過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重要】 完結編

2009年10月26日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

えー

何回かに分けてお送りしてきましたが、

今回が完結編となります。

少し長くなってしまいそうなんで…

さっそく始めましょう。

(続きをお読み下さるその前に)

頑張って書くからお願いします!!!
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

前回…

兎がやっているトレード手法をカテゴリー分けしなければならないとしたら、

やっぱりスキャルピングというものになってしまうのかもしれませんが、

兎は俗に言う「スキャルピング」をしようとは全く思ってないんです。

と言いましたよね?

で、

スキャルピングをしようと思ってスタートしている訳ではなく、

結果、スキャルピングになってるんです。

……

とも言いました。

では、これからその意味をご説明していきたいと思いますが、

その前に…

皆さんに何個かご質問です。

スキャルピングを学んだ事の最大の利点って何だかお分かりですか?

……

それはですね…

テクニック的に言うならば…

死ねない戦いを繰り返した事によって得た

エントリーの見極め力って事なのかもしれませんが…

一番大きかったのは…

負ける事は初めからトータルの戦略内だ!

と考える思考というか癖がついた事です。

言葉にするのが難しいんですけど、

…なんて言うのかなぁ…

負けるのが当たり前というか、

エントリーの瞬間から、

むしろ小さく負けにいってるって感覚なんですよね。

(意味分からないかもしれませんね)

では、

ちょこっとご説明しておきましょうか…

エントリーの見極めには大きく分けて2つあります。

まずは、大まかな流れを見る精度です。

これが分かってないとトレードなんか何もできないです。

で、

次が、いかに小さい負けで終われるかという意味での

自分で決めた絶対的ストップポイントに引き付けられたかどうかの

精度になります。

皆さん良く考えてみて下さい。

エントリーの方向性はあってたけど

結果負ける事って何度もありませんでしたか?

これはですね…

究極言いますと原因の大元はメンタル負けなんですけど、

テクニック的な事で言えば、

引き付けが足りない…

つまり、エントリーの精度がもうちょい足りないのと

資金管理のミス(張る枚数の間違い)から起こる恐怖感に負けて…

って事なんです。

でも…

そうです。

エントリーの方向性は合っていたって事は、

大きな流れは分かってはいたって事にはなりますよね?

では次に、

負ける事は初めからトータルの戦略内だと考える思考。

にいきましょう。

スキャルピングの最大の欠点は、

損大利小に陥りやすい事です。

でも、これを改善するやり方もちゃんとあるんですよ。

それはですね…

マイナス幅を自分の中できっちりと決めてしまい、

自分の中の損失許容範囲をまず出してしまうんですよ。

例えばマイナス10pipsの幅が自分の損失許容範囲と決めたら

最低でもそこが絶対的ストップポイントとした上での

戦略を立てられるか?という事です。

つまり、

リスク・リワードが最低でも1:1以上をきちんと考えた上で

ストップとリミット幅の比率が合格ラインの時以外は

エントリーしなきゃ良いって事です。

分かりやすく言いますと、

ここならストップかかってもー10pipsだし、

伸びそうな期待値も+10pips以上はあるな…

よし、エントリーだ!って感じで、

または、

ここならストップかかってもー10pipsだけど、

伸びそうな期待値は+10pips以上はないねぇ…

よし、見送ろう!って感じっす。

(でも、最近ではもうちょい進化してこれさえも
 ちょっと違う感じになってきてはいるんですけどね)

で、そこから更に、

たとえスキャルピングといえども、

常に損小利大を求めながらやるのです。

具体的に言いますと、

例えば10回のトレードをトータルで考えます。

5回、ストップ設定値の-10pipsにかかったとしましょう。

-10pips×5でー50pipsです。

でも、6回目のエントリーがあれよあれよとギューンと伸びて

+60pipsにでもなった時の6戦合計のトータルは+10pipsです。

ね?結局は+でしょ。

でも、勿論、利食おうかどうしようか迷っている間もなく

ギューンとエントリーした方向に伸びた場合はそれで良いですが、

そうではない場合もありますよね?

