過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続き~回答編~ 本日のFX取引結果

2009年12月08日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

えー

昨日兎はですね、友達とお好み焼屋さんに行きました。

初めは普通に飲んで話してたんですが、

時間が経つにつれ…

「おい!何やってんだよ」ってね…

店員さんとか他のお客さんも沢山いたのに

つい熱くなりすぎちまったんですよ…

で、




…ひっくり返しちゃったんですよね









お好み焼。



よし。トレード紹介いってみよう♪


(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

ブログを書いている側の意見をオフ会でもお話しましたが…
勿論他のブロガーさんも同じ気持ちだと思います。
ぜひ皆さん…
兎のブログだけでなく、
他の方のブログでも読んだら応援ポチしてあげて下さいね♪

ではいきましょう。

えっと、昨日の答えと言いますか続きですね。


兎は昨日のチャートをこう見てました。

1207 一目2

まず初めに見たのは、

ローソク足の位置です。

この場合ですと、雲の下ですが転換線の上という状況です。

で、

次に見たのが、①のラインです。

①のラインで頭打ちしてますよね?

という事は…

現時点でローソク足が雲の下ですから、

この頭打ちした①のラインを上抜けられなければ

転換線の上だとはいえ、どっちかというと

売り方有利という流れはまだ続きそうだなぁ…

と判断できるという訳です。

(逆に言いますと、ローソク足が雲の下って事で、
 大きな流れで見れば売り方有利だけど、
 この頭打ちしている①のラインを越えてしまったら、
 転換線の上にはあるという事だし、
 とりあえず流れが変わる可能性も出てくるって事ですね)

という訳で、

①のラインを上抜くかどうか集中しながら値動きの様子を見て、

越えられなさそうだったらそこで売りエントリーしてみて、

デイトレだったら

①のちょい上にストップを設定して、

そこを上抜かない限りホールドしてみるか、

スキャルピングなら

同じく①のちょい上にストップを設定して、

自分的に良いと思ったところで利食いしちゃうか?

って感じです。


ちなみに、

どちらでもお好きな方といいますか、

自分に合うやり方でやってもらえば良いと思います。


おススメはデイトレの方です。

ストップは勿論①のちょい上で、

リミットの目安は、まず②のラインで、

そこも簡単に下抜くようでしたら③って感じで見ましょう。


参考までに、

兎がやったトレードを載せておきます。

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。

1207 ①

まずは1時間足からいきますね。

この時点ではコマ足は陽線(赤)で、

T3-Moving Averageも上抜いていますが、

兎が注目しているのは頭打ちしているというポイントです。

つまり、一目均衡表で①のラインを上抜くかどうかと言いましたが、

ここでも同じ様に見ているという事です。

で、

5分足を見ます。

黒いラインが一目均衡表の①のラインって事です。

やっぱりここがポイントですよね?

ですから、この黒いラインを上抜くかどうかを重点的に見ます。

上抜かないなぁ…と自分の中で判断できた時、

そこで売りエントリーですね。

兎は最終的に1分足のコマ足陽線(赤)が、

陰線(青)に変わりボリン+1σを下抜いたんで

ここをきっかけとして売りエントリーで入りました。

ストップは勿論黒ライン(一目均衡表の①)のちょい上

1.4899設定です。

結果

1207 ②

値動きが弱くなってきて、1分足ではコマ足も陽線(赤)になり、

ミドルバンドもコマ足の実体部分が上抜いたんで

兎はここで決済しました。

コマ足のヒゲ部分がミドルバンドを上抜いていただけだったら

決済してませんでしたけどね。


同値撤退

とりあえず同値撤退しましたが、

再度値動きを見て、

やっぱりストップの位置を上抜けられないようであれば、

そこでもう一度売れば良いだけですからね♪


ハッキリ言って、

スキャルピングなんかこれの繰り返しです。

こういった同値撤退や小さい負けで止める事ってのを、

何とも思わないで作業的にできるようになる事は必須なんです。


理由はですね…


負けを小さく抑えられてれば、

入った瞬間にそれらを帳消しにする、

ギューンと伸びる大きな波を

いつか自然と捕まえちゃうんですよ。


でも、その大きな波がいつ来るかなんて分からないでしょ?

