過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストップと利の伸ばし方の一例。 本日のFX取引結果

2009年11月20日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

昨日は前振り部分が長くてトレード紹介できなかったんで、

今日ご紹介します。

あっ、ちなみにオフ会にいらっしゃる方は、

昨日のブログでお話しした兎の本業の部下もそのオフ会に来るんで

損切りしないやり方に興味のある方は彼に聞いてみて下さいね。

(勿論兎でも良いですけど♪)

尚、オフ会に来れない方の為になるように、

(来れない方の方が多いんですからね♪)

彼がもうちょっと経験積んだら、詳しいやり方や感想などを

まとめてもらって機会があったらご紹介したいと思ってます。

だからね…

(続きをお読み下さるその前に)

ちょっとだけ応援して下さい♪

兎の楽しみはこれだけなんですけど…
大暴落中(泣笑)
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

今回ご紹介しますのは、

リスクとして考えたストップの位置の見方と、

利の伸ばし方として見てたチャートの見方。

って感じですね。

ではいきます。

まずはこのチャートにいく前に、

お馴染の一目均衡表での状況はと言いますと、

ローソク足が雲の上なんですが、頭打ちしたポイントがあって

尚且つ転換線を下抜いたって状況でしたので、

その頭打ちしたポイントを上抜けられないようであれば、

そこを絶対的ストップにして、

売り方有利に転換か?ってな状況って感じでした。

では、その点を頭に入れつつこちらをご覧下さい。

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

1119 ①

先程言ったように、一目均衡表上の状況を考えつつ

このようなボリンジャーでのチャート状況を見ました。

まず、

1時間足。

コマ足は陽線(赤)ですが、T3-Moving Averageの下です。

ちなみにこれは、

この回(タイトルはゾーン)でやりました

②の見送りしても良いって言っていた中でのトレードですが、

兎は②の中でも、一目均衡表での状況がイケる感じで、

(今回の一目均衡表の状況は【からくりサーカス】の第14回でやった
 ●日足の一目均衡表のローソク足が雲と乖離していて、
 尚且つ頭を打ったポイントがあり、転換線も下抜いたら
 (各時間足のボリンジャーの状況も見て)
 売り目線に切り替える。ってやつだから
 イケるって判断したって事です)

尚且つ③に近い今回のような時や、

逆に①に近いような位置の時は

(同じく一目均衡表での状況も当然①でイケるような時でね)

リスクが少ないんで(ストップ位置に近いから)よくやります。

※ここでいう①、②、③というのは、
 ゾーンという中での番号です。

まぁこの辺は、所詮完全裁量トレードであるがゆえ、

文章で毎回明確に伝えられないのが申し訳ないんですけどね…

<(_ _)>



ちなみに言っておきますと兎の中じゃ全くぶれてないんです。

っていっても伝わらないか。

まぁ話を進めましょう。

次は5分足です。

兎はこんな感じ(流れ)で見てました。

ちなみに赤いラインが見えますよね?

ここがですね、兎が見たストップ位置です。

(1分足の赤いラインも同じね)

で、

ここのリスク

(ストップにかかった時のマイナス幅って事)

と、

伸びるかなぁっていうリワード【期待値】

(まぁリミットとして考えるプラス幅って事)

を、天秤にかけます。

ちなみにりワードとして見てたのが、

1時間足に引いた水色のライン①、②、③です。

①を簡単に下抜きゃ②…②も簡単に下抜いたら③って感じです。

で、まずは最低限の①として考えても…

リスクリワードはまぁ最低の最低1:1はクリアしてますので

(理想はリスク1に対してリワード2とか3以上だけどね)

OKと。

では、

もう一度5分足を見て下さい。

レンジのような横ばい状態から下に向かってますよね?

※しかも、ボリンのバンドウォークも始まってます。

じゃあ1分足ではどうでしょう?

(1分足を見てね)

……

まぁこんな感じでした。

で、

5分足の状態でもう既に、

売りエントリーでいこうと思ってはいるんですが、

最後の微調整として、

兎が特にきっかけにしたのが、

赤○の部分です。

ここで反転下降してますよね?