そういった時は最低でも先程言ったように、

リスクー10pipsに対してリワードが1:1以上になるように、

+10pips以上までは利食いを我慢するんです。

でも、

実際やってる立場から言わせてもらえば

これは理想論です。

現実論としましては、

その意識はもちろん常に持ちつつ、

チャート上の値動きがちょっとでもおかしな動きをしたら

最低でもー5pips位の小さい負けや、

+2pips位の小さい勝ちでも良いから、

もう逃げてしまえば良いんです。

そう。たとえ5回連続でそういった負けを繰り返してもね。

もっと言えば、

その日一日そういった繰り返しで負けたって、

1週間スパンで最後に勝ってりゃ良いんですから。

(でも、あんまり連続で負ける時ってのは
 相場と自分がズレていると言いますか合ってない状態なんで、
 そういった時はちょっとブレイクするか
 その日はもう止めてしまった方が良いと兎は思います)

だってね…

大きな流れが分かっていて、

尚且つ十分引き付けたポイントでエントリーできていれば

仮に負けても大した事ないですし、

しかも、何回かに1回位は

そういった小さい負けの積み重ねなんか一発で取り返せるような、

大きな流れが自然と掴めてしまいますからね。

どうですか?

なんとなく分かってきましたか?

もっと簡単に言いましょうか?

えっとですね、

小さい負けは何回負けても良いと理解するんです。

昔、有名なトレーダーがこう言ってましたよ…

負ける金額も含めてのトレードなんだ。

ってね。

…正にその通りですね。

そう…

最初から自分のトレードというものに

全勝なんかできないし負けた金額やかかったコストまで含めて

トータルで「これがトレードというもの」と理解していれば

負ける事に対しての免疫と言いますか、

そういったものがきちんとあるんで、

1回1回の勝負にどうこう思わなくなるんです。

トレードとは1回1回の「バトル」には負けても良いんです。

でもバトルの集合体である「戦争」には負けちゃダメなんすよ。

……


上手く表現できているか自信はありませんが、

これが、兎が今現在やろうとしているトレードであり、

目指しているスキャルピングのスタイルです。



つまりね…

この表現で100%合ってる訳ではないんですが…


兎の意識では、

スキャルピングではなく

タイトで、ミニマムなデイトレをやっているんです。

もっと分かりやすい言い方をすると、

時間軸やストップ幅のもの凄く狭い…

超スケールの小さいデイトレをやっているつもりなんです。

で、

それに+α

小さく負ける事は、

最終的な戦争には勝つ為の戦略と、

はなから十分刻み込んだ上でトレードしているのです。



おそらく分からないとは思いますけど、

単純なスキャルピングに見えていても実際のところは、

小さく負ける事と

常に損小利大を狙っているのです。


これが本当の本心です。

勿論、初めてスキャルピングをやりだした時は、

保有している時間が短い分危険が少ないって感じと

ちょっとでも勝ってる時にすぐ逃げるという…

俗にいうスキャルピングの感覚ではいましたし、

それがスキャルピングってもんだと思っていました。


でも、そういった俗にいうスキャルピングを繰り返しているうちに

スキャルピングというものの欠点を何とかできないかと考えて

トライ&エラーをやって、ここに辿り着いたんです。


でもね…

兎は気付いてしまったのです。

……

このやり方って、

エントリーの精度とかその他色々と、

初心者には難しくないかって事にね…

で、

何が難しいポイントなのか考えました。

……

ところで皆さん、ここでもう一つの質問です。

勝率を上げる簡単な方法って知ってますか?

……

答えはですね…

(細かく説明しないとちょっとイマイチと言いますか、
 すんなり理解できるかは置いておきまして…)


ストップの幅を広げる事と、

(ストップの幅を広げるって事は、
 仮にかかった時のマイナスも大きくなるって事ですから、
 当然ですが張る枚数の変更等はでできます)

自分が「ここは確率高い」と

本当に自信を持てるポイントだけエントリーする事です。

(この2つの詳細につきましては後に
 ちゃんとした記事としてご紹介しますね♪)

……

ここで先程考えていた、

スキャルピングが初心者には難しいというポイントは何だろう?

