過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは覚えて損はない(かも?)~其の弐~

2009年12月21日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

昨日に引き続きこんばんは。

今日もこんな時間に更新ですいません<(_ _)>

…師走は大嫌いだ。(イベント的には大好きですけど)

という訳で、

時間もないんで早速ですが、

昨日の続きにいきましょう♪

(続きをお読み下さるその前に)

皆さんの応援ポチが生き甲斐なんです(泣)
気が向いた時で良いんでできましたらお願いします。
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

ではアムロいきます。

まず昨日の内容は…

【1】最初に日足の一目均衡表を見る。

【2】なんとなくで良いから値動きの流れを視覚的に掴む。
  (緩やかだけど右肩上がりだなぁ…とか、
   ここからここまでの幅で上下に行ったり来たりしてるなぁ…
   とかね)

【3】【2】で見た値動き(ローソク足)が、
   今現在は雲の上下どちらにあるのかをチェック。
   
【4】日足の動きを頭に入れつつ次に1時間足の一目均衡表を見る。

【5】日足で見たポイントを1時間足でも見る
  (【2】、【3】を1時間足でも見るって事です)

では具体的なチャートで見てみましょう。


まずは【1】です。


ユロ/ドル 一目均衡表 時間軸は日足です。
1220 一目均衡表日足

白い□で囲った部分が【2】って事です。

で、

【3】は…そう。

雲の下ですね。

では、【4】にいきましょう。


ユロ/ドル 一目均衡表 時間軸は1時間足です。
1220 一目均衡表1時間足

上下に白いラインを引いたレンジが3つありますよね?

(①、②、③がそのレンジ幅の上限って事ね)

これが【2】です。

で、

【3】は雲の下です。

つまり、

こっちの【2】と【3】が、【5】って事です。


……ここまでが昨日の内容でしたよね?

では、

この作業(【1】~【5】)をした事によって

見えてくる事のご説明をします。


まず、

【2】と【3】を見る事によって、

中長期の方向性というものが見れます。

この場合ですと、ローソク足が雲の上から雲の下になったんで、

買い方有利の流れから売り方有利になったという事ですね。

(この辺の事[雲とローソク足の関係性とか]がイマイチ分からない方は
【ひとりでできるもん】を参照して下さい)

で、次に、

【5】から見えてくる事というものは、

短期的な方向性ってやつになります。

この場合は、

短期的な方向性としても、

ローソク足が雲の下にあるという事から、

売り方有利という事です。

つまり、

【1】と【4】で、どっちも売り方有利と判断できたという事で、

方向性としては「売り」でのエントリーを考えたいという事です。

では、

具体的に、この後の「売り」でのエントリーポイントを

「ここ!」って考えるのは、

どこを見れば良いのかと言いますと、

一目均衡表(1時間足)のポイントと書いた○内での値動きが

直近の値動きという事ですから、

そこから先の値動きを考えてみましょう。

えっと、ここはですね…

判断した方向性が「売り」という事でしたから、

上げ止まったポイントが出てきたら、

その値動きの様子を窺いつつ、

そこでの「売り」って事になります。

ちなみに、

ストップを置く目安としましては、

タイトに考えるなら、

上げ止まったポイントを上抜いたらで、

枚数を落として比較的ゆったり見たいなら

③のラインちょい上で考えます。

リミットは、

1.4260くらいで下げ止まったポイントまできたら、

そこが最初の目安ですね。

で、

そのポイントも簡単に下抜くようでしたら

そのままホールドしましょう。

つまり…

【1】【2】【3】で判断した中長期の流れに対して、

【4】【5】で判断した短期的な流れも同じ時は、

その流れの方向性でトレードし(この場合は勿論「売り」って事)

【5】で見た値動きから具体的なストップとリミットの目安を考える。


って事です。


結論、

最終的に自分一人でデイトレができるようになる為には…

何しろまずは、

値動きの流れをパッと見て、

自分の中で、

売りの流れか買いの流れかを

中長期と短期的という2つで分かるようにしましょう。

で、それが分かるようになったら、

次に、

ここで下げ止まってたとか、上げ止まってたとかのポイントを

主に1時間足上で分かるようになりましょう。


という訳で、

今回教えた【1】~【5】を

各自お好きな通貨ペアで毎日繰り返しやってみて下さいね♪




今年も残りわずかですねぇ…

本当にバタバタと忙しいですが、

ラストスパートって事で、

仕事にトレードに…頑張りましょう♪


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
今日も更新ありがとうございます

みなさん 兎さんが 気持ち良くblogが更新出来るよう 応援お願いします
デイトレの考え方
こんばんは。
日足で流れを見て、1時間足で、トレードのポイントをさがす・・ですね。 
今日も更新ありがとうございます。いいお年を・・・。ああ まだ早いですか。その前にメリークリスマスですね。
こんばんわ
更新ありがとうございます。

ラストスパート頑張りましょう^^
ギュッと凝縮
ギュッと凝縮

した記事が2本続きました。
頭を整理するのに、大変有り難い記事たちです。

大きな流れを拠り所にしながら、トライ&エラーをする。
ただし、エラーは小さめに。

ってことですかね。

まずは、
 1)大きな流れに向かって
 2)引き付けラインに出来るだけ引き付けて
 3)Goooo!!!

そして、
 4)伸びればラッキー。
 5)逆走して、引き付けラインを抜かれたら、即、損切り
 6)でも、また、引き付けラインを逆に抜き返して
  きたら、もう一度、Goooo!!!

なんだろうなあ…。

今の課題は、とにかく、5)で凹んでお終い…
ではなく、6)に執着すること。

今日もありがとうございました!
最近負けづらくなってきたかも・・
小さな負けを意識して、引き付けてチャンスを待ちエントリー!
やな感じがしたら逃げまくりで、利益が少し出てる日が増えてきたかなぁ~。
なんか自分のいいスタイルが見えてきた??
ここ数日なんかそんな感じがします。
何度もそんな気がした日がありますが、今回は・・どうかな??

応援ポチ!
No title
デイトレてこんな簡単じゃないし

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。