過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙いは一緒、でもちょっと違う。 本日のFX取引結果

2010年03月25日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

えーと、とりあえず今日の朝、

メルマガの方でやっているトレードは利食いました。

利食いをした理由や今後の戦略等勿論色々とあるのですが

その辺の事につきましては

後日またメルマガを配信してその中で詳しく述べるか、

もしくは当ブログの週末の記事を

メルマガ配信したトレードの解説にしようかなぁ…

と思ってるのですが、

まぁいずれにしてもそのどちらかでお話したいと思います。

で、

またエントリーチャンスを待って

次のリアルタイムの配信をしますからね♪

何しろコンセプトは

「初心者さんでも安心してでき、しかも気付けば勝ってる」

ですから、まずはこういった感じで

実績をきっちり作っていきますね。

まぁ本当のスイングトレードというか

攻めるトレードをするなら、

(配信とかしないで自分オンリーだったら)

ここは利食いじゃなく、

むしろタイミングを待って買い増すんですけどね。

でもそれだと資金の乏しい方や

初心者さんがついてこれないかもしれないから

まずは何しろ手堅くいきましょう♪

(戦略の事をあれこれ話しだすとキリがないので
 ひとまずここでは止めておきます。あー本当は話してぇ…)

という訳でメルマガの方も当ブログとともに

今後ともよろしくっす<(_ _)>

では、

こっちはいつものように

トレード紹介いってみましょう。

(続きをお読み下さるその前に)

押してくれたらメッチャ嬉しいですよ!
(藤川球児ばりのストレート的願望)
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

えーと、昨日ご紹介したトレードのその後って感じです。

昨日のトレードは、

流れが売り方有利になってきたかなぁ…という

【初動?】を狙ったやつなんですが、

今回のやつはその後明確に売り方有利になるかどうか

じっくり様子を窺っていた中での

やっぱり売り方有利の流れになったかなぁ…という中で

さらにピンポイントでやったスキャルピングですね。

ではいきましょう。


※一目均衡表の状況は
 当然売り方有利の状況ですから省略します。


ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。
0324 ①

まぁ昨日ご紹介したやつと

狙いというか思惑はほとんど一緒ですね。

サポートラインを下抜いて、

その後のちゃぶつきからの再度の下降狙い。

で、ちょっと違うのが

今回のような位置でエントリーする場合は

③をブレイクしなかった時でも

感覚としては同値撤退もしやすいし、

逆行した場合でも

③のブレイクで入った場合より小さい損で撤退できるから

昨日のやつより更に危険度がないって感じですね。

という訳でここで売りエントリー。

まぁ昨日みたいなやつもやるし、

(昨日は今回でいう③も下抜いた瞬間でのエントリーでしたが)

正直どっちもやるんだけど、

今回の方が昨日のやつよりなお兎好みです。

ちなみに①が一つのサポートラインですが、

そこまでだとスキャルピングでは幅がありすぎる為、

②の明らかな上抜きで損切り(設定なしで成り行き)の、

とりあえずの期待値として③までと見てました。


ちなみに、仮に今回損切りしたら

その後の上昇の値動きの様子を見つつ

①の近辺とかで反転下降してきた場合そこで再度売るだけ。

(期待値は同じく③で見る)

勿論その場合のストップは①の明確な上抜きでね。


結果
0324 ②

厳密に言いますと②は上抜いてないのですが、

一応1分ボリンのー1σをコマ足陽線(赤)になって

明確に上抜いてしまったので、

とりあえず一旦ここで逃げました。

+-0pips 同値撤退


で…
0324 ③

②を上抜くかなぁ…

と思いつつ様子を窺っていたのですが

やっぱり上抜かなそう…

で…

コマ足も陰線(青)に転換したし、

もう一度ここで売りエントリー。


うん。

そりゃしつこいよ。
 

だって、②上抜いたらまた損切るだけだからね。


結果
0324 ④

キュンと下がって

兎の最低目標でもある+5pipsも越えたし

③近くまで来たって事でここでスパッと決済。


+7pips


なんとなく自分的に嫌な予感がする…と思い、

(結果当たろうが外れようがね)

