過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海老で鯛を釣る。 本日のFX取引結果

2011年01月13日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんにちは。

えー、

ところで今日のタイトル…

「海老で鯛を釣る」

を、

とあることわざサイトでちょっと調べたら

■意 味: 小さい海老で、大きな鯛を釣る。
      わずかな元手や労力で、大きな利益を得ることのたとえ。

■読 み: えびでたいをつる

■解 説: 略して「海老で鯛」もしくは「海老鯛」


…この最後の

■解説…


意味あるか?



さて、本篇始まるよ~

(続きをお読み下さるその前に)

応援ポチを押してくれたら

今週の残り毎日書くかも…

(押して下さった方いつもありがとうございます)

ちなみに押して下さる心温かい方で
Ctrlキーを押しながらポチっとすると便利♪
(タブが開くだけになるので画面の邪魔にならない)
って知らなかった方はぜひお試し下さいね。
m(__)m  ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

ではいきましょう。

えっと、

今日は、そう…

トレードをする時における兎の中の

「海老で鯛を釣る」

の一つをご紹介したいと思います。

という訳で、

では、まずはこちらのトレードを細かい解説抜きでご覧下さい。

ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。
0113 1

一見すると、この日の高値のライン※で

頭打ちしているかのように見えると思います。

だから、狙いとしてはまずは単純に2つ考えられるのですが、

それはそう…

※をブレイクすると見越しての戦略か?

またはしないと見越しての戦略か?

…ですよね?

[ちなみに戦略はこんな感じかな]

●※を明確に上抜いたらその後の押し目で買いエントリー
 (ブレイクアウトした瞬間は狙わない順張り戦略)

●※でやっぱり頭打ちして下がってきたら
 ※の上抜けで絶対損切りでの売りでエントリー
 (リスクが少ない引き付け逆張り戦略)

でもね、

兎はこういった状況の時に、

実はもう一つやってることがあって、

それは何かと言いますと…

その時の値動きの気配やチャート上の状況を判断し

(兎のやり方で最初に見る一目均衡表上でも、
 ローソク足が雲と転換線の上で[ひとりでできるもん参照]
 ボリン1時間足や5分足上でもコマ足は陽線(赤)の
 ミドルバンドとT3-Moving Averageの上だから…
 一応はこの時点では買い方有利ということになりますので)

チャート上に挙げたようなポイントで買いエントリーし、

※をブレイクアウトしたらまぁラッキー…ってのを狙う

そんなやり方なんですよね。

結果
0113 2

※をブレイクして更にいくか?と思わせつつ

結局は勢いがなくなってきたので

ここでとりあえずは一旦決済しましたが…

まぁ、

ブレイクアウトしてギュンギュンいくか?

…というラッキーを狙いつつも

まぁとりあえず兎の最低目標である+5pipsはある時にやめた。

って感じですかね。

0113 結果

(実際はちょっと滑ってた)


……

一番MAXに伸びた時点では+20pips近辺になったのですが、

兎はここ近辺では利食いませんでした。

なぜなら…

そう。

ブレイクアウトを狙う時ってのは

ここで利食ってしまわないことが

「海老で鯛を釣る」

ということだからです。

ちなみに今回はまぁ結構余裕があったんで

(一旦は勢い良く伸びたので)

兎の最低目標でもある+5pipsで逃げられましたが

仮にそうできなくてあっさりと負けてたとしても

ブレイクアウトを狙う=ほとんどやられるが当たったらデカイ

というものだと兎は十二分に理解しているので

エントリーする前からもう既に

ブレイクアウト狙いというギャンブルはするけど

負けても絶対にこまでだ。

ということしか考えていません。


つまりね、

もしブレイクアウトを狙いたいなら…

もう負けること前提で狙わないとダメってことなんですよ。



トレードとは基本的に騙し合いの世界です。

そして、

その中で生きようとするトレーダーには幾つかのタイプがあります。

まず、

●自分の欲に負け騙されるタイプ。

(…トレードの世界から足を洗うことをおススメします)

次に、

●騙されないように抑制するタイプ。

(おそらく大体の方はこのタイプに属し、
 常に騙されないように頑張りながらトレードをしてますが、
 ちょっと魔がさした時や、我慢できなくなってしまった時に
 大金を失ってしまったりする)


ですが、

自分の中では利益が望めそうなのであれば…

何しろ負けた時の対策だけは事前にきちっとし

時には敢えてその騙しに乗ってみるってのも

勝つ為に必要なことだと…兎は思ってます。


●自分が全て納得した上で時には敢えて騙されてみる。


実生活での腹黒い奴は当然嫌われますが…

トレードの世界で強いのは、

腹黒い奴…

嫌な世界だけど、

まぁそこで生きていこうとするなら

仕方がない…ってね。

ではまた。


このお話の後編の記事はこちら→「海老で鯛を釣る」の裏話。


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
ブレイクを
狙う時の兎流心得。
しかと、受け止めました。

それはそれとして、海老鯛の兎さんのつっこみ
笑えた~。
その解説ど~考えても いらね~よ。ははははは。
No title
ブレイクアウトは抜けると大きいですよね(^-^)

http://kawasemon.com
I know, you must be a liar, but...
>一見すると、この日の高値のライン※で

>頭打ちしているかのように見えると思います。

自分は、そのように見ていましたね。
自分のカタとして、ブレーク狙いはダメだな…と感じています。

むしろ、よりクリアなラインが見えているところへ引き付けて、
そこからの反発…、これが、自分自信に納得できる手法です。

だから、兎さんの本日ご紹介のやり方は、大変興味深い…
のですが、取り入れることはできないかな…、と思っています。

色々なトレードを見せてもらって、自分に合うものは何かを探す。
楽しい時間ですよ。

>何しろ負けた時の対策だけは事前にきちっとし

口をすっぱくして言われていることですよね、だから、ラインが
より明確でないとエントリーはできないのです。

トレードに限らず、恋愛でも同じかも…、やるべきことができている時は、
「どうせ騙すんでしょ…、でも、それでいいよ」と心を大きく、
どっしり構えていられますね。

自分を誤魔化すな!さすれば、結果は気にしなくなる。
海老鯛
リスクリワードですね。

自分は鯛で海老釣ってるみたいな感じでしょうか。

ははは(笑)

って笑い事じゃないですね。

戦略によって攻め方(考え方)も変えなくちゃなんないこと、

もう少し考えながらトレードに臨みたいと思います。
ポチ!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。