過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1回目のトレードからの発展。

2010年02月07日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

皆様日曜日如何お過ごしですか?

今日はボクシングがありますので

兎はそれを見ようとは思ってますが、

…しっかし

昨日の日本代表の試合はねぇ…

大丈夫かな…W杯イヤーなのに。

昨日友達と一緒に見てたんですが

兎の友人はそりゃ文句を言いまくってましたよ。

「そこは打てよ!!!」

だの

「なんでそこでそうなるかなぁ!!!」

(以下省略)

「メガネのフレームはやっぱ意識してんのか…
  (ジャパンブルーに)」

(更に省略)

「なんで日本はスゲーFWが育たねーのかなぁ!!」



で、

PK取られていよいよ負けそうになった瞬間

溜まりに溜まった不満を吐き出すかのように

「だいたいよー今までずっと思ってたんだけどさー」


今の中澤が
サーフショップにいたら
ほぼ気付かないよな!




…サッカー関係ねーし。

しかもPKの前に言う事でもねー。




で、試合終了後

「兎…これからあんまり会えなくなるかもな」

と言い残し思い詰めたような顔して

「…ちょっと走ってくる」

と言い外へ飛び出していきました。


今から代表目指すのか?



大谷

……

5分後

「寒いぃぃ!!!飲みいこうぜ♪
 あとさ、ジョンカビラって日本人?」

……

なんだあいつは。

…昨日の続きいきます。

(続きをお読み下さるその前に)

できたらで結構ですので
気が向いた時は応援ポチを…
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

ではいきましょう。

覚えてない方は昨日の記事を読んでから

続きを見て下さいね。

~昨日のトレード続き~

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。
0206 ③

一回目のトレードでエントリーしたのと同じような位置に

再度上昇してきたのでここでも同じ理由同じ意識で

売りエントリー。(ストップも一緒の考え)

結果
0206 ④

まずは一回目のトレードと同じように

②の上抜けでの極小の損切りを軸に考え、

その次に1回目と同じ位置での利食いを考えてましたけど、

ここでの値動きの様子と

1回目でとりあえず上手くいってる分の余裕もあって

1回目の利食い位置での利食いをしないで粘りました。

つまり、

今の含み益がなくなっても、

もしくは1回目の利益を飛ばしても、

別に悪くてもトントンでは逃げられるから

「よし、ここは勝負の我慢」

(流れはやっぱり明らかに売りだから)

とここでは判断したという事ですね。

で、ある程度下がった時に

今度は建値にストップをきっちり設定し

もう最悪でもこのトレードでの負けはない状態にして

利食いの我慢比べです。

やっぱ根本スキャルパーなもんで

利食いを遅らす事は比較的苦手でもあり、

兎にとっては十分すぎる取り幅だしって事で

ここで一旦決済しました。

+50pips


スキャルパーは

基本内野安打狙いで常にバットを短く持つが…

チャンスの時は、

こうやって長打を狙う事もある。


引き続きその後
0206 ⑤

下げ止まりの黒いラインも下抜いての

トライアングルブレイクでここで売りエントリー。

ストップはトライアングルブレイクを狙う場合の

いつもと同じ意識・考えでマウスを持ったまま成り行きで。

結果
0206 ⑥


値動きがちょっと下げ止まったというか

勢いがなくなってきたのと、

兎の一つの目標でもある+10pipsにもなってたので

ここで決済。

+10pips


特にスキャルピング時の

トライアングルブレイク狙いでは、

利食いは決め打ちでも全然OK。

大事なのは何しろ入った後の逃げ方だけ。

意識は常に

「ヤバそうと感じた時はもう既に逃げている(クリックしてる)」

です。


「逃げた」

とは言っても良いが

「逃げる」

とは意味がない。


そう。

プロシュートの兄貴と同じ心境。

(ジョジョ好き以外意味不明)


という訳で…

ボラがある時のトレードはいつもこんな感じで、

色々なトレードを複合してやってます。

でもね…

いつでも根っこの部分は一緒だから

枝葉の部分をその場の状況によって

使い分けてるってだけなんですけどね。


ちなみに…

根っこの部分はお分かりになりましたでしょうか?



ではまた明日。

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
大谷しゃん
サイコー!
思わず吹き出してしまいました。
(兔さんのブログを読む時は飲み物を口に入れないように気を付けています)

今日も理路整然としたトレード解説、ありがとうございます。
理屈は物凄く理解出来るのに、何故そう出来ないのでしょう?!;;
日夜、兔さんの背中を追いかけています。
いつか追い抜ける日が来ると信じて・・・。
 合掌(ー人ー)
今日も 大谷君話し 楽しかったです

更新ありがとうございました
経済指標の後を
狙うって、簡単なようで難しいんでしょうね・・・初心者がやろうとすると・・・
でもいつもは経済指標の直後に乗っかろうとしていたので、こういうやり方があるんだって、感激させられました。
ジョジョはかなり好きなのですが、プロシュートってジュードロウに似てませんか?
トレンドフォローと
損小逃げパターンが根っこかなぁ・・                                       ま、でもさ 兎さんの裁量みるたびに                                        自分の努力と経験の足りなさを痛感しますね~                                  50Pとった後、三角までいくとは、あのボラで・・                                  ほんと直観にまで昇華された一瞬の総合判断だわ。                               そこまで辿りつくのにどれだけ辛すぎるミス                                    データ、研さんを積んできたのか・・はかりしれない。                              ただ、ここはいくべき兎流三角だ、と僕が判断しても                               兎さんはいかない時があるんじゃないのかなぁ・・                                そこが根っこのような・・まだ 僕は勉強が足りませんね。                            更新ありがとうございました。
流れを味方にすること と 大谷さん
出ましたネ…。
大谷さん

これまた、面白い方が現れたもんだ…なんて、
冒頭、思っていたんですけど、大谷さんでしたか。

確かに、中澤はますますサーフショップの
店長っぽくなっているんで、同感ですが、
あのやばいタイミングでは…、関係ないっすね。

でも、何か言いたくなるのは分からないでもない…、
あの試合では。

一方、代表の攻撃陣とは違って、兎さんの波状攻撃は
見事でしたね。

サッカー同様、自分にフェーバーな時間帯って
トレードでもありますよね♪

それをうまく利用されている…、50pips、さすがです。

>基本内野安打狙いで常にバットを短く持つが…
>チャンスの時は、
>こうやって長打を狙う事もある。

分かりやすい喩えです。
リスクコントロールさえ、しっかりしておけば、
このような切り替えもできるのですね。

>いつでも根っこの部分は一緒だから
>枝葉の部分をその場の状況によって
>使い分けてるってだけなんですけどね。

それは、ずっと理解しているつもりですよ。
裁量トレ、ですが、感情トレではない…。
そう…、一貫性です。

>根っこの部分はお分かりになりましたでしょうか?

中長期の流れに従うこと と 引付け。
これらに集約される、これらが根っこではないですか…?

ここで調整の戻りも狙って買い…、なんてやられると、
あれれ???ってなるんですが、全部売ってますしね♪

動画のようなご解説、楽しかったです。

今週もよろしくお願いします。(^!^)
ありがとうございます!!
兎さん、ありがとうございます。

大谷さん、さすがです。画面見ながらで笑っちゃったッスよ!

前回と今回の解説は、兎流炸裂って感じで見ていて気持ち良かったです!!!

応援ポチ!!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。