その時に取れる行動の一つが同値撤退ならば

同値撤退してしまった方が良いと兎は思っている。



ちなみに同値撤退した後、

仮に狙ってた方向にギュンと伸びた場合

「…もったいなかった!!」

と思うのが大抵で、

「…仮に逆に動いたらヤバかったなぁ」

「死ななかったんだったからとりあえず良し」

とは思えないものである。


ここが勝てる人と負ける人の違いの一つである。


スキャルピングとは

同値撤退(or小さい負け)を

いかに上手く使えるかが勝負の鍵だと思う。


でも、これが難しいんだよねぇ…

一旦体に沁み込んじまったら実は簡単なんだけど…ね。


ではまた明日。


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
No title
更新&メルマガありがとうございましす。

メルマガトレードで利益をいただきました。感謝しております。

昨日のトレード(ユロドル)は、

いつも兎さんのブログを拝見している私としてはとてもやり易い状況で、

こちらも利益をあげることができました。

感謝しております。

昨日はひとつも損切りがなかったは、たまたまですが、

メンタル的に安定して始めから終わりまで行えたのが、私の中では大きかったです。
(ブログで見たことあるような状況だったのも心強かったです)

損切った後に
思惑どうり順行する。とんでもなくムカつく瞬間だが 今はもう「別に・・」 
ていう感じかな。 
なんというか・・一回一回のトレードに 執着が無いというか。だって 
トレード中は ルールを守るので 精一杯ですもん。
ただ、一週間 一ヶ月単位で 全トレードを 振り返って 損切り 順行が 
多々あれば 怒るというよりも 損切りのルールの見直しを しますね。
ある意味 トレード中よりも そこで 必死になってますね。
まー 多くは 望まないが バランスは 欲しいです。 
更新 ありがとうございます。
No title
兎さん、更新お疲れ様です。
応援ポチ完了。
すみません、メルマガが届いてないのですが、よろしくお願いします。
今日も更新ありがとうございました

応援毎日してます
No title
こんばんわ
兎さんの考え方やトレードスタイルの全てが自分のお手本です。
これからもずっとブログを続けて欲しいですね。
No title
メルマガ、そういうことだったんですね!!
エントリーのメールの後、配信が来ない・・・と不安になり、途中で決済しちゃってました(泣)
次回こそは決済のメールがくるまで待ちたいと思います!
エグジットの理由…
お待ちしております。

エントリー、リミット、ストップ。
三位一体でトレード戦略は成立するわけですが、
結局、一番難しいのはリミットと感じています。

実は、タイトなストップ設定だと入りにくいけど、
この戦略ならば行ける!って、ポイントが
AUD/JPYであったので、入ってみました。

懐の大きいトレードなので、今までにない
安心感があります。

とりあえず、100pipsで、エグジットしておきました。

いい具合です♪

リスクリワードだけに焦点を当てると、成立しにくい
戦略だと思いますが、あらかじめ取っておくリスクの
可能性を極小にしておくってことの大切さを教えて
もらいました。

ありがとうございました。
No title
ごぶさたしてます♪
いつも更新ありがとうございます!
先週ぐらいから過去記事も読んでいってるのですが、3月だったかな?
兎式トレード完成かも?
の内容ですが、すでに公表されてますか??
どこにも見当たらないと感じたので。。
これからも勉強させて頂きます!
ありがとうございます!!
兎さん、ありがとうございます。

>スキャルピングとは
>同値撤退(or小さい負け)を
>いかに上手く使えるかが勝負の鍵だと思う。
>でも、これが難しいんだよねぇ…
>一旦体に沁み込んじまったら実は簡単なんだけど…ね。
↑↑を目指しやっているのですが・・・イマイチ。ん~。
ご丁寧に毎回解説してもらってるのに・・・過去の記事もう一度見直します。

応援ポチ!!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。