過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場の好む値段帯を見つけよう。本日のFX取引結果

2009年12月22日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

えー

昨日、一昨日の記事は見て頂けましたでしょうか?

えっと、

そこで書いた事が、

デイトレをするにおいての基本的なチャートの見方やコツなんですが、

ご存じのように兎のメインはスキャルピングなんで

今回はスキャルピングの簡単なコツをご紹介したいと思います。


(続きをお読み下さるその前に)

読み逃げは悲しいものです。
応援ポチは本当に嬉しいものです。
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

今日はですね…

「相場が好む値段帯を見つけよう」ってタイトルなんですが、

こういったポイントをチャート上でパッと探せるか?

って事がトレードには重要です。

(最終的にはトレードなんかこれだけでOKってくらいね)

で、

そういったポイントを見つけられたら、

そのポイントを軸に、

様々なトレード戦略が立てられるのです。

(ストップはここに設定とか、リミットはとりあえずここだね♪とか)

では、

具体的はチャートでご説明しましょう。

まずは、最初に見る一目均衡表ですが、

これはですね…

昨日一昨日の記事でも書いた状況の続きみたいなものなんで

簡単に言いますと、

昨日一昨日に引き続き「売り」の流れです。

しかもこの時点では

ローソク足が雲の下+転換線の下って状況でした。

(転換線について詳しく知りたい方は【ひとりでできるもん】の
 一目均衡表を解説してる記事でご参照下さい)

で、

兎式では一目均衡表で見た流れ(この場合は売り)に対して、

順張りにするのがお決まりなんで、

次に見る各時間足のボリンジャーバンドでも、

「売り」でのポイントがありそうなら、

そこでエントリーするべく、

そういったポイントがあるかどうかをまずは基準にして

チャートを観察していく事になります。

では、

ボリンジャーバンドを見てみましょう。

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。
1222 ①

値動きを観察してましたら、

どうやら黒いラインがこの時の「相場が好む値段帯」です。

ちなみに、

黄色い○で囲ったポイントを見て下さい。

コマ足の実体(ヒゲだけじゃなく)が黒いラインを上抜きゃ

頭打ちしましたが一応上昇してますよね?

または…

コマ足の実体(ヒゲだけじゃなく)が黒いラインを下抜きゃ

底打ちましたが一応下降してますよね?

(ちなみにこういった値動きをずっと見ていたのが、
 ここでいう観察してたってやつですね)

では、

この黒いラインに対して、

この時点でのコマ足の実体はどうでしょう?

…下抜きましたよね?

ですからここで売りエントリーです。

で、

ストップなんですが、

兎の場合は、黒ラインをコマ足の実体が上抜いた瞬間に

自分でスパッと成り行きで損切りしますので設定しませんでした。

結果

1222 ②

紫のラインが一応最低の利食い目標値だったし、

兎の最低目標でもある+5pipsにもなったんで、

ここでスパッと決済しました。

+5pips



~その後~

同じくユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。
1222 ③

ここじゃまだ様子見です。

なぜなら、

兎は中長期「売り」の流れに対して、

順張りになるべく「売り」でのポイントを待つからです。



で…

1222 ④

さっきと同じですね。

ここで売りエントリー。

結果

1222 ⑤

これもさっきと同じ理由で決済。

+5pips


ちなみに今回はスキャルピングの場合だったんで、

1分足上でやりましたが、

これがデイトレとかの場合だったら、

時間軸を1時間足上とかでやれば良いって事だけなんで、


ぜひ皆さんも、

ご自身のトレードスタイルに合わせてやってみて下さいね♪


ではまた明日。


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
繊細なトレード
非常に繊細なトレードですよね。たしかに、きめ細かなスキャルで慣れていたら、時間軸の大きいゆったりした時間軸ならもっとゆとりのあるトレードができますね。いわゆる、トレードの場合は「小は大を兼ねる」ですか。たかが5Pと笑うなかれ。5Pを笑うものは5Pになくですね。
いかに、有効な抵抗線支持線を見つけて、そのポイントではいり、ダメならただちにソンギルことができるかですね。
しかし、スキャルで勝てるのなら、危険な長い時間軸でのトレードはなかなかできなくなるのでは・・とふと感じました。短期ですが、目先、下がるのをわかっていて我慢しなければいけないのですから。

やはり それぞれのトレードスタイルがありますね。
今日も更新ありがとうございました
今日もありがとうございました

みなさん 兎さんに 応援ポチを本当にヨロシクお願いします
No title
こんにちは、いつも為になる記事ありがとうございます。。今日のはちょっと私には難解でした、まずあの黒いラインを引くことが出来ないかも^^;。。あと仮に引けたとして、ちょっとわからなかったので質問なのですが、{中長期「売り」の流れに対して、
順張りになるべく「売り」でのポイントを待つからです。}の部分はこの場合5分のこま足陰線が完全にT3の下に入ったことを確認してのことでしょうか?よろしくお願いします。v-390
ありがとうございます!!
兎さんありがとうございます。

お忙しい中ホントありがとうございます。兎さんは今日のようなポイントも見ているのですね!参考になりました。

応援ポチ!!!
上級編?中級編?
まさに、スキャルピングですね!
まずは、数p逆行で即切る練習します!
おもしろい!
複数の、かつ、連続したトレードをご紹介いただいたためか、
スキャってこんな感じで繰り返すのだなということが
イメージしやすいお話でしたね。

波に乗って、遊んでいるかのような…

きちんとワークするラインが見つかると、
ホント、1時間で5回エントリーして
20pipsくらい積み上げる感じに
なりますよね。

シャトルさんが仰る

>いかに、有効な抵抗線支持線を見つけて、
>そのポイントではいり、ダメならただちに
>ソンギルことができるかですね

に尽きるのでしょう。

あとは好みの時間足で勝負すれば
良いということですかね。

今日もありがとうございました。
相場が好む値段帯
あら、こういう見方もおもしろいですね。

応援ポチ!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。