(ミドルバンドで反転って事ね)

ですから、ここで売りエントリーしたと。

勿論ストップは赤いラインを軸に考えて

それのちょい上1.4968設定です。


まぁそういう訳なんですが、

もっと簡単に言うと、

さっきも言いましたリスクリワードの比率と、

分かりやすいストップの位置があって、

尚且つそこにかかったとしてもたいしたことない負けってのしか

ぶっちゃけ考えてないんですけどね♪

結果

1119 ②

簡単に言いますと、流れが変わるまではホールドでした。

流れが変わったと判断したのは5分足の赤○の部分です。

まぁミドルバンドを上抜くまでホールドしてたって事ですね。

で、ここでミドルバンドを完全に上抜いたんで決済しました。

1時間足でも③まで伸びたしね♪

+27pips


でもね…

今回ご紹介したトレードでも何でも良いんですけど、

兎のトレードって、実はこれしか考えてないのかもしれません。

それは…

トレードとは、究極言うと負けてもともと。

(=そうなった時の対処…つまり、
 資金管理を含むリスク管理等が完璧にできてるかどうか)

と、

負けても小さきゃ全然OK。

…うん。

ホントこれが核ですね。

で、

その後に、

今回のようなデイトレなら利をできるだけ伸ばそうとは思いつつ

(スキャルピングなら最低目標到達か
 リスクリワード値をクリアしてりゃそこからは
 勝ち逃げ感を一番に考えて適当に利食う)


それは極論兎の知ったこっちゃないし、

(だって、そんなの相場が決めるっていうか、
 どこまで伸びるかなんか誰も分からないもんだから)

メチャクチャ乱暴に言うと、

明らかな損大利小にさえなってなきゃ、

利食いは自分がもう良いやって思ったところ…

まぁ適当で良いんですよ。

(勿論兎の中ではこうなったら手仕舞いしようって基準と言いますか
 マイルール的なもんはありますけどね)



そう考えるとメチャメチャシンプルですよねぇ…兎のトレードなんざ。




そういえば昔誰かが言ってたなぁ…


僕の顔をお食べ。

はい2回目。(意味不明の人にはスマン)

……

「負けてもともと」 「継続は力なり」

この二つを持っていれば、人生そこそこうまくいくと思う。

って…


ホント兎もそう思う。

トレードの世界では特にね…

ではまた明日。


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
兎ファン復活しました ホントにblogねランキング 納得出来ないです
更新されてないのにランキングが下がらなかったり 急にランキングがあがったり

兎ファンは毎日 応援してます

みなさん 兎さんに 清きポチをお願いします
No title
更新ありがとうございました。
よく理解できました。

清きポチしました。
僕の顔をお食べ。。
今日も更新ありがとうございました!
今回は5、6時間持ってましたね^^;
さすがとしか言いようが無いです。
あと、ランキングマジ意味わかんないですね、まぁいまどきなんで
サクラクリック業者がいるのかもしれないですね^^;
僕の顔をお食べ。。これ衝撃的っすねw
リアルに考えると。。やめとこw
なかなか5PIPとれない
かおるでした。。
もちろんPUSH完了しております。
No title
なるほど。毎日勉強になります。
報告ですが、今日ついにFXデビューしました!
といっても結局ノートレードだったんですが(爆)
詳しくはブログ見てやってくださいv-290

応援ポチ完了しました!
No title
連投ごめんなさい。兎ファンs復帰おめでとうございます^^
あなたの事はずっと見てましたよ^^
ありがとうございます。
兎さんありがとうございます。

今回も詳しく解説してホント勉強になります。
>兎は②の中でも、一目均衡表での状況がイケる感じで
自分は②ときの判断がイマイチなので見送ってしまいます。もっともっとチャート見て、この場合だとイケるイケないの判断出来るように頑張らないと・・
最近、おススメ記事もよく読みますがこっちもすごく勉強になります。ヤバイっす

今週もありがとうございました。

応援ポチ!!!
Timely!!
ちょうど、リミット設定で悩んでいたので、
具体的なCase Studyは、大変嬉しいです!

ストップは、「引き付け」をマスターし、
リスクを納得できる(=「ドキドキ」しない)ところに
至れば、いいと。

一方で、リミットはリスク対比1:1以上、あとは裁量しか
ないかな…なんて考えていたところでした。

つい一昨日も、リスク1に対して、0.8くらいまで益を出したところで、
失速、損失を抱えることに…、もっと早く利食うべきだったかな?なんて。

これがホントに多いんです。

ゾーンの話も出てきて、いつも以上に盛り沢山!

今一度読んで、かみ砕いて、頭にたたき込みますっ!
No title
初めてコメントします。兎さんお勧めのFXブロードネットの口座を開設してみました。初心者なのでまだ使い方がわからず あれこれやっています。 これからも こちらで勉強させてくださいね。 

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。