という疑問と、

勝率を上げる為の簡単な方法が出逢いました…

……

損大利小に陥りやすい原因を防ぐ具体的な方法は、

リスクを小さく限定できた最適の場所でのエントリーができるかどうかと、

利を欲張りすぎず、でもどれだけ引っ張れるかです。

で、

そういった最適な場所でエントリーができるかどうかという問題は

兎が慣れるまでは

ここでエントリーするのが良いと指示してあげてれば良くないですか?

しかも、そういった繰り返しをしていく中で

兎のエントリーの思考を各自が徐々に学んでいけば、

「ここでエントリーできるな…」って、

自分自身できっちり判断できる時が来るだろうしね…

で、

リスクを小さく限定できた場所でエントリーさえできれば、

別に負けても大した事ないし、

はたまた上手くいったならば、

あとは利を伸ばせるかどうかなんていう問題はですね、

ぶっちゃけ簡単なんですよね…

だってね…

利を伸ばせない人ってのはたいがいチャートを眺めっぱなしで

心がぐらんぐらんブレちゃうんですよ。

だからですね、

そういったチャートを見ていて心がブレちまう人は、

トレーリングストップだけ設定するか、

もしくは、

OCO設定してストップと同時にリミットも設定してしまい

チャート自体見ない!!!

か、

「注文は絶対に取り消さない!!」とか自分に誓って

パソコンの前で奥さんとかに手足でも縛ってもらえば

ね。

解決でしょ♪

あとはなんだ?

そう。

スキャルピングと言われているやり方で

損小利大と共に難しいと言われている問題点の一つである

ストップのタイトさと時間の慌ただしさは、

勝率を簡単に上げる方法の一つでもあります、

ストップ幅を広げてあげる事で解決できるし、

時間の慌ただしさは時間軸をもっと遅くしてあげる事で

解決できますよね?

しかも、

兎が今普段のトレードで使っている、

チャートややり方、トレードに対する思考などは、

このまま単純に時間軸をデイトレ用の時間軸にしてあげるだけで

全く問題なく、むしろ時間軸がゆっくりになった分

チャートにずっと張り付いていなくても良いし、

デイトレの方が有効かも?って思える位機能しているという確信を

兎は持ちました。


……

これなら皆できるんじゃないか?

……

そう。


こういった事から生まれたのが

……

【からくりサーカス】なんです。

勿論、兎は神様じゃないので未来の事は分かりません。

ですから、兎はこう思ったからエントリーしたけど

現実は全く違う動きをする場合だって当然ですが沢山出てきます。

しかも、デイトレやスイングでは

当然の如く損小利大を明確に求めるので、

勝率だってスキャルピングのようにはいきませんし、

ストップにかかる確率の方が多くなる位です。

でも、

トレードとはそういうものです。

先の事が分からないのに、先の事で気に病んでても意味がないんです。

未来の事が分からない兎達にできる事は、

何よりも、まずは自分の負ける幅を計算し、

負けて納得、勝ったら「ふーん」って事なんです。



兎が普段やっているトレードは、

…初心者の方には難しいかもしれません。

でも、

【からくりサーカス】ならできるのではないか?という

兎的な希望を込めつつ

精一杯皆様のお役に立てるよう

今後頑張っていこうと思ってます…


でもね…

これでもまだ兎が言いたい事の全ては話し切れていません。

また機会がございましたら

もっときちんと文章を考えたり、兎の頭の中を整理してから

お話できればと思います。

(あんまり長いと読む方も疲れちゃいますよね♪)

