過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご質問ありがとうございます。

2010年11月20日

更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんばんは。

お互いに眼鏡をかけている恋仲の方は

(カップル?正直今風な言い方よう分からん…)

例えばイイ感じの雰囲気になってチューをしそうになった時に

眼鏡はしたままキスをするのでしょうか?

……

仮にそのままするとするとお互いの眼鏡は当たらないのでしょうか?

……

いや、逆に当たらないようにとさり気なく眼鏡を事前に外したら

「…今からこいつチューする気か」

とその場に妙な空気が漂ってしまう気もするし…


えー、

改めましてこんばんは。


世界平和のことだけを常日頃考えている兎です。



それでは今回はですね…

一応兎のブログはトレードに関するブログなんで(小話とかあるけど)

トレードについて頂いた

いくつかのコメントの回答をしていきたいと思います。

(個別に返事等全くできてませんが<(_ _)>
 その他のコメントも全て毎回ありがたく読ませて頂いてます)

(続きをお読み下さるその前に)

本当は全部のコメントにお返事したいんですけど

兎も色々と忙しくてですね…

その結果、コメントの返信をできた方とできない方というね

まぁ、何と言いますか不公平的なものを作りたくないんで…

…大変申し訳ないのですが全部のコメントに返信できる

兎の時間的余裕ができるまでは…

統一してご返信しない方が良いと思ってます。

でも、毎回頂いたコメントはきちんと読ませてもらって

沢山の元気や勇気を頂いてます。

…本当にありがとうございます。

あと、毎回応援ポチをして下さっている方々も

本当にありがとうございます。

ちなみに押して下さる心温かい方で
Ctrlキーを押しながらポチっとすると便利♪
(タブが開くだけになるので画面の邪魔にならない)
って知らなかった方はぜひお試し下さいね。
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

という訳で…

ではぼちぼちいきましょうか。




損切りする時少しでも戻してから損切ろうとか、
キリの良い所で損切ろうとか考えてしまいます。
やっぱり不味いと思ったら即、損切るべきですか?
てアホな質問ですいません
ちなみに恋愛では「なんで?なんで?」とは言いたくても言えません。
顔で笑って心で泣いてって寅さんやん

エバ様




えーと、

兎もですね

損切りに関して、実は結構同じような悩みを抱えながら

実際はしているのですよ。

でもね、兎の場合は

「少しでも戻してから損切ろうとかキリの良い所で損切ろう」

という自分の感情的なものを仮に出したとしても

自分の許容範囲内の負け幅の中だけで必ず収めてます。

つまり、仮にこのトレードでの最大の負け幅は

ー15pips幅までと決めたなら

その中での値動きの様子で多少そのように迷うことはあっても

ー15pipsを越えた瞬間にはこれはもう問答無用で切ります。

えっとね、

損切りで兎が一番ダメだと思うのは

「うわっ、切ろうとは迷ってたんだけど欲かいて更にマイナスが
 って言ってるそばからギューンて動いた!もうダメだ」

のような心境や状況(ギューンと伸びた正に先端とかね)

に心が動いてしまった結果の損切りです。

イイですか。

兎が実際やってるような

最大の負け幅を事前にきっちり決めてあるような場合でもね、

同じように切ろうかどうか迷ってる時に

ギューンといきなり動く時は当然あるのですよ…

でもね、

仮にギューンと動いたって

兎は自分で決めた最大負け幅になった瞬間ならそこでスパッと切るだけで

メンタル的に動揺したりパニックになって切ることは絶対にありません。

つまり、

損切りに大事なこととは

ここを抜けられたら流れが加速する・変わってしまう等の

ポイントをまずはきっちり見つけられるようになることと、

自分の感情によって左右されるような切り方は間違いだということです。

えーと、

負けのラインをきっちり見つけられ、

感情ではなく確率的思考で切る損切りをまずはできるようになって下さい。

で、

そうするとね、

そう。

数多くの実戦経験を積むと…

自分が決めた最大負け幅の中での値動きでもね

「なんか嫌な気がするなぁ…ここで一旦切ろう」

とか、

自分が決めた最大負け幅を

突発的な値動きでちょっとだけ抜けてしまったような場合でも

「ギューンと動いたけど慌てないで一呼吸耐えれば
 この値動きは…動く前の位置くらいには戻る」

って感覚が不思議と身に付いてきますから。

という訳で、

まずはきっちり負けるライン決めて

そこに来るまではとにかく耐えるやり方のみを続けてみて下さい。

(これが兎おススメのやり方っす)

で、

それができるようになったら次に、

きっちり決めた中でなら自分の感覚的な勝負もして良い。

とまぁ一応こんな感じの回答になります。

で、

まぁ最後にちょっと蛇足的なことも言っておきますと…

(損切りに関してじゃないのですが)