だから、その波を待ってる間に自分でできる事ってのは

意識的に負けを小さく抑えるって事だけなんですよ。


これができるかどうかが、

今後スキャルピングをやっていきたいという方にとっては

大きな分かれ道になってきます。


あのね…

最後に言っておきますが


相場なんてものは、

10回入って当たりは3回、あとは外れと思った方が良い。

って位の意識でちょうど良いんですよ♪

最後に…

コメントで回答をして下さった方々…

本当にありがとうございました<(_ _)>



正直答えというか、

兎が見た方向性なんかどうでも良いんです。

大事な事は…

売りが正しいとか買いが正しいって事ではなく、

「自分自身で方向性を考えてみたのか?」

って事と、

「負けた場合の事をきちんと考えてますか?」

という事ですからね♪


ではまた明日。

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
何度も入りなおす
だめなら早く切ってまた入りなおす。これができることが、スキャル成功の条件ですね。
しかし、なかなか現実ではできにくいことですね。更新ありがとうございました。
わかっていても
最初はなかなか出来ないものですよねー^^
また遊びに来ます!
スタンスが~
先ほど、昨日の記事を見て、答えを見たい衝動を抑えて、その前に自分で考えてみました。

引き付けて売りで入ると思いましたが、頭打ちしているポイントを抜かなそうと、どこで判断するかがわからず、結論がだせませんでした。
兎さんの解説チャートを見て、えっこれで抜かなそうって判断できるの?って思いましたが、その「考え方」がずれてましたね。

まだまだ、負けないようにという意識が強く、「小さい負け上等!」のスタンスができていませんでした!

今日も、考え方学ばせてもらいました。ありがとうございます!
イマイチ
本日もご解説ありがとうございます!

方向性も、引き付けラインも合っていたので、
よかったなあ~。

…なんて、考えていたんですけど、記事の最後の方に
たどり着き、負けたときのこと、つまり、リスク量に
考えが回っていなかったことに気づきました。

エントリーの時には、キャッシュベースで
損失計算することは数百円単位であっても
行っているので、実際のトレードではしっかり
見るだろうな…

と思う一方で、コメント欄に回答を書いているときには、
そこまでは十分に頭が回っていなかったことも事実。

ここは、真摯に反省です。

また、このような企画をやって下さい。

あと数ヶ月で1周年となる兎さんブログ。
メルマガと併せて、少しずつ、実践編を増やして
もらえると嬉しいです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
結果発表~!
ほほ~まず①②③の確認。
ほほ~。
一目での方向確認ほほ~。
毎回、まず一目での確認とご指導いただいているのに、私はかなり軽い気持ちで見ていたのでは??と感じました。
昨日のトレードでは、そこを意識してトレードして、いいところエントリー出来たんですが、欲張りすぎて利益減らしちゃいました。アハハ

応援ポチ!
ありがとうございます!!
兎さんありがとうございます。

いや~ホント勉強なるッス。兎先生!よし、ノートに書き写しておこう。・・・じゃ、復習の意味でもう一度ノート見てから寝ようかなと思ったら、んっ
「ローソク足が雷の下で・・・・」 カミナリ・・・とうとう漢字も書けなくなったようです。ふぅ~

応援ポチ!!!
No title
負けた場合のことを考える。

考えているようで考えていないんだなーと思います。負けるとすごいがっかりしてしまうんですが、
相場なんて10回中3回くらいがうまくいく。って感じで取り組むと余計な力がはいらず、いいのかもしれないですね。そのためには確固とした手法とメンタルが必須でしょうが。。。

今日も勉強させていただきます。
では

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。