…という訳で、

この度は、

長々と長文にお付き合い頂きまして

誠にありがとうございました。




兎は今まで通り、

兎のトレードをやっていきます。


それがスキャルピングだろうが、

デイトレだろうが、スイングだろうが…です。

呼び方や、名称なんて何でも良いし、


トレードで大事なのは…


自分にとっての【正解】であるならば…



そう。


それだけですから。


~完結~


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


お知らせ。

株式会社MJが2009年10月26日(月) ~ 2009年11月1日(日)の期間

行政処分により一時業務停止します。

この期間はサイドバナーをはずさせて頂きます。

Comment
ありがとうございます。ただただ拍手です。 
今日もトレードがんばりまっす!
ずっと応援していきます!
No title
兎殿がうまく代弁してくださったので、とても嬉しくなりました。

「スキャルピングと呼ぶべきかどうか」なんて、そんなことは、どうでもいいことですよね。

エントリーの精度というのは、私が兎殿のブログに出会ってから一貫して共感し続けている部分です。
No title
感謝!
毎日読んで元気貰ってます。
ポジポジ病?も治りつつあります。
ありがとうございます。
No title
そこまで読む人のことを考えなくていいんではないですか?理解できない人はどんなに説明しても理解できませんし、それぞれの解釈でそれぞれが考えればいいだけのことです。このブログを見てスキャルやってみて勝てないのはその人の責任であり、手法がどうのってことではなく人のせいにするその心がダメダメなわけで。とにかく今まで通りのブログ期待しています。
ありがとうございました
しっかり読ませていただきました。ありがとうございました。
からくりサーカス大いに期待していますよ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
"結果的に、スキャ" の意味
を掴みました。

ご自身にとっての【正解】を模索した結果なのですね。

既存の投資戦略を、既存の概念でアクセスし、スキャを
選んだわけではない、と。

どこにも属さない(φ)、ご自身だけの【正解】、そして、
これをシェアしていただいていると受け止めました。

>エントリーの方向性はあってたけど
>結果負ける事って何度もありませんでしたか?
>これはですね…
>究極言いますと原因の大元はメンタル負けなんですけど、

あらら、このポイントついて行けないッス。
負けの原因がメンタル負け・・・、よろしければ、この点を
もう少し深掘りしていただけると嬉しいです。

>テクニック的な事で言えば、
>引き付けが足りない…
>つまり、エントリーの精度がもうちょい足りないのと
>資金管理のミス(張る枚数の間違い)から起こる恐怖感に負けて…
>って事なんです。

あらっ?ここも、むずかしいッス。

引き付けが十分、であっても、逆行して負けてしまうことは
あるのか、と。

でも、引き付け十分なら、負け幅小さくてOKって解釈していた
のですが。

エントリーの精度が低い -> 敗戦 

は、理解できるのですが、

引き付け不十分 -> 敗戦 

は、自分の理解を遙かに超えたことです。ムズイ…。

>トレードとは1回1回の「バトル」には負けても良いんです。
>でもバトルの集合体である「戦争」には負けちゃダメなんすよ。

分かりやすい表現ですね♪

そして、「バトル」で負けても「ただでは死なない」ことが大事かと。

兎さんオススメで始めたトレードノートのおかげで、負けても、
そのトレードを自分のチャートに対する理解を修正する場として、
活用させてもらっています。負け代は、そのレッスン料と捉えるべき
なのでしょうね。

>兎が普段やっているトレードは、
>…初心者の方には難しいかもしれません。
>でも、
>【からくりサーカス】ならできるのではないか?という
>兎的な希望を込めつつ
>精一杯皆様のお役に立てるよう
>今後頑張っていこうと思ってます…

