のコマ足陰線(青)が
ミドルバンドにもタッチできずに勢いが弱まってきた事です。

この2つの理由からここで逆張りの買いでエントリーです。


先程の文章をもう一書きます。

5分足のコマ足陽線(赤)が
T3-Moving Averageとミドルバンドを上抜いた事と、

1分足のコマ足陰線(青)が
ミドルバンドにもタッチできずに勢いが弱まってきた事です。

お分かりですか?

逆に言えばここが崩された時が損切りって事ですよ。

ね、

損切りまでの幅と理由が分かりやすいから低リスクでしょ♪


ですから、

ストップはその位置にあたる1.4082位なんですが、

少しだけ幅を持たせて1.4080に設定しました。


続けて

611 ②

狙い通り上昇してきました。

ここで、最初の抵抗体になり得るポイントに来ました。

このトレード前の時点で、

兎はトータルで勝っています。

トータルで勝っている状態という事は、

ルール通りに言うと、チャンスがあればリスクを取れって事です。

ここでの値動きを良く見てましたら、

上昇の勢いがあります。

ボラ(値動き)の勢いがあるという事は、

ルール通りに言うと、利食いを我慢しろって事です。

勿論ストップは設定済みですし、ずらしてもいません。


決めたルールに全て当てはまりましたので、

ここはルール通り利食いません。


続き

611 ③

次の抵抗体になり得るボリン上バンド(+2σ)にタッチしましたが

ボラ(値動き)は弱まってません。

その他の理由は先程と全く変わってませんので

ここもルール通り利食いません。


続き

611 ④

先程の後、反転下降してきてしまいましたが、

リスクを取ると決め、ルール通りストップにかかるか、

利大と言えるような含み益までは持つつもりでしたので

この状態になってます。

1分足と5分足の直近の高値を勢い良く越えました。

(リスクを取ったおかげでたまたまこうなりました)

結果

611 ⑤

兎の目標は1時間足に引いたラインでした。

そのライン近くに来たのと、兎的には十分、「利大」にあたる為、

ここで決済しました。


+42pips


一言で言いますと、

リスクを限定しながら時にはリターンを追求する。

特に兎流の場合、

大きな流れに対しての順張りであったり、

エントリーの入り方だったり、

できるだけリスクを軽減するやり方にはこだわってます。


経験を積めば、

色々なケースで使い分けができるようになります。

今日はイマイチ値動きが不可解だから安全に行こうとか、

今日は勝ってるし、良い感じの値動きだからここは勝負とか、

連敗スタートだからここは手堅くとかですね。

で、

これら全てに共通して言える事が一つあります。

それは、

ストップを必ず置き、ずらさないという事です。

これさえきっちり守れていれば確実にリスクは軽減されています。

勿論、失敗する可能性もあります。

あそこでやっぱり利食っておけば‥‥とか。

ですが、ここでもトータルで考えるのです。


今日はイマイチだったけど、

一ヶ月単位で考えたら?

1年単位で考えたら?


・‥気付けばきっと素晴らしく素敵な

カステラと牛乳になっているでしょう。



別名

「損小利大」

という名の。



~編集後記~

兎の尊敬する人って誰っすかというプチ質問にお答えします。

沢山いるので一人づつ。

一番とかは別になく、

皆さん同じく尊敬してますので悪しからず‥‥

四人目は、

見城徹さん(幻冬舎代表)

この人は

一言でいうなら

狂気。

好きを極めるとこれになる。

人生逆張りだと思うこの方は。

凄いね。

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

~ 只今特別企画スタート中~

為替兎の携帯番号ゲットできるかも♪
Comment
No title
ごちそうさまでした。
順張り、最高。v-353
No title
どもです。
凄いです!!
頭も尻尾もとってますね。
ほんとすごい!!
No title
素朴な疑問なんですけど。
これってミドルバンド反転で
2回取れるところじゃないですか?
結局、利小になってると
思うんですけど。
1回目のエントリーで行けたのなら
2回目のエントリーも行けるはずですよね?
No title
為替兎さんこんにちは。
カステラ&牛乳!わかります~♪
私はコーヒー牛乳派ですけどね。。
本題です
本当に、「多少の損は覚悟の上」ですよね。
1回で大きく勝とうと思わず、コツコツ地道に!!を心掛けます☆
応援ポチッ
Re: No title
> 素朴な疑問なんですけど。
> これってミドルバンド反転で
> 2回取れるところじゃないですか?
> 結局、利小になってると
> 思うんですけど。
> 1回目のエントリーで行けたのなら
> 2回目のエントリーも行けるはずですよね?

えろ さん

はじめまして、兎です。

確かにそう見えますね。

でも、こんなに急に上昇した場合、

ジャンピングキャッチが怖いのでなかなか入れないと思いますよ。

チャートは今のこの状態で見ますとそう見えますが、

2回目のミドルバンドタッチで入るのは

この時の値動きの勢いと、

位置関係で兎の腕では無理でした。

できて高値抜けた瞬間に最低ジャンピングキャッチ覚悟の場合のみです。

1回目のミドルバンド反転狙いと、2回目は

同じに見えて状況が全く違いました。

1回目はミドルに当たってませんから。

2回目はミドルバンド割れるかって動きで、

結局割るかなって時に急上昇したんですよ‥‥

これで入るのはリスクが高すぎるし、

多分その人はホントにやってんのって感じです。

兎は勿論こんな急上昇を予測してませんでしたし、

全体的に見て、粘れば上げそうだし、

ストップかかっても大したマイナスじゃないし、

できれば建値で逃げられればいいからなんて

気持だったからこの急上昇が取れたのだと思います。



1回目の天井で決済できて、

2回目もミドル反転で入るって

これは後付けでしかなかなかできないと思います。

ボラの勢いが無い時は兎でもできるかもしれませんが・‥

なにしろ全ての状況が終わった状態で見ますと

そう感じる方もいますよね‥‥

分かりずらい説明してしまいまして

すいませんでした。





No title
こんにちは、いつもためになる記事をありがとうございます。

質問なのですが、ストップは利が乗った時点でも、建値に動かしたりは
されていないということでしょうか?

(煩悩の塊の私だと、それで損切りになると
頭をかきむしるかも・・・
でも、それを割り切ってやれるようでないと
ダメなんでしょうね~。)

No title
なるほど、よく分かる説明をありがとうございます。
自分が勝てない理由が少し分かった気がします。
確かにあの時間帯のボラはすごかったです。
自分は怖くて入れませんでした。

毎日のレポートを読ませていただいて、
スイスイと簡単に取れてるように
思えてしまっていたのですが、
実際はかなり慎重にトレードされているのですね。
昨日はエントリーできない自分を不甲斐ないと
思っていたのですが、少し安心しました。
勉強になりました。
ありがとうございました。
あそこですか~
あの場面であそこでエントリーとは・・・・
私は売りでエントリーしてましたよ・・・トホホ
あの値動きで反転を察知するのは、かなり難易度高くないですか?
1回目、2回目ともにかなり難しいと思うのですが・・
損切り遅れたら結構やられそうだし、実際私は売りでミドルバンドタッチまで待っていましたから。
リアルタイムで解説しながらやってもあそこでエントリー出来る人って限られると思う。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。