過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のトレードの補足説明。

2010年07月23日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんばんは。


いやー、

しっかし狙い通りの反応があったねぇ…

えっとね、どういう事かと言うと

昨日のトレード紹介の内容だと、

おそらく…

「いつもはタイトな損切りを信条としている感じなのに
 今回は②まで粘れる(粘ってみた)のは何故?」

的な疑問を持たれる方が結構いるのではないかと思ったからです。

……

という訳で、

じゃあ今回は

昨日のトレードの補足的説明を

ちょいとお話したいと思います。


(続きをお読み下さるその前に)


なにかをきたいするってのは

じぶんのかってなことなのかもしれないけど

やっぱり

よみにげはせつないんだよなあ

(みつを風)

ちなみに押して下さる心温かい方で
Ctrlキーを押しながらポチっとすると便利♪
(タブが開くだけになるので画面の邪魔にならない)
って知らなかった方はぜひお試し下さいね。
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング


では、

まずはもう一度昨日のトレードをご覧下さい。

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。
0721 ①

※詳しい内容は昨日の記事をご参照下さい。

結果
0721 ②

0721 結果

※詳しい内容は昨日の記事をご参照下さい。


でね、

今回兎がなんで②まで粘ったのかと言いますと…

それはね、

「兎はこう見えて基本的にはストップというものを
 pips等の幅メインでは考えていないから」

なのです。

つまり、

「チャート上の形ありき…
 要するに抵抗帯や節を軸としているから。
(もっと細かく言うと
 その攻防戦の裏に潜む
 人間心理をメインに考えているのですがね)」

で考えているのです。


ちなみにね、

②と①の違いってのはね

5分足をよく見ると分かりやすいと思いますよ。


だって、

①を上抜くっていうのは5分足上だと

まだ売り方有利の流れの中の

「さぁこれからどっちに動くかちょっとちゃぶつくか?」

ってくらいの感じだし、

どうです?

売りの流れが

「ここで変わった!」

って感がしないでしょ?

でも、

②だと…どうです?

確かに②を上抜いても

明確に買い方有利の流れにはなってはいませんが、

②の上抜きの場合はね、

1.2915近辺とか、下手すりゃそこもブレイクしてしまう

危険性ってのが出てきてしまうんですよ。

で、

そうするとね…

もう兎のプランニング上だと

自分の中のマイナスの許容範囲を越えてしまうんで

……

つまり、

それ(その選択)はないんですよね。

……

どうです?

「兎はこう見えて基本的にはストップというものを
 pips等の幅メインでは考えていないから」

の意味が、何となくでもお分かり頂けましたでしょうか?



兎はね、

こういったような

複数のストップとして考えられるポイントがある時は

まずこんな感じの事を第一に考えつつ

尚且つその考え+

その時にやっている(その日のって事ね)

トレードのトータル状況

(今日は良い感じでここまで勝ってるから、
 ちょっと粘ってやられてもまだ全然余裕だから
 ここは勝負してみようとか、
 今日はここまでちょっとやられているから
 仮に負ける場合でも、
 とにかく小さく負けるようにはしておこう
 って感じでね)

も考慮しているのです。


だから、

今まで兎の「タイトに損切る」って

表面上の言葉だけを見てしまっていた方には

気付いてほしいです。

兎はね、

過去にご紹介したタイトに見える損切りも

全てこういった考えがまずありきで、

その考えの上で…

できるだけ負けを小さくできるように

引きつけてエントリーできるポイントで

基本的にはトレードをするようにしているのです。

だから…

そのベースとなっているものを分かって頂きたくて

今回はいつもと違い、

こういった粘るパターンのトレードってやつを

実際に見て頂きたかったのです。

(ぶっちゃけ利益だけ狙うんだったら
 ①や②近くの反転があるまで待ってそこで売ってたし、
 そこに来なきゃとりあえず見送りで様子見をしてるのが
 まぁいつものやり方だったんですけど、
 せっかく兎のブログを見に来てくれてるのに
 個人の利益自慢的なトレード内容より
 各自が各々の実戦にて使える何かを伝えたかったから…)



ではまた明日。


~PS~

あっ、

でもね、

今回の兎のように抵抗帯とか節ってやつが

まだイマイチ分からない方っていますか?

