過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレードとは○○。

2010年10月26日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんばんは。

えー、

利小を積み重ねるいつも通りのスキャルピング以外にですね

先週からやり出した損小利大的なスキャルピングをやってみて

兎が改めて実感した、

スキャルピングにおけるコツのようなものを

今回はちょこっとお話ししてみようかと思います。


(続きをお読み下さるその前に)

一生懸命書いたので

できたら応援ポチをよろしくお願い致します。

…読み逃げは悲しいものですから。



ちなみに押して下さる心温かい方で
Ctrlキーを押しながらポチっとすると便利♪
(タブが開くだけになるので画面の邪魔にならない)
って知らなかった方はぜひお試し下さいね。
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

兎が思うに

スキャルピングで本当に勝つコツってのはね…

エントリーの精度とか、まぁ色々クリアしなければいけないことが

あることはあるのですが、

最終的に差を分ける大きなポイントってのはね…

今の利を捨てても利を伸ばすことを選んだ方が良いのか?

今の利をとりあえず確保した方が良いのか?

もしくは、

今のマイナス状態は耐えた方が良いのか?

そこですぐにでも止めた方が良いのか?

……

こういった場面での状況判断力だと思います。

兎は今現在、

勝率重視で利小を積み重ねるパターンのスキャルピングと、

負ける回数の方が断然多い(勝率は無視ってことね)

損小利大的なスキャルピングをやってみているのですが、

この異なる二つのやり方をやってみて改めて思ったことは…

どちらのスキャルピングをやったとしても、

「時間の大小や来る回数の違いはあれど
 必ず耐えなきゃいけない時間帯ってのがある」

…という点です。

どういうことかと言いますと、

保有時間が短いスキャルピングというトレード手法といえども

エントリーしてすぐに

「十分な利が乗ったのでさっと逃げる!」

なんてことはまぁほとんどできないし…

(スプレッドの開き分のマイナススタートという点もある為)

逆に、スタートしてすぐにある程度の含み益状態になった時に

「でもここまでは伸びるはず!」

と期待値的に見立てたポイントまで粘ろうとしても、

「…でも…できればちょっとでも負けたくないんだよなぁ」

なんて考えが頭にフッとよぎったりして

「…今止めればとりあえずは負けじゃないんだよなぁ」

なんて感じで、本当にちょっとの含み益で毎回ビビって逃げてたら

結局トータルで勝つことも…難しくなるし、

まぁつまりね、

前回の記事でも言いましたが

「トレードとは基本的に苦しいもの」

…なんですよ。

イイですか。

よく覚えておいて下さい。

利小だろうが何だろうがトレードで少しでも利を得ようと思ったら…

その為に必要なリスクってものを必ず負わなきゃならないんですよ。

でね、

このリスクをどの場面でどのくらい耐えるのか?

って見極めの上手さが=最終的なスキャルピングの上手さ。

なんですよ。

でね、

こういった見極めがきちんとできるようになるのには

何しろ実戦でのデータを取り続けること。

……

そう。

これしかないのです。

ちなみにね、

参考までにリスクをどの場面でどのくらい耐えるのか?の見極め

ってのを一つの例でアドバイスすると…

自分がエントリーした位置が多少まずくて

ポジションを持った瞬間にみるみる逆行しだし

「まずいかな…損切りをしなきゃいけないか?」

となった場合で…

○pipsの幅で必ず切る。

ってやってる方いませんか?

…まぁその切り方も悪くはないんですが、

兎個人的な感覚で言わせてもらうとね、

それが仮にレンジ状態の時ならば、

多少負けた場合のpipsが大きくなってしまったとしても

レンジの上限か下限を明確に抜けてしまうまでは

(売りポジションの時は上限で買いポジションの時は下限ね)

この場面は耐えた方が結果は良いと思いますよ。

兎が実戦にて得たデータ上で言わせてもらうとね。

……

兎はね、トレードとは…

一言でいえば苦痛だと思ってます。

でね、

苦痛に対抗する手段とはぶっちゃけ忍耐とも思っています。

そして、

忍耐の核となるものは実戦で得たデータだと思っています。

だからね、

忍耐力のベースとなるデータを…まずは何しろ集めましょう。

で、

それが集まれば、そこが大きな心の支えとなり…

何十何百と忍耐を重ねられるようにもなるのです。

で、

何百何千回も忍耐を重ねると…

忍耐を忍耐とも、思わなくなるのです。

なぜならそれがもうすでに日常の風景なのだから…


…ここまでなれたら

あなたに見える世界は確実に変わってるはずですよ。


兎はすでにこういったことを…ずっと前から始めています。


「楽に稼げるなんて夢を見るのはもう辞めよう」


ではまた。


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
やっぱり
兎さんのブログは 本当に素敵ですね!

とにもかくにも FXブログは 
現役で バリバリ 実際にトレードしてる人のじゃないと 
バカらしくて見てられないっす。
順位が上がることを祈りながら 毎日 応援してますよ!

更新 おつかれさま!
苦痛と感じなくなるまで
昨日と今日、仕事もなかったので暇さえあればチャートを見続け・・・

吐きそうです…^^

ホント、利をもう少し伸ばしたいけど、苦痛です

苦痛と感じなくなるまで、繰り返しやって、勝てるトレーダーになります
それまで、データ取って、検証して、実行して、苦痛を我慢して。
何度でもやりますよ

今日も頑張れるお話、あざ~す!!

ずっとモニター見ててかなりきついけど、ずっと見てるから得られるものが結構ありました
でも、傍から見たら中毒者みたいです…
損切りの幅について
正直、今は資金を守るために、10~15Pipsで損切りを入れているんですが、幅が少なすぎますか?
一応、サポートやレジスタンス、直近の高値安値を目安で、その少し先に置いているんですが、そのラインを完全にブレイクするまで持ち続けていた方がいいんですか。やっぱり一度の負けで大きく損失を出すのが嫌だという気持ちがあるので、そこまで割り切れない、というのが今の心境なんですが。
ありがとうございます。
ちょうど「利確の難しさ」について悩んでいます。
ブログに書いたらたくさんの方がアドバイスをくれました。
たくさんの方の意見を聞けるのはありがたいことで、とても参考になります。

同じタイミングで兎さんの意見が聞けたのでとても嬉しいですし、やはり兎さんの言葉は一味違います。

悩みを解決したいと思っていましたが、悩むのが当たり前ですよね。まだまだ回数をこなせていませんし、悩みながらも回数を重ねてがんばりたいと思います。

毎回ありがとうございます。
はじめましてm(u_u)m
この度、使い易さを重視した無料で使える
FXトレードツールサイトを作りました(*^▽^*)
ご活用いただけると嬉しいです★
心理
兎さんこんにちわ。

今回の兎さんの記事は、誰もに当てはまると思います。
それに当てはまらない人は、
もともともっとすごいでっかいことで耐え抜いた人か、
資金が莫大にある人。
あとはロボットのような人でしょうか・・・

今回書かれていることは、私が普段思っていることばかりです。
人間の心理というのは、そう変わりないのですね。
だからチャートにはパターンがある。。。

兎さんもそんな次期があったと思うと勇気がわいてきます。
もっともっとデータコレクターになろうと思います。
おもちろん検証も忘れずに。。。

更新お疲れ様です。
こんにちは
いいこといいますね^^
No title
まさに
「人生とは苦である」
by 釈迦
ですね。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。