過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回 【からくりサーカス】~やさしいデイトレのはじめ方~

2009年10月12日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

 【からくりサーカス】
~やさしいデイトレのはじめ方~


第8回 ちょこっとファンダメンタルズ~その1~

それでは始めます。

~まず初めに~

これから何度でも言いますが、

【からくりサーカス】は初心者さんを対象として、

兎の独断と偏見で進めていますので言い切ってしまいます。

その点はご了承下さいませ。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

早く実戦に行きたいのは兎もやまやまなんですが、

今回は、いつもとちょっと趣向が違います。

もう既に皆さんご存知のように、

兎のトレードはスキャルがメインです。

でも、【からくりサーカス】は…そう。

デイトレですよね?

スキャルでは知らなくても別に良いんですが、

デイトレやスイングの場合は最低限知っておいた方が良い、

ファンダメンタルズ的な事が多少あるので、

今回は、兎には珍しくそっち関係のお話をしたいと思います。

兎は、基本的にはファンダメンタルズ無視派なんですけど、

実は全く無視している訳じゃないのです。

(あっ、でもホントに超短時間のスキャルの場合は完全無視です)

ところで皆さんファンダメンタルズってご存知ですか?

良く分からない方の為に言っておきます。


ウィキペディアで調べてね♪
以上。


……

えー簡単に言いますと、世界各国の経済動向って事っす。

アメリカはなんとかショックで経済がヤバイらしいぜ!

とか、まぁニュースでやっているような事です。

でも、

正直、ニュースやなんとかアナリストがこう言ってるなんて事は、

へー。ほー。って位でOKです。

なぜならば、

兎達の様な一般人にも分かる、

ニュースレベルで伝わってきた情報なんか、

ハッキリ言って遅すぎる情報って事だし、

しかも、そういった事柄は、

基本的にはチャートに織り込まれているものだからです。

でも、

じゃあチャートが全てで、相場がこれからどうなるのか?

という、いわゆる未来の部分について、

チャートだけを頼りにすれば良いのかと言うとそれもまた違うのですが、

そうですね…

混乱しないように言っておきますと、

基本はテクニカルであり、チャートという事なんですが、

それ+アウトライン的にはファンダメンタルズ的なセオリーや

情報も頭の片隅には置いておいた方が良いって感じです。

比率で言うと、

チャート【テクニカル】8(or9):ファンダ2(or1)って位っす。

で、

今回はまず、

兎的に知っておいた方が良いファンダメンタルズのセオリーというものを

ご紹介したいと思います。

まぁ、何事も、

セオリーや基本が分かってないと応用なんか利きませんから。

はい。

では行きましょう♪

そうですね…

分かりやすく行きたいので、

兎達一般人に一番馴染みがあると思われる、

アメリカと日本を例にしましょう。

為替変動の原則原理は、

アメリカの景気が良ければドル/円が上昇して、

日本の景気が良ければドル/円は下落するのです。

もっと簡単に言いますと、(今は分かりやすくドル/円でやりましたけど)

景気の良い国の通貨は他の通貨に対して強くなり、

逆に景気の悪い国の通貨は弱くなるって事です。

まぁこれがファンダメンタルズでの為替変動のセオリーって事ですね。

…確かにセオリーなんだけど、

兎自身の実感としては…うーん。って感じだけどね。

(そんな単純じゃないし)

しかも、

ニュースとかで知った情報というものは、

「現状」の事です。

為替取引というものは、

「現状」の事よりも、「未来」の事に敏感に反応するのです。

今はこうだから先行きはこうなりそうだ…

そう。

未来の事は誰にも分からないので、

そこに値動きというものも生まれてくるのです。

つまり、

先ほど言いました、

景気の良い国の通貨は他の通貨に対して強くなり、

逆に景気の悪い国の通貨は弱くなるって事と同じように、

経済が今後良くなりそうな国の通貨は値上がりし、

逆に悪くなりそうな国の通貨は値下がりする

可能性がある。

って事です。

どうですか?

なんとなく分かりましたでしょうか?

つまり、

為替取引というものは、株や商品などとは違い、

モノの絶対的な価値を判断するのではなく、

ある2つの国の通貨の価値のどちらが強いか弱いかを

相対的に判断するものなのです。

ちなみに、補足的にですが、

どっちの国の経済も良い(今後良さそう)って場合は、

より良い(良さそうな)国の通貨が値上がりし、

どっちも悪い(悪そう)ならば、

より悪い(悪そうな)国の通貨が値下がりするって事です。


ところで、

アメリカの通貨は何ですか?

そう。勿論米ドルですよね。

以前に比べてその地位は凋落の一途にあるものの、

やはり、米ドルというものは世界の通貨基準なんです。

兎達一般人レベルでも分かるように、

石油や貿易の決済通貨として使われているし、

為替取引だって、

結局は米ドルを通じて決済されているんですからね…

つまり、為替取引においては、

ドルの事を考えずしては成り立たないのです。

だから、ドルの動向というのは無視できないというセオリーが

生まれてくる訳です。

という訳で、

どうですか?

