過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三振。 本日のFX取引結果

2010年03月18日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

えーと、

昨日の記事で書いた

リスクを管理して勝負しに行くというお話なんですが、

兎が勝負しに行くポイントというのはですね…

スキャルピングでもちょっと長めにデイトレ的に持つ時でも

意識的には同じポイント(というかコツ?)で必ず狙っています。

という訳で今回は、

その具体的なポイントと、なぜそこで狙うのか?

という事をお話したいと思います。

(続きをお読み下さるその前に)

応援ポチが元気の源です。
でも本当に兎のブログを見に来て下さっている方々
の押してくれる率が一時期の壊滅的な率から
今じゃ「…うわ、凄い押してくれてるなぁ」
に変わったので本当に毎日嬉しいです!!
本当にありがとうございます。
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

ちなみに今回は

そういった勝負しに行くポイントというかコツを

より分かりやすくする為にスキャルピングではなく

デイトレ的なやつでご紹介したいと思います。


ではいきましょう。


まずはお馴染の一目均衡表の状況ですが

ローソク足が雲の上でしたので

まぁ買い方有利の状況ではありましたが

頭打ちして段々と値段が下がってきてた中での

再度上昇してたような状況でした。

で、こちらを見て下さい。

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。
0318 ①

まず見て頂きたいのは1時間足の紫のラインです。

で、次に見て頂きたいのが①です。

先程も言いましたが一目均衡表上での状況と同じ感じです。

1.3816で頭打ちしてそこから段々と下がってきていたような状況

の中での再上昇って感じですよね?

では、もう一度①を見て下さい。

紫のラインの上限のライン…

つまり、T3-Moving Averageを上抜け切れずに

下降してきてますよね?

で、次に見て頂くのは5分足です。

紫の流れだったのが、あれ②になりましたよ?

T3-Moving Averageをコマ足陰線(青)がここで突き抜けてます。

……

1時間足での上昇が反転下降してきた(①)…

じゃあもっと細かい時間軸である5分足で

その上昇から反転下降してきたという流れを見てみよう…

5分足の上昇の流れもこんな感じ(②)になってきてる…

よし。

最後にもっと細かい時間軸の流れを見てみよう…

1分足。

初めに見たのは③。

確かに安値も切り上がり上昇の流れだったけど…

次に④。

あれ?ここで安値が切り下がったよ…

って事はここで流れが変わった臭いから

ここで売りエントリー。

しかも、

損切るポイントも⑤と明確なんで迷う事がないし、

ここで負けた場合の損失も自分の中で許容範囲なので

このリスクを捧げる代わりに

ここで勝負してみるのは「あり」だなと。

(ストップは設定せず⑤の上抜けで成り行き)

結果
0318 ②

どこかで適当に利食おうと思ってたのですが、

ずっと値動きを見ていたらどうやら1分ボリンの

ミドルバンドをコマ足陽線(赤)が上抜けない限り

下がっていたので(★)

一応この時点ではストップを建値に設定だけして

もうとりあえず負けはないと安心しつつ

ミドルバンドを上抜くまではホールドしました。

で、ここで上抜いた為決済です。

+28pips

まぁ5分足のT3-Moving Average上抜くまでホールドでも

良かったとは思いますけどね。

でも兎的には十分だから別にこれで良し。



という訳で、

どうですか?

分かりましたか?


兎がリスク管理をしっかりとした上で

勝負にいくポイントというかコツはね…


簡単に言いますと、

一旦止まっていた流れや

今ある流れの転換の【始動】狙いって事です。



どこからが始まりかなんて

その時点では分かりっこないのです。


つまり…

そこは行かない限りは分からないんだから

自分が「イケる」と判断したならば


自分にできる事だけは事前にしっかりと…

そう。リスク管理ですよ。


それだけをきっちりとして

後は勝負しに行くしかないのです。




バットは振らなきゃヒットやホームラン出ません。



自分が

「このボール」

と思った上での空振り三振は良いのです、

ダメなのは見送り三振なのですから…



ではまた明日。

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
メルマガ届きました。
無駄にしないようにします。
No title
メルマガ受け取りました。
新たな展開ありがとうございます。
楽しみにしてます!
変わり目を
本当に 敏感に読みとってますね~ 
初動を制するのが 損少の極意のような・・ でも 一番 心に響いたのは  
自分が感じたら 振れよ てトコですね。変化の初動を 押さえれば 
負けても 小さいですもんね。

トレードに対する気持ちを 勝ちたいから確率を取りたい てな具合に
変えていきたいで~す。

更新 お疲れ様。
ありがとうございます!!
兎監督、ありがとうございます。

今回もホント分かりやすい解説アザーッス!明確な損切りするポイントが許容範囲内であえば怖がらないで勝負する!後は大きな流れに身をまかせですかね。

応援ポチ!!!
視野が…
広いですね。とっても。

逆サイドに、ボールを出して、チャンスメークをする
ゲームメーカーのごとく…。(兎さんって、サッカー小僧の頃、左のウィングをやっ
ていたのかな…と勝手にイメージ付けしています。スンマセン。)

>自分が
>「このボール」
>と思った上での空振り三振は良いのです、
>ダメなのは見送り三振なのですから…

ここには、二つの課題がありますね。

1)「このボール」と決める、つまり、狙い球の精度
2)見送らない

1)については、兎さんの日々のご紹介トレードで
高めていくことができるのだと思います。

問題は、2)。これは、完全に自分。
バットを振れないのは、1)について、全幅の信用が置けていないからか、あるい
は、ただのビビリか…。
どんなに良いコーチに教えてもらって、練習でOKでも
バッターボックスで振るか、振らないかは自分次第ですよね。

2)で、つまづいているのは、ホント重症ですね…、って、自分を責める日々。

それとですね…

メルマガ、アリガトデス。

本業中だったので、チャートチェックすぐにできませんでしたが、
後から遡ってみると、-2σからの反発で入ったのかな…と
受け止めています。

その後の下落は、思わず、切りたくなるところですが、
兎さんの「損切り」ないヴァージョンは、ああいった動きにも
振り回されないですね。

リミットはどこなのでしょう…、続きが楽しみです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。