過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとテクニカルを簡単に色々。 本日のFX取引結果

2010年02月10日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

今日はトレード話が長そうだから

いつものような小話はなしで、

サクッといきたいと思います。

ここ最近大谷が大暴れしていますしね…

ちなみに大谷伝説その∞…



24(ジャックバウアーね)を一回も観た事がないのに

何を思ったのかシーズン7から見だして




はぁ?だから誰だよおまえ!!
とキレまくる。



ちなみに一緒に観た時は、

それ+

何か人物が登場してくる度に

「こいつ強ぇのか?」


と何度も聞いてきた…




一瞬大谷が悟空に見えた。


今度の誕生日にスカウターをあげようかと思う。


という訳でいきなりですがトレード紹介いってみよ~

(続きをお読み下さるその前に)

毎度申し訳ございませんが、

一つだけ兎のささやかなお願いです。

日々参考になりますように更新頑張ってます。

皆様が勝てるようになる為に兎は書き続ける所存ですが、

続きを読む前にできましたら応援だけして頂きますと

より一層今後の内容に力が入ります!

どうかよろしくお願い致します。

m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

えっとですね。

兎のやり方は基本的にまず

一目均衡表のチェックから入り全体的な流れを見るのですが、

大きな軸の考え方としましては

(一目均衡表上のローソク足が)

●雲と転換線の下=売り方有利目線

●雲と転換線の上=買い方有利目線

の2つになります。

(詳しくは【ひとりでできるもん】を参照)

でも…相場というものは

勿論その2つの時だけって訳ではないですよね?

で、

大原則と言いますか、

一番分かりやすいのは勿論その2つなんですが、

それ以外の場合の考え方はですね…

例えば、

●雲の上なんだけど頭打ちしているポイントがあって
 尚且つ転換線を下抜いた場合…

【分かりやすく言うとこんな感じ】
0210 一目

白い○で囲った部分を見て下さい。

☆が頭打ちポイントで、転換線を下抜いてるでしょ?

つまり…

こういった一目均衡表での状態を頭に入れつつ

各時間足のボリンジャーバンドの状況では

買いから売り目線に変化?って事も考えだし、

尚且つ「スキャルピングでなら取れる」
 
と考えられるポイントが出てきた場合は…

●雲の上なんだけど転換線は下
 (頭打ちしているポイントがある事が重要です)

 = (イコール)

 頭打ちしているポイントが一番のメインで、
 それ+転換線を上抜けられなければ
 売り方有利目線に変化し、
 各時間足のボリンジャーバンドの状況をじっくり見つつ
 具体的な売り場を探す。

と考えます。

ちなみに逆のパターンも同じように考えて下さいね。

(●雲の下なんだけど底打ちしているポイントがあって
  尚且つ転換線を上抜いた場合…)

では、具体例にいきますね♪

先程の一目均衡表での状況を頭に入れつつ

こちらをご覧下さい。

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。
0210 ①

一目均衡表ではローソク足が雲の上とはいえ

先程ご説明したような状況という事で

売り方有利に変化?って匂いもしています。

では各時間足のボリンジャーバンドの状況はどうでしょう?

まずは、

兎式ではそう…1時間足から見ます。

ここで特に見て頂きたいのは

コマ足の陰線(青)の実体部分が

T3-Moving Averageを完全に下抜いたという点です。

(ちなみにボリンジャーバンドでは
 T3-Moving Averageとミドルバンドの下=売り方有利目線
 T3-Moving Averageとミドルバンドの上=買い方有利目線
 が基本ですが、一目均衡表と同じように
 勿論それ以外のパターンもあるという事です。
 詳しくは【ひとりでできるもん】や
 過去記事のどこかで書いた事があると思いますので
 そちらを参照してみて下さいね
 ≪タイトル「ゾーン」とかかな?≫)


では次に、5分足と1分足を見ます。

①で下げ止まっていたのですが、そこを下抜きましたよね?

でも…この瞬間には入りません。

①の下抜きを確認しつつその①後の、

②のトライアングル的な動きを見て、

その②トライアングルをブレイクしたのも確認しつつ

③でお分かりのように

ボリン下バンド(-2σ)を突き抜けるまで待ち

ここで初めて売りエントリーなのです。

ちなみに兎はいつも

こういったトライアングルブレイク狙いは

ストップは設定しないで損切りの場合は成り行きでします。

(ストップの目安は勿論①ちょい上です)

結果
0210 ②

本日最初のトレードだったという事もあり、

ギュンと伸びた瞬間に

兎の最低目標でもある+5pipsになった為

ここでまずはスパッと決済しました。

+5pips

まぁ本日一発目のトレードだったし

以前もご紹介しましたが、

一番簡単なトライアングルブレイク狙いの止め方を

今回はした訳なんですが、

(入った瞬間ギュンとひと伸びしたら
 そこでスパッと切ってしまうってやり方ね
 詳しくは過去記事参照)

まぁしょぼいトレードっちゃしょぼいですけど

実は…この後

この淡々といつも通りのしょぼいトレードが

これほどかってくらい生きてくるのですよ♪

イイでしょうか?

