過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回 【からくりサーカス】~やさしいデイトレのはじめ方~

2009年11月09日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

 【からくりサーカス】
~やさしいデイトレのはじめ方~


第13回 ~具体的なやり方~編②

それでは始めます。

~まず初めに~

これから何度でも言いますが、

【からくりサーカス】は初心者さんを対象として、

兎の独断と偏見で進めていますので言い切ってしまいます。

その点はご了承下さいませ。

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

では、どんどん具体的なやり方をご紹介していきましょう。

今回は、ボリンジャーバンドでの具体的な「流れ」の見方になります。

尚、当【からくりサーカス】では、

まず初めの具体的なやり方としまして、

前回も言いましたように、

大小の流れを見る事。

と、

待つ事

なんですが、

まず、この、

大小の流れを見る事。

という具体的な方法とは、

前回やりました、一目均衡表での見方と、

今回やります、ボリンジャーバンドでの見方になりますので、

各自しっかり覚えて下さい。

※ちなみに使用するチャートの設定や時間軸等はこちらになります。

尚、ボリンジャーバンドについての基礎知識を簡単に知りたい方は、

第8回【ひとりでできるもん】をご覧下さい。


それではいきましょう。

まずは時間軸が日足のボリンジャーバンドを見ます。

そこでの平均足(コマ足)の色(陽線なら赤、陰線なら青)を確認して下さい。

※平均足(コマ足)についての説明は第6回 【ひとりでできるもん】を参照。

陽線(赤)=買い目線。

陰線(青)=売り目線。

これが基本大前提になります。

その次に見て頂きたいのが、

それら平均足(コマ足)の

日足のボリンジャーバンドのミドルバンドと、20EMAとの位置関係です。

ちなみに、20EMAは

普段の兎のブログではT3-Moving Averageの2本出しになってますが、

要は20EMAも、T3-Moving Averageも、

同じ移動平均線というものなんで

勿論多少内容は違いますが、

どっちでも使える事は確認済みなんで問題ありません。

(できればT3-Moving Averageが出せる
 チャートをお使いならそちらの方が良いかもしれませんけど…
 まぁ兎がそっちで慣れてるからなんですけどね)

話を戻しましょう。


平均足(コマ足)が、

ミドルバンドと(20EMAorT3とかの)移動平均線の上=買い目線。

ミドルバンドと(20EMAorT3とかの)移動平均線の下=売り目線。


というのが、これまた基本大前提になります。

ついでに言っておきますと、

移動平均線と平均足(コマ足)についての上下による位置関係というものは、

第13回 【ひとりでできるもん】での考え方が含まれてます。

で、

それ+第3回 流れを見る方法で教えたラインを

日足のボリンジャーバンドの平均足(コマ足)に引きましょう。


※このラインには、

第7回 【ひとりでできるもん】

と、

第12回 【ひとりでできるもん】

の考え方が含まれています。


では、まとめます。


●まずは、平均足(コマ足)の色を見る。

●それら平均足(コマ足)の位置が、
 ミドルバンドと(20EMAorT3とかの)移動平均線に対して
 上下どちらにある等その時の状況を見る。

第3回 流れを見る方法 で教えたラインを引く。


日足でやってもらう事は以上です。

で、

次に、4時間足と1時間足にも同じ事をやります。


平均足(コマ足)の色と、

それら平均足(コマ足)の位置が、

ミドルバンドと(20EMAorT3とかの)移動平均線の上下どちらか?

というポイントは、

日足、4時間足、1時間足と全ての時間軸を見ましょう。

参考までに一番分かりやすい例えで申しますと、

各時間足の平均足(コマ足)の色が全て同じく陽線(赤)で、

尚且つ、

全ての時間軸で、

ミドルバンドと(20EMAorT3とかの)移動平均線の上にあるならば…

買い目線で…という事です。

まぁ、このように、

全てが揃っている状態ってのがそりゃベストなんですけど、

実際は色々なパターンが出てきますので、

一応そうなんだって感じで頭に入れておき、

こればっかりは実戦で、

徐々に色々なケースを覚えてもらうしかありませんけどね…

(一応これについては「待つ」という具体的な説明する時に
 【からくりサーカス】ではこの状態になるまで…とか、
 これだけを待つ等絞ったやり方を詳しくやります♪)

あっ、あとですね、

前回の一目均衡表の具体的な見方でも言いましたし、

同じ事の繰り返しにはなってしまいますが、

そんなに長い時間ホールドするつもりは基本的にはないんで、

そういった場合のメインで見て頂くのは1時間足で、

中長期の流れを見るという目的で日足の方を見て頂く。

って感覚でいて下さい。

つまり、

前回も言いました、

大小の流れを見る事。

の、

大の流れを見る。

のは、

一目均衡表の日足とボリンジャーバンドの日足です。

で、

小の流れを見る。

のは、

一目均衡表の1時間足とボリンジャーバンドの1時間足です。

※ちなみにボリンジャーバンドの4時間足は基本的には
 そこまで頻繁には見ないと言いますか意識しないで、
 含み益時の期待値を見たりする時に目安として見るとか、
 日足上ではまだ変化がないけど、
 徐々に変化しつつあるかなぁとかそんな感じで使います。

えっと、

今回も、過去記事に飛ぶ事も多い回だった為、

各自何回も繰り返し読んで、マイノートに自分で分かりやすいように

要点等まとめておく事をお勧めします。


という訳で、

次回もお楽しみに♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
今日も 更新ありがとうございました

体調崩さないように して下さい
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
昨日も書きましたが…
>(一応これについては「待つ」という具体的な説明する時に
> 【からくりサーカス】ではこの状態になるまで…とか、
> これだけを待つ等絞ったやり方を詳しくやります♪)

が、強い関心事項です。

原則は分かる。

しかし、そのとおりになることはとてもレアケース。

その中で、どこまでなら、原則を崩して行動できるのか?

いかなるルールであれ、トレーダーにとっては、これも
大きな課題の一つではないでしょうか。

来週の【からくり】は、大きな山場を迎えるのか!!

期待しています♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
更新ありがとうございます。
兎さん更新ありがとうございます。

>こればっかりは実戦で、
>徐々に色々なケースを覚えてもらうしかありませんけどね…
いろいろ失敗や経験を積んで体で覚えていかなければ自分の物になりませんね。
がんばります。

>(一応これについては「待つ」という具体的な説明する時に
 【からくりサーカス】ではこの状態になるまで…とか、
 これだけを待つ等絞ったやり方を詳しくやります♪)
自分もかなり興味あります。楽しみです。

応援ポチ!!!
こんにちわ
 異なる時間でのトレンド調査は大事ですよね~

 短い時間だからって、手間を省いたら儲けられませんね
No title
昔の記事を読み返し・・
最近初心を忘れかけている自分がいるように思えました。
いい方に変わっていればいいんですが・・
応援 ポチ!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。