そんな方はですね…

明日の記事をお楽しみに。

効果的で簡単にできるトレーニング方法を教えるからね♪

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
No title
昨日の記事への補足説明、ありがとうございます。今日の記事内容から察するに、損切りポイントは「①か②」と言いながら、実質、エントリー前に②を採用だと決まっていたようですね。

記事に取り上げるトレード例にも気を使って頂いてるようで、ありがとうございます。今回の例も、単に②に引きつけたところで売りエントリー→勝ちました、というトレード紹介だった場合、「①の上抜けと②の上抜けでどのような意味の違いが有るか?」のバランスについて、私の独力では考えようとすることすらできなかったかと思います。バランスを見直す機会を与えてくださり、ありがとうございました。

明日以降の記事で、着目すべき節の見極め方について、でしょうか? 楽しみに待っております。
プランニング
そういうプランニングだったんですか
肝心なのは、その時の状況で自分の許容範囲のストップかどうか?、と、ストップの位置が分かっているか?ですかね
あと、トレードのトータル状況で使い分けをしている
きちんとプランニングは出来ているわけですね

このトレード見ながら、入るところはいつもと違うけど、ブレイクする、という仮定が崩れたときにいったん損小で切って、次のチャンス(引き付け)で入るのもありかな?そこら辺は、各自のトレードで違うものなのかもな?と思いながら読んでいました
過去記事でもストップの位置について詳しく書いてくれていて、参考になりました

明日も楽しみにしています

PS.更新遅めですが(全然構わないんだけど)体調は大丈夫ですか?兎さんの「毎日書く」は本当にすごいと尊敬しますが、体調などバランス取って無理されませんように…
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
「引き付けライン」に関する議論
大変興味深い展開です。

いかに引き付けるか??って、ことが、トレードに
際しての重要なファクターになることは、今までの
記事を通じて教えてもらいました。

じゃあ、どこを「引き付けライン」とするのか?

これまでにも、兎さんから、複数の時間軸からの
判断など、有益なお話を伺いましたが、複数の
ラインが見えたときには、どのように選択して
いくのか?という点について、ご説明いただけるのは、
レアなことかと思っています。

次の記事も楽しみにしています。

…で、ですね、自分は①、②、どちらに引き付けるかを
選ぶとなれば、①なんですよね…。

というのも、①の方がリスクが小さいってことに加えて、

「①は、繰り返し、価格を押し戻しており、市場参加者の
思惑がより拮抗しているところと見える。
いわば、天下分け目の決戦の地であり、ここでの上昇、
下落いずれかの傾きは、多くの参加者の売り買いの目線に
影響がある。なので、このラインの突破は、売り
ポジションの決済が重なり、自分の狙い(=売り)とは
異なる方向(=上昇)への加速があり得る」

って、考えたからです。

明日のお話を伺って、この考えを、再検証してみます!
ありがとうございます!!
兎さん、ありがとうございます。

昨日の記事でのエントリーしたポイントが何でそこでエントリーしたんだろうと思っていました。今回の記事読んでホント感謝です。
明日の記事も楽しみです。

応援ポチ!!!

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
はい!
複合的。全体。基準。読み。ねらい。想定。現状。許容。リスク。
いや~。しかし。今日 解説した概念って、1年目のブログの時に 
よくやってた。ほんと。変幻自在というか。多様な戦略。
カステラと牛乳とかさ。ものすごいアバンギャルトな両建て戦術とかね。
でもね。具体策はさておき。兎先生が おっしゃられる内容ってさ、
すごくインスピレーションをかきたてたり、する。
思考に進展をもたらす内容。いつもありがとうございますね~!
明日も楽しみ!
参考になります
私も間違いなく①しか注目しません。
なるほど。。。5分足のね~
兎さんの目線が少しだけ理解できたような気がします。
それがチャートを見た瞬間に、さっと出てこないと駄目なんでしょうね。
日々精進です。
更新お疲れ様です。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。