誰でも知っているような為替ファンダメンタルズに対しての

セオリーを2つほど、簡単ではありますがご説明したのですが、

……

こんな感じでセオリーを一つ一つやってたら、

時間もかかってしまいますし、何しろつまらないですよね?

……

もう、こうだからこう的な解説は、止めてもイイですか♪

つーか止めます(言い切り)

理由等知りたい方はご自身で調べてもらうとしまして、

サクサク行きましょう!

では、

理由等すっ飛ばしバージョンのセオリーをざっと挙げますね。

●世界の2大通貨はドルとユーロ。
  (3大通貨という言い方をするならばそれ+円)

●円はドルに似た動きをする。

【例】

ドルがユーロに対して強いと、
円もユーロに対して強くなる事が多い。

ドルがユーロに対して弱いのに、
円がユーロに対して強くなる事はあまりない。

つまり、

ユーロ/ドルが上昇(下落)する時は
ユーロ/円も上昇(下落)する事が多く、

ユーロ/ドルが下落(上昇)しているのに
ユーロ/円は上昇(下落)する事は珍しい。

となる。

●ユーロと似た動きをするのは英ポンド、豪ドル、NZドルなど。

【例】

ユーロがドルに対して強くなると、
それら(英ポンド、豪ドル、NZドルなど)の通貨は
ドルや円に対して強くなる傾向がある。



……

まぁもうちょいありますが、

こんなもんと先に挙げました2つで十分っちゃ十分ですね。

最低この位のセオリーは覚えておいて下さいねっと。

注※これら全ては、あくまでも為替一般常識レベルでの
   セオリーなんで、毎回このようになるとは限りませんので、
   その旨充分にご理解下さいませ。



…なんて言うのかなぁ

ファンダメンタルズって鵜呑みにしまくると、

やれ「織り込み済み」とか「出尽くし」とかって、

何とでも後付け解釈が出てくるから、

ぶっちゃけ信用ならないと言いますか、うっとうしいんですよね…

だから、まぁ一応は聞いておくよって位かなぁ…

で、

そんな事よりも、兎が重要視しているのは、

今挙げたような、

通貨間による基本的な強弱関係などを考えながら、

もっと実戦で有効活用できる、

ファンダメンタルズの使い方なんですよね。


ちなみに、

ファンダメンタルズって聞くと、

真っ先に浮かぶであろう「指標発表」についてですが、

当【からくりサーカス】では、

詳しい説明等は割愛します。

なぜならば、

「指標発表」時は絶対にトレードをしないからです。

まぁ、もっと簡単に言いますと、

そんな時はポジション建てないし、基本持越しもしないから

関係なしって事ですからね。

さてと、

今回は、最低限覚えて頂きたい

ファンダメンタルズにおけるセオリーというものを、

ご紹介した訳なんですが、

次回は、

それらセオリーから考えられる実戦で実際に使える事。

という具体的な使い方に行きたいと思います。


次回で【からくりサーカス】におけるファンダメンタルズについては

終了ですので、ファンダメンタルズはつまらないって方も

もう少しだけお付き合い頂ければと思います。


~次回もお楽しみに~



おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
なるほど!
ファンダの件、今までボンヤリしていた部分が少しずつ見えてきました。

端から無自覚なのと、ある程度理解した上で捨て置くのは、意識の面で根本的に違うのですね。

いつも素人目線で分かり易く解説してくれる兎さんに、感謝・感謝です!
今日も 更新ありがとうございます

お疲れさまでした

応援完了しましたぁ
No title
始めまして。
神風ミチルと申します。
私はポンド円に特化したブログを公開しています。
ぜひ、御ブログと相互リンクしていただきたくコメントさせていただきました。
ご検討のほど宜しくお願い致します。
“実践的”ファンダメンタルズ
>ニュースとかで知った情報というものは、
>「現状」の事です。

>為替取引というものは、
>「現状」の事よりも、「未来」の事に敏感に反応するのです。

>未来の事は誰にも分からないので、
>そこに値動きというものも生まれてくるのです。

これも本当に重要なことが凝縮されていますねえ。
わずか数行ですが、本質に迫っていると思います。

指標の意味とか、教えてくれる機会はブローカーなどから
沢山提供されるのですが、その前段階で、兎さんの、
このコメントのようなことが本当に大事なんですよね。

ありがとうございます♪

>ファンダメンタルズはつまらないって方も
>もう少しだけお付き合い頂ければと思います。

いやいや・・・、こういう実戦で使えるファンダメンタルズ
なら、歓迎で~す!

今後の「からくり」では、

今までご紹介いただいたお話を、どのように組み合わせ、
デイトレという時間軸の範囲で相場での優位性を構築していくのか、

というお話になるのでしょうか?

楽しみにしてます!!!
No title
わかりやすい説明をいつもありがとうございます。
更新ありがとうございます。
兎さん更新ありがとうございます。

兎さんのブログでつまらないと思ったことないですよ。毎日ホント勉強になります。

応援ポチ!!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。