トレードは最終的なトータルで考えるものです。

こういう感じでね…

では早速続きを

……

といきたいところですが…


例によって長くなりすぎそうなので

続きはまた明日<(_ _)>


今日の内容をきっちりと覚えておくと

明日の記事がその続きというか

応用編的になってくるから…まぁお楽しみに。


「クローズ読んでなきゃ本当のワーストは楽しめない」

って感じですね。

(マンガ読まない方は意味不明でごめんなさい)


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
今日も 更新ありがとうございました

応援完了しましたぁ
いいですね!
本当に、わかりやすい説明、ありがとう御座います。

雲、転換線、頭打ち、トライアングルブレイク・・・

本当に勉強になりました。

ブログの更新、有難うございました。
次の展開は
もどり狙いですかね~                                                 こーゆー風に一連の流れを何回かに分けて解説のほうが 好きですね~                  一つ一つをじっくり ・・てノリが新しい発見ありそうで楽しみです。                       更新おつかれ様です。今の時間 兎さんは トレード中かな。                         僕は、無事 終了です。お先に失礼します。
使い方間違えているかも…
と、自信をなくしてきました…。

>ボリン下バンド(-2σ)を突き抜けるまで待ち
>ここで初めて売りエントリーなのです。

というお話ですね。

私、±2σって、壁だと思っていたのです。
つまり、約95%の方に戻ってくるとの
想定で、トレードしていました。

リスク・リワードを考えるときに、

・現在値から±2σ(or繰り返し跳ね返されている値)
までの距離がリワード
・現在値から引き付けラインまでの距離がリスク

と計算していました。

だから、今回のように、-2σ越えを待つ、
つまり、バンド・ウォークするのを待つというのは、
私がやっていることと真逆なんですよね…。

バンドウォークすると、どこでエグジットしたら
いいのかが分からないというのもあるので、正直
好きではないな…、と。

しかし、今日のお話により、この発想を改めないと
いけない、と思いました。

±2σに接近したならば、そこをぶち抜くのを待つ。
で、利食いは…、他の要素(要因)により判断する
必要があるのでしょう。

「引き付け」てはいる、だから、一時は含み益が出る。
しかし、逆行され、ロスカットへ。

こんなことが続くのですが、これは上下のバンドの
捉え方に誤りがあったことが原因かもしれません…。

検証してみたいと思います。ありがとうございました。。

つづきを楽しみにしています。
最近、よくありますね。
前編・後編(上巻・下巻)見たな感じ。
面白いです♪
スカウター
いつも勉強させてもらってます。

スカウターで思い出したのですが、1、2週間くらい前にテレビで自動翻訳機のことを紹介してたのです。
まだ、実験段階で、ホテルでマイクに向かって喋るとパソコン画面上に翻訳が表示されるというもので、主語が無かったりしたも自動的に補完して訳してくれるというものでした。
ここからが本題なんですが、その翻訳機の小型携帯版も試作されてて、本体をポケットに入れて、端末を耳にかけて使用する小型イヤホンマイク&ディスプレーなんです。
そうなんです。
まんまスカウターでTV画面の隅っこを見ると・・・

○○スカウターって書いてあるじゃないですかぁぁぁ!

聞こえた言葉を自動で翻訳して、目の前のディスプレーに表示すると同時にイヤホンから訳されたものが聞こえてくるっていうものでした。

見たときはホント ビックリしました。

トレードネタじゃなくてすみませんでした。m(_ _)m
No title
大谷さんの武勇伝最高です!
腹を抱えて笑いました。

なにか恨めない一緒にいて楽しくなってしまう方ですね。
素晴らしい御友人をお持ちで羨ましいです。

これからも1ブログに一度のご紹介を切に希望致します☆
ありがとうございます!!
兎さん、ありがとうございます。

大谷さん最高ですね!自分の友達にも同じタイプの人間がいます。「オレの方が絶対強ぇ~!」ってよく言ってます。・・・がしかし、そいつでもかなわないヤツがいるそうです。だれかというと・・・河童!・・・
人間じゃないし・・・。たぶん、大谷さんとタメセンはれると思っています!

今回も自分のかゆいところに手が届いた感じの解説アザーッス!!勉強になりま~す!。

応援ポチ!!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。