過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”節”を使うとは…

2011年10月15日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんばんは。

昨日、アメーバピグの話を友人としました。

まぁあれはね、

兎が思うにまぁ超簡単&限りなくポップにした

ネトゲだと思うんだよ。

あっ、ちなみにネトゲって分かる?

まぁ簡単に説明すると

お互いの顔も知らない人達がゲームの世界に入って

時には協力して敵を倒したり、

キャラを通して会話を楽しんだりする感じな訳さ…

でね、

昔、兎の友人がそういったネトゲの世界に軽くハマってしまい

仕事もサボりがちになり、寝ずにずーっとやってたんですよ。

で、

いい加減心配になった兎を含む友人達は、

そいつを何とか更生させようと、

現実世界での飲み会みたいなのに誘いました。

友人A「お前さ…そんなゲームの世界じゃなくてよ
   皆で飲んでパーッとやろうぜ?」

「…そうだよな。
 …なんか俺間違ってたな
 もう俺ゲーム辞めるわ!」

友人B「おおっ!!そうだぜ、
   よし、じゃあパーッと飲もうぜ!
   どこ行くか?」

兎「つーかよ、お前ゲームばっかやってて
  久しぶりに外出てよ、
  なんつーか、ボーっとしたりしてねーの?
  体調とか大丈夫か?」

「全然大丈夫だって♪
 しかも、お前らが心配してるほど
 俺ゲームの世界になんかハマってねーし」

友人C「そっか、まぁ心配し過ぎだったかもな」

「そうだぜ。
 全然お前らとかわんねーって
 全然普通だよふつう、
 あっ、やべっ
 でも俺久しぶりに外出て、飲みに誘ってもらってもよ
 金全然財布に入ってねーや…
 でもまぁ大丈夫か。
 店に着く前にサクッと



雑魚キャラ5,6匹
倒せばなんとかなるか…」


兎「うん。
  まだこっちの世界に
  戻ってねーな」






よいこのみんな、ゲームは一日1時間までにしよう♪


じゃ本編始まるよ~


(続きをお読み下さるその前に)

実は、読みに来て下さっている人数はアクセス解析等で
分かるので…あの人数に対してこのポチの数って
…読み逃げは結構悲しいっす(泣)
    ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

えっと、では今回は、

”節”を使った兎のエントリーの仕方と言いますか、

根本的にまず売り買いどちらで入るのか?

または、

どこまでエントリーするタイミングを待てばよいのか?

ということをお話ししたいと思います。


ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。
1015 ①

ちなみに今回の”節”は、この日の高値を使います。

①がこの日の高値ですね。

で、②のように1時間足上で

アセンディング・トライアングル的な動きもありますので

(アセンディング・トライアングルが分からない方は
 何度も過去記事に書いてありますのでブログ内検索してね)


①を上抜くのか?

それとも上抜けずにそこで高止まって下がってくるのか?

という、値動きの様子をじっくり伺います。

1015 ②

ちなみに、兎流のちょっとしたコツを言いますね。

えっと、

値動きの様子を「本腰」入れて伺うのは、

少なくとも③の中に入ってからです。

この中にも入らないで下がって行ってしまった場合は

エントリーチャンスが今回は無かったと単純に見送ります。

で、逆に

この中に入ってきて、①を軽く上抜いてしまった場合は

そこでは焦って入らないで、

必ず押し目を作るまで待ってからの…そこでの買いで入り、

仮に逆行した場合にはね、

最大どんなに粘っても①を明確に下抜いてしまったら、

そこではもう損切りしないと絶対にダメです。

後はですね…

売りの場合なんですが

これはね、

頑張ってるようだけど①を上抜けないなぁと思う動きをしたら

思い切ってそこで売ります。

(ちなみにここで売って狙い通り下がってきたら
 ①を上抜いてしまうまで断固ホールドし続けるか
 自分的に納得の利幅になったなぁというところで止めるかの
 どちらかですね)

で、この場合(売り)の損切りは

値動きを見てて、自分の心の中で

「あーあ。こりゃ”どう見ても”
 ①をきっちり上抜けちまったなぁ」

と、はっきりと認めてしまった時ですね。

つまり、①をほんのちょっとだけ上抜いたぐらいで

そこで焦って切るのは…実はちょっと違うんですよ。

なんつーのかなぁ…

①をね、じわじわ…その後いきなりぐいーんって感じで上抜いて、

で、間髪入れずに

そこからまた連続してぐいーんって動きだしたら

もうそこでは(2回目のぐいーんの始動した瞬間)

100パー切らなきゃヤバいって感じかな。


まぁ、経験積めば

こういった2回目のぐいーんはヤバいから確実に切るとか

どんどん分かってくると思いますので、

今は、

兎が言ってることの意味が分からなくても気にしないで下さい。

ではまた。



良い週末を♪


おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。