兎の実体験上、兎がメインでやっている最低+5pips抜くような

THEスキャルピングみたいなやり方でもね、

耐えている時間っていうのがあってですね

まぁ感覚的なことで言うと、

+2~3pipsは忍耐をそれほど必要としないで

比較的にスッと行くのですが…

実戦ではね、ここで止めたくなる気持ちをグッと我慢しないと

結果+5pipsには届かないってことが非常に多い気がしてます。

つまり、

一旦手にした安息の地(含み益ってことね)を

結果捨てることになっても構わないと考えなきゃ

(当然粘るという行動も含む)

その先の真の楽園には到達できない。

…これがトレードの真実だと思います。

(自分が失敗して、本来切るポイント等で切れずに
 ただ神頼み的に粘るってのとは全然別物ですからね)

だから…そう。

一回一回ではなくトータルで勝てるような戦略や手法が絶対的に必要。

ってことにも…なるのです。

(自分が失敗して、本来切るポイント等で切れずに
 ただ神頼み的に粘るってのとは全然別物ですからね)


あっ、あとですね

顔で笑って心で泣いて…男として最高にカッコイイと思いますよ!

兎もそんな男でありたいっすね。


ご質問ありがとうございました。





っておい。

一つ答えたらこの長さかよ俺。

……

うーむ。

久々に回答コーナーを書いたら

ペース配分が全然分からん…


まぁ明日は日曜だからトレードもないし、

こりゃ続きを書かないとマズイやね。


という訳でゴメン…続きはまた明日。

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
やっぱ兎ブログいいね♪
誰かがコメントしていたけれど、読んでいて、頭が回転し始めます。刺激を受けます。

今日の記事読んでいて、疑問に思う事があり、考えていた事があります
それは、「確率的思考」についてなんですが、イマイチ分からなくて、トレーダーにはこの考え方が不可欠という事は分かるんですが、具体的にどんな考え方?見たいな感じがずっとありました

まあ、字の感じから確率的に高いトレードしろっとことだよな??
という感じなんですが、今日の記事読んでいて思う事あったんでココにババッと書いていいですかね?
長くなるけど…

今日の記事の感じからと、少し調べた感じで、「確率的思考」って、「トータルで勝てるような戦略や手法」を確立するために、リスク・リワードが1:1以上の所でトレードをするということなのかな?と…
それにプラス、なんかエッジってのがあればいいのかな?
エッジもいまいち分からなかったんだど、自分の解釈としては、勝率的に自分がイケると思うトレード、って感じかと…?
それには、数学的なエッジ(統計的に勝てるトレードか?)と心理的なエッジ(自分の性格にあったトレードか?)ってのがあるみたいだな
何でもかんでもエントリーしない為にエッジってのが必要な気がする

…と、まだまだ知識として足りない部分を感じずには居られません…
確率的思考やエッジについての本も読めばいいのでしょうが…

兎さんのブログ読んでいると、自分的に「?」と思う事あり、それについて、質問する前に考えてみるべ…
という感じでいつも自分なりに答えを出しています
答えが正解か不正解か?は別として…
自分の中の中途半端な知識がつながったりします

そして、コメント欄でアウトプット…みたいな
今日の私の解釈も良いのか悪いのか分からないけど、記事読んでいて刺激されここに書いてしまいました

確率的思考を持ったトレードとは
・トータルで勝つトレード
・ポイントを絞る
要はこれだけなのかもな…、で、、感情を入れずにこなしていければ…う~む…


今日はメガネの刺激(読んでてちょっとドキっとしてしまった)というおまけつきで、今からチャート見て考える事もあるし眠れそうにありません…^^
こちらこそ
ありがとうございます!
毎度 楽しませてもらってますよ。
最近は 不定期更新なんだけど 内容自体は 
すごく充実した内容ですね。
今回もなんだかんだ言って よみごたえバッチリ。
僕の好みは ペンが走って なが~くなるバージョンが好きですね!
今回もイー勉強になりました!
No title
きゃ~v-343ありがとうございます。
やっぱそうですね。流れ変わってるのに1分では変わったけど15分ではまだとか考えて損切りしなかったりって感情トレードですね。
兎さんみたいに成行でスパッと損切りできないんで最初にキチッと損切り入れます。
あっそれと私、男らしいけど一応女ですv-207
こんばんは
損切りの規律って
マスターするまでが
大変なんですよね。
ただ、簡単にマスターされたら
嫌な感じもしますが。
応援ぽち
今週もよろしく
いつもお世話になっております

今週もがんばりましょう!^^

応援全部しておきますね!
久々の「答えは聞いていない」!
2-3pipsへの到達は、割とスムースに行けるというのは、
小生も体験しています。

5pipsくらいならば、いけるでしょ…、と思いつつも、
これが本当に遠く感じるのです。

そして、反転しての損切りが何度か続くと、負けるくらいなら、
3pipsで上等だよ!なんて、自己弁護しながら、EXITへ。

当初のプランどおりにトレードをやらない「馬鹿もの!」の
典型だと戒めています。だって、5pipsだからこそ、
リスクリワード1:1をクリアできているのに、
それを崩しちゃ…、何のためのプランニングだよ…自分。

電王は終わっちゃったけど、「答えは聞いていない!」って、
本当にいい響きですね。

ありがとうございます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。