過去のおススメ記事です。

兎手法~興味無い方は軽く無視してね~
本当にトレードにこまっている方以外は見ないで下さい。
お知らせ。
期間限定で例のレポートが復活中、前回逃した方はこの機会に。
「海老で鯛を釣る」の裏話。
売りか?買いか?兎的な狙い方のメンタルと具体的テクニック。
新年…今年はトレード中心で行くぜ!!!
FXトレーディングシステムズのチャートをより見やすくする表示方法。
スキャルピングの意識。
スキャルにおいてトータルで勝てるようになるにはこの意識。
迷ったら唐揚げ弁当。
トレードで迷ってる時はとりあえずこの方法。
一番簡単で高確率の勝ち方!
覚えて欲しいおススメ手法です。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝つ為に…そりゃやるさ。  本日のFX取引結果

2011年10月22日
更新の励みになりますので応援クリックして頂けると嬉しいです。
     ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング
FXランキング

こんばんは。

兎のブログへようこそ…

えー、

いきなりですが、

兎のブログを見に来て下さっているということは…

そう。

皆様トレーダーの端くれな訳ですよね?

という訳で、

今日は皆さんに一つ、

今後、優秀なトレーダーになれるかどうかを判断する為の

まぁ簡単なメンタルチェックみたいなことをしたいと思います。

ではいきましょう。

まず、こちらの文章をご覧下さい。

ちなみにこの文は、

ネットから拾ってきたのですが、本当にあった怖い話だそうです。


(とある人の訴え)

…奇妙というか本当にヤバいんだ。

一週間前から変なことが起こってる…ちょっと聞いてくれ。


最初に言っておくが、

俺は妄想癖でも総合失調症でも病気でもなんでもない。

笑わないでくれよ。ガチだ。






最近猫の忍者に狙われてる。



いや、この人普通に頭おかしい… (と思いつつ兎は盛大に吹いた)




これでくすりとも笑わなかった人は

かなり強靭なメンタルの持ち主なので

今後素晴らしいトレーダーになれると思います。

(今後定期的にこのテストはやろうと思う)


よし。

では本編いってみよー

(続きをお読み下さるその前に)

この後はまぁ真面目に書いたので

ポチッと押して下さいますと、とても嬉しいです。

見てよ…このポイント差が…
    ↓
人気ブログランキング
為替ブログランキング

今日はね、

兎がスキャルピングをする時に

どうやってサクッと入って、そして止めるのか…

まぁ大体スキャだとこんな感じだよね♪

ってノリのトレード紹介になります。


ユロ/ドル 左から 1分、5分、1時間足です。
240 ①

1分足上にある四角いボックス(レンジとも言う)

で値動きを考えてました。

で、

1分足のボリンジャーバンドのミドルバンドを

コマ足陰線(青)が下抜いたのでここで売りエントリー。

(ちなみに、
 兎のマニュアルを持ってる方なら分かると思いますが
 1分足上の売りサインがここでばっちり出てるでしょ?
 しかも、
 1時間足上も売り有利状態&5分足上も
 ここで売りサイン点灯だから…
 そりゃ1分がそうなったら
 ここで売るでしょって感じかな)

結果
1021 ②

一応ボックスの下限的なものにも近づいたし、

ここで、兎の最低目標でもある

+5pips近辺にもなったので…

まぁブレイク狙って粘ってもありなんでしょうけど

兎の場合はここでサクッと勝ち逃げしちまいます。

なぜなら、それが”スキャ”だから。

(スキャは何しろ勝率命だからね)


1021 結果


そう。

スキャやりたいなら何しろ勝率、勝ちで終える。

ってのを求めるべき。



全てが売りの流れの中で、売りで入り

尚且つ、一番近い抵抗帯のようなものがあって

(ここで言うとボックスの下限ってことね)

そこでもうサクッと逃げてしまう。


勝てる確率の高い所を

自分でピンポイントに絞りに絞って

利が乗ったら何しろ勝ちで終える。


たった数pips抜くのでも、

実は、これだけ用意周到に勝てる確率を高めてるんですよ。


簡単になんとなくエイって感じで入って、

しかもビビって数pipsだけ取っただけでしょ?

…そう見えてたかもしれないけど…ね。



まぁ、また書くよ。

ではまた。

良い種馬t具を

…誤変換のまま敢えて残してみた。



良い週末を。



うわぉ
(特に意味なし)

おもしろかった or お役に立ちましたら→人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。