完全に無料なブログで、ここまでのご配慮。
感謝、感謝、感謝、感謝、感謝、感謝・・・・。

自分が出来るのは、兎さんのご配慮に応えた証として、
相場で勝つこと、そして、そのことを報告させてもらうこと。

勝ちますよ!
No title
いつ読んでもまどろっこしいかきかただねえ。
ゼロサムだよ、ひっぱんの止めたほうがいいよ。
No title
いまさら言い訳?
これじゃ丸尾にコケにされてもしょうがないよ。
よっしゃー!勝ったどー!
今日は細かい負け3回,(振り返ってみると入りどころじゃなかったかも・・)最後の1回で転換線引き付けの押し目順張り、16.4pipsゲット!!1hのチャートでもう少し粘ばぅってれば後+10pipsはいけた・・トータル+8.7pips。でもよしとします!! 為替兎さんの手法を勉強して毎日楽しくFXしてます!最近はさまざまなコメント拝見させて頂きまして、私は控え目なコメントしか残していませんが、こういう事が起きた時、めっちゃ燃えるんですよ!!
日々勉強
あちこちのサイトを見ていた時期もありますが、数ヶ月前よりずっと為替兎ファンです。勉強サボりたい日もあるのですが(笑)、毎日UPしてくれてるので、頑張れています。ありがとうございます!
No title
わざわざ丸尾の言葉に反応する必要ないのに、長々と言い訳に聞こえてしまうよ。
ブログも淡々と続けてくださいな
勝ってりゃなんでもいいのよ、スキャだろうがデイトレだろうがね。
自分がいくら手数料(スプレッド)払ってFX業者がいくら儲けようがどうでもいいよ
トータルで利益出てればOKじゃん
しっかし他人(丸尾)に洗脳されている馬鹿が沢山いるわ
がんばってな兎さん
No title
たしかに洗脳されやすいかもね~

負けてる人ほど・・・

管理人さんにも洗脳されてる人多そうだし。兎さん万歳ってw

批判されて気持ちいいものではないでしょうが、建設的な批判ならむしろ歓迎すべき。

それを通じて自分が気付いてなかったこととかわかったらトレーダーとして成長できるし。負けてる人は気付いてないことも多いわけで。

批判されてムキになってる人ってトレーダーにむいてないとも思うが。そういう人って損してもすぐにムキになるんじゃないですか?

No title
兎さんはムキになってる訳ではないだろうけど、そう見る人もいるだろうな。
オレが言いたいのは批判ていること自体が時間の無駄ってことよ。
他人のトレード見て「ここは違うだろ」とか考えてるようじゃ成長しね~よ
オレは使えるものにしか目が行かね~し、批判は一切しない。
ここのブログでも自分にとって使えるものはあったからな
勿論1位のも使えるわ。

だれも助けてくれね~相場の世界、所詮勝つのも負けるのも自分自身よ。
No title
短期は勝てるけど長期は駄目な人、短期は駄目だけど長期は勝てる人、勝ててるトレーダーでも色々タイプがいる見たいですね。
お互いに手法を教えあってやってみたら両方負けて結局元に戻ったなんて話しも見たことありますし、全員が同じ手法で勝つって難しいのでは?
万人向けにしようとしすぎてインスタント食品みたいになっても嫌だし・・・
No title
兎さんは、この機会に兎さんのトレードスタイルとか、思っていることを書きたかったんですよね。。

スキャ、デイトレ、スイング、いろんなやり方で、インジも人それぞれで、どれが一番いいやり方なんていうものはないし、自分のやり方で勝ち続けているんだから、自分のスタイルが自分にとって一番だ、って。皆わかっているから大丈夫です。

さっき1位の人のブログを見たら、他のブログを茶化して反省してる、って書いてました。あの人ああいうジョークが好きみたいだし、反省してる、っていいながらまたからかったりするかもしれないけど、兎さんをそれだけ意識してるんじゃないかな。たぶん年齢も同じくらい?で、同じ兼業だし。交流してみたいとか書いてるし。

いろんな意見があるけど、兎さんのやり方、ペースでがんばってくださいね!って私のほうががんばらないと。。ねe-247
納得☆
兎式エントリーで、fxの楽しさを知れたので、兎さんには毎日感謝です!!

利を伸ばすことが毎回怖くてocoでの決算〔決め打ち10pip設定〕でいいのかどうなのか自問自答していましたが、エントリー後のチャートが気になる素人なので、もうこれでいい!!と、これ読んで腹をくくれました^-^

私には毎回とてもためになるブログです
ありがとうございます!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。